平成22年度の拡大教科書

◉NPOパソコンボランティア「ぽこ・あ・ぽこ」は今学期の「手作り拡大教科書」を発送しました。
今回発送したのは、依頼者30名へ、合計406分冊です。
地図、国語の資料編など4月に一部追加発送をしますが、残りの発送は6月、8月末を予定しています。
c0167961_117959.jpgc0167961_1175499.jpgc0167961_1181845.jpg
今回から「障害のある児童及び生徒のための教科用特定図書等の普及の促進等に関する法律」によって、教科書会社からデータが貰えるようになり、写真や図表やイラストがjpgやpdfファイルで入手でき、以前のように「印刷された教科書からスキャナーとり」してデータを作る必要がなくなりました。
また「文章をテキストデータで流し込める」ので、文字を打ち込んだりする手間がなくなり、文字校正はほとんど不要で間違いの無い教科書を作れるのが大きな変化です。
写真やイラストもデータがあると大変助かります。
しかし、データは教科書会社によってマチマチで、撮影したポジフイルムがそのまま入っていたりするので、普通のボランティアの人には使い難い面もあり、提供データの統一と使い易さをどう進めるかが、今後課題のように思えます。

◉今シーズンの私の担当は「中学美術2社、5冊、各50ページ程度」6人分合計11冊でした。制作期間は昨年11月から5ヶ月、暮れも正月も関係なくひたすらデータ作りの毎日で、製本も全て完了しました。ボランティアの皆は、少しでも見やすい教科書ができることだけを喜びとして、すごく時間を掛けて無償で制作しています。
新学期に全部の教科書を渡せないのは、制作時間が非常に掛かるのに教育委員会から依頼がくるのが11〜12月ごろ、見本教科書とデータが入手できるのが、それからになるからであり、普通のボランティではどんなに頑張っても間に合わないからです!

◉拡大教科書は依頼された生徒の視力などに合わせて、拡大した文字でレイアウトをやり直して作ります。
元の教科書を出来るだけ忠実に再現するのですが、8pのキャプションまで24〜28pに拡大して、全ての文字を読めるようにレイアウトするのは至難の技です。
c0167961_1194447.jpgc0167961_1195928.jpgc0167961_1204572.jpgc0167961_854792.jpgc0167961_121178.jpgc0167961_1211391.jpg
by yamana-4 | 2010-03-26 01:25 | 教育 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kurumaisyu.exblog.jp/tb/14027248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 鉄人28号、見に行ってきました... 過疎に立ち向かう京都府北部の綾部市 >>