2012年 11月 30日 ( 4 )

JR高松駅発の列車

◉高松から岡山へは瀬戸大橋が出来てから"快速マリンライナー"が1時間弱で
始発から終電まで40本近く運行されていてとても便利になっています。
徳島〜高松〜岡山への"特急うずしお"は1日2列車程度の運行のみ継続されているようです。
松山へは"特急いしづち"が1時間毎に運行され、2時間半程度で着けます。
JR高松駅はホームが改修されていて、特急車両や快速電車車両は段差がほとんど無くしてあり、
快速マリンライナーは岡山駅ホームでも段差が無く、車いすで自力乗降できます。

c0167961_21589.jpgc0167961_2145318.jpgc0167961_2161264.jpgc0167961_21124213.jpgc0167961_21135342.jpgc0167961_2114591.jpgc0167961_21132233.jpgc0167961_21144123.jpgc0167961_2115833.jpgc0167961_21195265.jpg
by yamana-4 | 2012-11-30 21:23 | 旅行・鉄道 | Trackback | Comments(0)

大規模再開発で生まれ変わったJR高松駅

◉JR高松駅は終着駅方式の地上駅ですが、駅周辺やフェリーターミナルと
一体の大規模な再開発で、昔の面影は全く感じられないほど一変していました。
バスターミナルとフェリーターミナル、ホテルや商業施設と高層ビルをペデストリアンデッキで
結び、通路の屋根は太陽光発電パネルが設置されていました。
広場地下は駐車・駐輪場として整備されているのはどこでも同じです。

c0167961_17441562.jpgc0167961_17443680.jpgc0167961_1745056.jpgc0167961_1745134.jpgc0167961_17464079.jpgc0167961_17455592.jpgc0167961_1747849.jpgc0167961_17472378.jpg
by yamana-4 | 2012-11-30 17:49 | 旅行・鉄道 | Trackback | Comments(0)

JR四国"特急うずしお"徳島〜高松72分

◉徳島駅は地上駅、駅ビルは建て替えられているがホームや跨線橋はそのままで
エレベーターが設置され1ルート確保されていますが、車いすトイレは改札内にはありません。
徳島〜高松は特急列車で72分、普通列車では2時間程度かかります。
特急の自由席車両に、移乗型ですが車いす座席がありましたがスペースが狭くて
同行者の電動車いすはデッキ乗車になりました。
徳島の車いすの人は「一度も汽車に乗ったことがない」「高松までJRで行ったことはない」
という人が普通にいるのに驚きました。
(四国は高松〜松山間しか電化されていなくて、ほとんどディーゼル車両)
徳島駅も高松駅も"ハンドル形電動車いす"という差別的知識はないようで、
特急券購入申込書にはチェック欄がありましたが、問題無く乗車できました。


c0167961_1472599.jpgc0167961_1475127.jpgc0167961_1481783.jpgc0167961_1482977.jpgc0167961_1484837.jpgc0167961_149670.jpgc0167961_1492166.jpgc0167961_1494032.jpg
by yamana-4 | 2012-11-30 14:10 | 旅行・鉄道 | Trackback | Comments(0)

歩道事情 徳島・高松・岡山市

◉三市の歩道を実際に車いすで通行してみるとかなり差がありました。
徳島市:歩道は境界段差をつけ、自転車道は段差ゼロにが基本的、路面整備も良好な所が多い。
高松市:歩道・自転車道の区別なしに境界段差をつけ、商店街以外の道路はやや通行し難い。
    セミフラット歩道整備も部分的にあるが、全体的に歩道境界部の整備が良くない。
岡山市:境界縁石の傾斜がきつく、側溝も傾けてあり、路面舗装も良くない所が多く
    道路整備が古くて補修も不十分で通行し難い。三市では最も整備が遅れているか?
街全体を見た訳ではなく、特に岡山市は駅周辺だけしか通っていないので偏見があるかも分り
ませんが、歩道整備がノンステップバスの導入差に比例しているようにも思えました。
府県毎に歩道境界部の整備仕様が異なるのは「歩道整備ガイドライン」が曖昧なせいだろうと
思われ、福祉のまちづくり学会などで望ましい整備例を示し、国交省が統一的な歩道の
標準整備基準を作るべきでしょう。
しかし、バリアフリー法のガイドラインの境界段差2cmなど実情に合わないものを訂正し、
点字ブロ敷設や縁石、側溝、舗装材など歩道に関する整備を総合的に見直さないと、
使い勝手の悪いものを示される恐れがあり、障害当事者の意見を踏まえた検討が必要です。

c0167961_1514875.jpgc0167961_152646.jpgc0167961_1523553.jpgc0167961_1525252.jpg
c0167961_1532127.jpgc0167961_1533478.jpgc0167961_153513.jpgc0167961_154494.jpgc0167961_1545246.jpgc0167961_154315.jpg
c0167961_1551011.jpgc0167961_1552465.jpg
by yamana-4 | 2012-11-30 01:59 | 歩道・自転車道 | Trackback | Comments(0)