東京都営地下鉄"大江戸線"のホームドア設置と段差解消

◉東京の都営大江戸線にホームドアが設置され段差解消も
行われていますが、何故か2カ所だけです。
大江戸線の車両には車いすスペースが4号車後部と5号車前部にしかなく
東京都交通局はこの度のホームドア設置に伴う段差解消を、
スペースのある2カ所だけ行いました。
先行して改善した三田線では1カ所だけだったので"一歩前進"ですが
なぜ全ドアにしなかったのか理由が分りません。
バリアフリー東京都実行委員会との交渉で「全ドアに段差解消するとつまずいたり
する危険がある、全ドアにするのはホーム大規模改修をする時に」と
訳の分らないことを言っていました。
また、隙間解消クシ型ゴムも設置していないので、ホームが曲がっていたりする駅
では隙間が大きくなったりしている所もあります。
列車の中央部の2カ所しか段差解消がされていないと、電車が入って来ても
間に合わなくて乗れなかったりして悔しい思いをします。
他所では全扉の段差解消が普通ですが、東京都交通局はどうして部分改修しか
しないのか不思議で、モッタイナイことです。

c0167961_13265487.jpgc0167961_13271886.jpgc0167961_1327367.jpgc0167961_13294440.jpgc0167961_13275427.jpgc0167961_1328910.jpgc0167961_13282672.jpgc0167961_13301691.jpg
by yamana-4 | 2012-12-23 13:32 | ホーム可動柵と段差解消
<< 今年を振り返って JR岡山駅と周辺情報3 岡山駅西口側 >>