バリアフリーの課題6 JAN TAXIはUDTAXIと言えないのでは?

トヨタのJAN TAXIが東京圏以外の地方都市でもみられるようになって、乗車体験の報告がNSNなどにも挙げられています。昨年8月12日に検証記事を掲載しましたが、その後の情報もあり再検証してみました。
(以前の記事)
大型の電動車いすでも回転性能の良い機種は、確かに前向き固定して乗れます。
この意味で「車いすのままでは乗れなかったタクシーに乗れる!」のは事実であり、一歩前進と言えます。
しかし、運転席と助手席と客席の収納移動、スロープ設置にとても時間が掛かり馴れても10分程度、馴れていないともっと時間が掛かります。このように運転手に過度の負担が掛かり、乗降に普通の人の10倍以上も時間が掛かるタクシーを「ユニバーサルデザイン・タクシー」と呼んで良いのか?の疑問が湧きます。
もっと問題なのは実質的に、この車両しか営業用のタクシー車両が無くなり、他の車種の選択の余地が無くなるという事です。
この車の最大の利点は燃費が2倍程度改善され、タクシー営業車両としては独占的にシェアを占めるであろうと思われ、UDTAXIとして行政から最大60万円ほどの補助金が出ている事です。
このような中途半端な車が「日本のUDTAXIのスタンダード」とされて良いのか?
何が問題なのか、検証し、議論して欲しいと考えています。
c0167961_07531154.jpg



c0167961_07531510.jpgc0167961_07532527.jpgc0167961_07533022.jpg

by yamana-4 | 2018-08-06 07:57 | バリアフリー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kurumaisyu.exblog.jp/tb/29672921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
バリアフリーの課題5 どこにあ... >>