飛鳥山公園モノレール (あすかパークレール ”アスカルゴ”)

◉東京都北区飛鳥山公園のミニモノレール”アスカルゴ”は完全バリアフリーで、車いすもベビーカーも乗れ無料です!
この珍しいモノレールは早く乗りに行けと言われていたのですが、先日やっと乗りにいきました。
平成21年7月から運行を開始、年中無休、午前10時から午後4時まで。
(ただし点検整備のため毎月第一木曜日10時から12時まで運行停止)
迂回して山上公園まで行くのは大変ですが、歩行困難な人も車いすの人も誰でも2分間で行ける昇降装置の運行を
行政サービスで行っているのは大変珍しいのではないでしょうか。
あっと言う間ですが、楽しいですよ!
◉アクセス:JR京浜東北線 王子駅中央口か南口下車 すぐ、都電荒川線 飛鳥山下車 すぐ、東京メトロ南北線 王子駅から3分

c0167961_2115357.jpgc0167961_2132352.jpgc0167961_2112241.jpgc0167961_211688.jpgc0167961_2104535.jpgc0167961_2102229.jpg

◇飛鳥山公園モノレールの概要                       
  [1]形 式  :自走式モノレール
  [2]延 長  :レール延長48m(傾斜角度24度)
  [3]車 両  :16人乗り(いす席6人、立ち席10人 )
  [4]走行区間:飛鳥山公園入り口~飛鳥山山頂まで
  [5]走行速度:30m/分(片道2分)
  [6]標高差 :17.4m
  [7]運行方法:無人運転(押しボタン運転方式)
  [8]安全安心:防犯カメラ(車内1基、乗り場2基) インターフォン(車内)
  [9]バリアフリー:車イス・ベビーカーでも利用出来ます。
  [10]管理人 :運行中は常駐します。

北区hpの「飛鳥山公園」によると<約280年前、八代将軍吉宗が江戸っ子たちの行楽の地とするため
飛鳥山を桜の名所にし、明治6年、上野・芝・浅草・深川とともに日本最初の公園に指定された>とのことで、
山上全体が桜の名所ですが、遊園公園と北区飛鳥山博物館、紙の博物館、渋沢史料館などがあり
駅からすぐのモノレールで上がれるようになっています。
by yamana-4 | 2010-10-15 02:15 | モノレール
<< 「北区飛鳥山博物館(東京都)」... 手作り「最中(もなか)」のお店... >>