<   2017年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大阪市交通局の案内サイン"梅田駅"リニュアル

御堂筋線梅田駅
◉地下鉄駅のサインリニュアルは本町駅から始められ、
拡大されていますが、南側ホームで先行されていた梅田駅の改札部分も、
改修を終えています。
なんば駅と同じデザインですが、こちらの方が視認性が良いのは
何故なんでしょうね?
担当者の違いなのか? 表示する内容の整理の差なのか?
地下街が交通局の管轄下になったので、ゆくゆくは地下街も統一されるか?
と思っていたのですが、地下鉄が民営化されるとどうなるのでしょう?
また阪神百貨店側の地下道は阪神が改築するので、
ここも違うデザインになるのでしょうね?

c0167961_22114790.jpgc0167961_22124100.jpgc0167961_22121883.jpgc0167961_22124577.jpgc0167961_22125884.jpgc0167961_22131196.jpgc0167961_22132222.jpgc0167961_22133867.jpg
by yamana-4 | 2017-04-13 22:15 | サイン | Trackback | Comments(0)

大阪市交通局の案内サイン"なんば駅"リニュアルの取り組み4

4、地下鉄千日前線なんば駅
◉千日前線を真ん中にして、御堂筋線と四ツ橋線の乗り換え経路があり、大阪市営地下鉄は全ての乗り換え経路を、エレベーター設置の地下通路で結ぶことを終えています。しかし、地下街の構造から改札が近鉄・阪神乗り換え口しかなく、車いすの人は御堂筋線か四ツ橋線改札からしか行けず、とても分かり難く、長い迂回路の移動になっています。このような情報は、なかなか伝え難く、今後の課題でしょうか。また、大阪市交通局はホームなどの列車案内システムを、路線毎に変えていて統一されていません。
しかし、千日前線はかなり大きな段差を"2段階カサ上げ"という、日本で初めてのやり方で画期的で、完璧な段差隙間解消を行なっています。大阪では全駅・全ドア行うのが当然で、車いすスペースも全車両に設置されています。

c0167961_16421214.jpgc0167961_16423445.jpgc0167961_1642574.jpgc0167961_16431362.jpgc0167961_1643308.jpgc0167961_16434990.jpgc0167961_16441055.jpgc0167961_16443184.jpg
by yamana-4 | 2017-04-11 16:50 | サイン | Trackback | Comments(0)

大阪市交通局の案内サイン"なんば駅"リニュアルの取り組み3

3、地下鉄御堂筋線なんば駅ホーム
◉ホームは対面式で千日前線乗り換え経路は、梅田側の一番側端からになりますが、エレベーターは反対側の南側高島屋よりにしか無く、千日前線乗り換え経路からの近鉄・南海部屋、千日前線ホーム経由の四ツ橋線への乗り換え案内はとても難しくなっています。これは上手く解決できたか?が問題ですが、自分で確かめてみてください。
また、混雑する時にスムースな乗降をと、乗り降り位置の床表示の社会実験を始めています。

c0167961_16223596.jpgc0167961_1623494.jpgc0167961_162586.jpgc0167961_16233417.jpgc0167961_16255588.jpgc0167961_16262199.jpgc0167961_16264635.jpgc0167961_1627145.jpg
by yamana-4 | 2017-04-11 16:28 | サイン | Trackback | Comments(0)

大阪市交通局の案内サイン"なんば駅"リニュアルの取り組み2

2、地下鉄御堂筋線なんば駅改札
◉なんば駅は千日前線ホームと北側(梅田側)で連絡し、さらに四ツ橋線への連絡通路があり、車いす使用者などの近鉄・阪神線乗り換えも、この経路でしか行けないので、初めての人にとってはとても分かり難い。この点は案内が難しいが、上手く改善されたとは言い難いでしょう。
また改札を出る前にエレベーターなどの案内がありますが、どこへ行くエレベーターなのか分からないのでは意味がありません。

c0167961_15594630.jpgc0167961_16149.jpgc0167961_1614378.jpgc0167961_1622149.jpgc0167961_1625053.jpgc0167961_1633214.jpg
by yamana-4 | 2017-04-11 16:08 | サイン | Trackback | Comments(0)

大阪市交通局の案内サイン"なんば駅"リニュアルの取り組み1

1、地下街通路
◉地下鉄なんば駅と地下街連絡通路の案内サインは、長い間リニュアル前の仮サインでしたが、ようやく一新されたので、チェックして見ました。
新しい試みもあり、全体としては分かりやすくなったのですが、問題がいつくかあり先行してリニュアルした本町駅や梅田駅での検証が活かされたのか?大変疑問です。
問題点をあげてみると以下のようなことが、改善されていません。

・全体的に文字が小さく視認性が良くない。
 特にピクトの扱いが小さいのは、逆であろう。
・出入り口は数字、エレベーターにアルファベットがつけられているが、
 出入り口とエレベーターの配置図が無く、どこへいくためか分からない。
・行き先案内に距離表示が無いので、どれくらい先か分からない。
・出入り口や地上へのエレベーターには、場所や主要施設への
 アクセス経路であることの、具体的な案内が欲しい。
・通路誘導に床サインがある方が分かりやすい。


c0167961_15194040.jpgc0167961_1530551.jpg
c0167961_15312128.jpgc0167961_15322193.jpgc0167961_1533789.jpgc0167961_15334313.jpgc0167961_15434397.jpgc0167961_15344100.jpg
by yamana-4 | 2017-04-11 15:38 | サイン | Trackback | Comments(0)