2012年 11月 21日 ( 1 )

南海電車特急「サザン・プレミアム」の車いすスペースと和歌山港駅の階段昇降機、連絡通路・フェリー乗船口

◉南海電車は"関空特急ラピート"で特急車両では最初に車いすスペースを
設置しましたが、和歌山港駅で徳島行きフェリーに接続する特急にフリースペースと
広い車いすトイレのある、新型車両12000系"サザン・プレミアム"を投入。
車いすスペースはコンセントがあり乗車中に充電でき、車いすトイレも使い易くなっています。
サザンは座席指定車4両と通勤車両の自由席4両を連結運行し、和歌山港駅まで約1時間、
座席指定料500円です。
バリアフリー法ガイドライン改正には特急車両のフリースペース義務化は"鉄道事業者の理解を得られなく
時期尚早"と見送られるようですが、南海電鉄は他社に先駆けて設置しています。
サザン・プレミアム車内は快適で、和歌山まで座席指定券料500円は格安のように思えます。
和歌山港駅は今年4月より無人駅になったとのことで、
フェリー接続列車しか運行されず、ホームからフェリー連絡通路へはエレベーターがありません。
乗降介助はフェリー船員が行い、階段の昇降には「危険で使用しないで」と言っている
キャタピラー式階段昇降機"チェアメイト"を使用しています。
通路からフェリー船内まではバリアフリー経路が確保されています。

★南海特急サザン12000系
http://www.nankai.co.jp/traffic/info/southern12000/
c0167961_14594253.jpgc0167961_14595987.jpgc0167961_1502557.jpgc0167961_15113839.jpg
c0167961_1512982.jpgc0167961_151226100.jpgc0167961_15125577.jpgc0167961_158253.jpgc0167961_15131648.jpgc0167961_15133368.jpg
by yamana-4 | 2012-11-21 15:16 | 旅行・鉄道 | Trackback | Comments(0)