紙芝居制作、地域アクションプラン障害者部会で

◉DVDで配布できる上映紙芝居を作りました!
「ハンズちゅうおう」(大阪市中央区アクションプラン障害者部会)は年間活動の一つに、
障害や福祉に関することを知ってもらう紙芝居を作ろうと話し合ってきました。
その初回作品「盲導犬になりたかったボク」を作りました。
活動の仲間に日本ライトハウス情報文化センターが参加し、大阪の千早赤坂村にある
「盲導犬行動訓練所」見学をしたり、勉強していたことを活かして、
まず、盲導犬の話を紙芝居にしようということになりました。

単なる盲導犬の紹介でなく、失敗してもいろんなチャレンジができることや
誰にでも人のためになれることなどを伝えようとするストーリーを考えました。
なかなか形になりませんでしたが、地域の介護事業所が地域活動として絵や台本制作に
協力してくれることになり、原型ができてから皆で絵を直したりシナリオを修正したりして完成、
メンバーで音声を入れてDVDにしました。頒布予定しています。
(初上映は、地域祭りのバザーで)

★録音協力、DVD制作は:日本ライトハウス情報文化センター
 原画制作とシナリオ第1稿:NPOみんなの手
 シナリオ完成、絵の修正、声の出演、パワーポイント制作 :ハンズちゅうおうメンバー

c0167961_10758.jpgc0167961_0595147.jpgc0167961_0593584.jpg
by yamana-4 | 2010-10-26 01:12 | 集会.発表.学会.展示会
<< 体験授業を創作劇にして発表、素... 大阪市立美術館/レトロな美術館... >>