バリアフリーの課題4 小さすぎる公共交通のエレベーター

香港や台北から日本に帰ってくると、駅などのエレベーターが小さくて一度に乗れない人が多いのに戸惑います。
特にJRのエレベーターは11人乗りが標準仕様になっていて、近隣諸国の公共交通のエレベーターが17〜24人乗りなのが普通なのに比べると、小さすぎる!と思ってしまいます。
このようなことが起こってしまった原因は、バリアフリー法ガイドラインの記述のミスにあると言っても過言ではないでしょう。全国一律同じ基準で、早急に駅のエレベーターを普及させようと考え「11乗り以上」とガイドラインに書き込んでしまいました。11人乗り「以上」と書いているので、駅の規模や利用者の多寡によって交通事業者は、大きなエレベーターを設置するだろうと考えたと言い訳しています。しかしそのように大きなエレベーターを設置している交通事業者と違って、JRは「11人乗りを設置しておけばバリアフリー法上で適法である」と解釈して、どんな大きな駅でも、どんな多くの利用者がいる駅でも「JR仕様11人乗りエレベーター」を標準仕様として設置していきました。
「15人乗り以上を標準とする」と決めていた大阪市交通局や、17人乗りを設置していった一部の公営地下鉄などの他は、日本中の駅のエレベーターのほとんどが、11乗りなどという最小限の大きさになっているのは、当初のガイドラインの記述の誤りのせいと、いっても過言ではないでしょう!
残念ながらこの記述は、今回のガイドライン改正でも直されませんでした。
ベビーカーや大型トランクの外国人旅行者、シルバーカーの高齢者など、エレベーター利用者は何倍にも多くなっているのに!
c0167961_13101513.jpgc0167961_13102011.jpgc0167961_13104255.jpg

by yamana-4 | 2018-07-30 13:12 | バリアフリー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kurumaisyu.exblog.jp/tb/29660948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< バリアフリーの課題5 どこにあ... バリアフリーの課題3バス乗車の... >>