山陰観光バリアフリー・モニターツアー(1)

◉「観光バリアフリー」が国交省の推進で注目されるようになっているが、今回、鳥取・島根両県の助成でモニターツアーが企画され参加。09年11月4〜6日、実施NPO:プロジェクトゆうあい(島根)、とっとり・トラベルボランティア・ネットワーク(鳥取)/旅程:4日 JR米子駅13:00集合、大山〜井田農園〜皆生温泉泊、5日 米子〜境港 水木しげるロード〜松江 堀川遊覧 しんじ湖温泉泊、6日 一畑電鉄 出雲大社 古代出雲歴史博物館〜JR出雲市駅解散。参加者:視覚障害者2名、肢体不自由者2名、計4名(全員介助者なし)
話の発端は、帯広での福祉のまちづくり学会で発表した「ゆうあいのNさん」の参加お誘いでした。問題はハンドル型電動車いすで山陰に行けるか? 航空機利用しにくい山陰と北陸は、ハンドル型電動車いす使用者には最も行きにくい地域なのです。大阪からは倉吉まで特急「ス−パーはくと」で、快速「とっとりライナー」が普通の行き方です。
10月14日、大阪駅中央口へ車いす座席指定切符を買いに行ったところ「改良型ハンドル型ステッカーを取得していなければ発売できない」と。
6月1日から始まった「新幹線やデッキ付き特急への乗車を拡大するための新制度」が懸念していた通り、新たな乗車拒否の理由となっていた!
窓口掛員は「乗車に差支えない小型の機種で発売しないのはおかしい」と上司に交渉してくれたが、許可は降りなかった。結局「一般用座席指定特急券」を購入し、車内で車いす座席に移動する作戦で乗車することにし、乗換駅の倉吉駅と目的駅の米子駅に「車いす介助手配事前連絡」を入れてくれた。
当日すんなり乗車できる保証はなく、ハラハラしながらの乗車だったが、咎められず上手く乗車でき、車いす座席への移動も車掌はオーケーしてくれた!
帰りは自由席乗車をして、乗車後に車いす座席へ変更する作戦を取ったが、これも上手くいった。
JRのハンドル型電動車いすへの対応に関しては、鳥取県はやや固く、島根県は問題意識が無いのか普通型車いすと同じ扱いだった。
写真上から順に:スーパーはくと、大山倉吉側・米子側、とっとりライナー、米子駅スロープと構内横断通路、山陰の雪国仕様車両、米子駅で迎えの両県NPOメンバー
(この付近でエレベータ設置駅は「松江」「出雲市」のみ、他は構内横断通路で対応)
c0167961_3485852.jpgc0167961_3491022.jpgc0167961_349218.jpgc0167961_3493731.jpgc0167961_350119.jpgc0167961_3501314.jpgc0167961_3502538.jpgc0167961_3504061.jpgc0167961_351283.jpgc0167961_3511962.jpgc0167961_3513215.jpgc0167961_3514538.jpg
◉鳥取・島根県のエレベータ設置JR駅
 鳥取県:鳥取駅に業務用エレベータがあるだけで、一般用エレベータ設置駅はない?
 島根県:松江、出雲市、大田の3駅だけ?
 ★正確な情報知っている方、教えてください。
by yamana-4 | 2009-11-14 04:02 | 山陰バリアフリーツアー | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kurumaisyu.exblog.jp/tb/12950754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-11-14 23:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yamana-4 at 2009-11-15 01:58
「おいさん」ありがとう。倉吉駅も11/7より橋上化建替え工事に着手、駅ビルに倉吉市の施設が入ったり、駅前整備も行われるとのことです。エレベータ利用は2年後。
<< 山陰観光バリアフリー・モニター... 今、神戸が面白い!(3)海上ア... >>