<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

阪神電車「三宮駅」にエレベーターが設置されています。

◉神戸市の中心地三宮は、JR・阪急・阪神・市営地下鉄の各駅が
ありますが、阪神三宮駅だけ構造上の理由でエレベーター設置ができませんでした。
今年3月20日運用開始した三宮駅・ホーム改良事業による「東改札」新設により、
エレベーターと多機能トイレが整備され大変便利になりました。
全部の工事が完了する13年春には、従来の西改札側にもエレベーターが設置される
とのことです。
東改札からはポートライナーやバスターミナルへのアクセスも良くなりました。
阪神電車の残された課題は、工事中の阪神甲子園駅の建替えバリアフリー化と鳴尾駅
近辺の高架化踏切解消ですが、立体工事はかなり時間がかかりそうです。
もう一つの問題は、梅田駅の阪神百貨店閉店時の地下鉄乗り換えが地上経由になること
ですが、解決法は明らかにされていません。
なお、阪神電車は関西の鉄道では最も、ホームと戸口の「段差・隙間解消」が進んでおり
多くの駅で、新型車両は車いすの自力乗降ができます。

★阪神梅田駅から百貨店が開いていない時のJR・地下鉄乗り換え方法
1、地下街〜改札
 階段の左右にあるエスカレーターの下方向専用1基だけは車いす対応になっているので、
 インターフォンで依頼すれば使用できる。
 但し、改札から地下街へ上がる時は、対応エスカレーターを逆転使用することをせず、非対応の
 上り専門の方を止めずに、動いている状態のまま駅員が介助して「ムリヤリ乗せる」
 電動車いすや無茶なエスカレーターの乗り方に耐えられない人は、使うのは難しい。
 つまり地下街から降りる時だけ使えると考えておく方が良い。
2、改札〜地上
 百貨店のエレベーターの内、1基は改札階〜地上のみ運行されており、閉店後と休店日も利用できる。
 JR大阪駅へは中央側横断歩道か、梅田歩道橋へスロープで上がるかの選択になる。
 地下鉄へは周囲のエレベーターで降りることになるが、御堂筋線と谷町線は阪神ビル裏のイーマ入口、
 四つ橋線はハービスWEST前のガラス張りが便利。

c0167961_1712890.jpgc0167961_17122463.jpgc0167961_17123722.jpgc0167961_17141267.jpgc0167961_1713712.jpgc0167961_17132128.jpgc0167961_1714276.jpgc0167961_17144018.jpg
by yamana-4 | 2012-07-30 17:15 | バリアフリー | Trackback | Comments(0)

"珍百景"のような川西市中央図書館バリアフリー施設

◉川西市中央図書館は阪急「川西能勢口駅」と隣接する
巨大複合施設"アステ川西"(平成元年4月4日完成)の中にあり、JR「川西池田」
とはペデストリアンデッキで連結され利用者の多い図書館のようです。
しかし、バリアフリー的には"珍百景"とも言えるような部分があり、
当時のバリアフリー施設水準を示す"バリアフリー歴史遺産"(笑い)とも
言えるような図書館でした。
入口のエレベーターも捜すのはとても難しく、偶然見つけて入ったのですが、
付近の歩道境界は段差が大きく、手動車いすで通行することは困難でした。
バス停やタクシー乗場なども含め、現在の基準に適合するよう直していって
欲しいものです。


c0167961_12414251.jpgc0167961_12415734.jpgc0167961_12421054.jpgc0167961_12422322.jpgc0167961_12435384.jpgc0167961_1336537.jpg
by yamana-4 | 2012-07-30 12:44 | ちょっと休憩 | Trackback | Comments(0)

全面リニュアルオープンした上野「東京都美術館」

◉上野公園の東京都美術館が前川國男建築を継承しながら全面的にリニュアルされ
 オープンした。元々公募展のメッカであったが、東京都現代美術館の開館によって
 全ての収蔵作品を移管し、作品を持たない美術館として新しいスタートを切ろうと
 している。
 新生・東京都美術館は<「アートへの入口」となることを目指します>と宣言し、
 アート・コミュニケーション事業を東京芸大と連携し、美術館・芸大・まちを結びつける
「とびらプロジェクト」を始めようとしている。
 

 http://tobira-project.info/about/
 美術館自体はバリアフリーされ、ミュージアムショップ、カフェ、レストランなどが
 充実されこれまでの都美術館とは一変している。


c0167961_224778.jpgc0167961_2243188.jpgc0167961_225082.jpgc0167961_2251985.jpgc0167961_2254335.jpgc0167961_229776.jpgc0167961_229405.jpgc0167961_2292522.jpg
by yamana-4 | 2012-07-23 22:16 | 建築・美術館・博物館 | Trackback | Comments(0)

品川駅港南口から無料送迎ワンステップバス運行の東横イン


◉東横INN品川駅港南口天王洲の無料送迎バスが、ワンステップバスで運行されていると
 のことで宿泊しました。他の東横インと違って色んなサービスがあり、シングル料金も少し
 安いのですが、何故かハートフルルームは高く設定されています。
 駐車場を抜けホテルの裏通りから、天王洲アイルボードウォークに行け付近のロケーション
 は素敵ですが、東横インにしては駅から少し距離があります。


・シbングルA:¥5,980 1,100mm幅ベッド (3ヶ月くらい先まで空き室なし)
 シングル:¥6,980 1,500mm幅ベッド (バスタブに小手すりあり)
・ハートフルルーム:¥8,980 タイプB (介助者用ベッド、バスルームとトイレ別室)
・無料サウナ 19:00 ~ 25:00 /バーカウンター 18:00 〜 23 :00
・しゃぶしゃぶ:牛・豚セット一人前 各 980円 ご飯食べ放題 /エビス生ビール200円(限定200杯)
(おでんもありますが、みんな20時頃までに売り切れでした!)
・1階ロビーに「車いすトイレ」
・無料送迎バス運行 ※約15分ごとの運行
 JR品川駅→港南口→ホテル 15:00~25:00 /ホテル→JR品川駅港南口 6:00~10:30 

c0167961_6132550.jpgc0167961_6143192.jpgc0167961_6145253.jpgc0167961_6152177.jpgc0167961_6155544.jpgc0167961_6161155.jpgc0167961_6163255.jpgc0167961_617401.jpg
by yamana-4 | 2012-07-23 06:18 | 街情報 | Trackback | Comments(0)

全国アクセス・マニア集会 in 東京(4)国立科学博物館

◉国立科学博物館は西洋美術館の隣にあって、とても楽しい博物館です。
2004年に新館オープン、2007年に本館が改築され現在のようになりました。
本館は「日本館」と360°映画、新館は「地球館」となっていて、バリアフリー設備も
最新のものになっていますが、古い建築なので直せない部分もあります。
しかし、全て車いすで見学でき不自由はありません。
展示が多いので一回ではとても見れません。今回は本館の日本展示だけのぞきました。

c0167961_18264481.jpgc0167961_1827115.jpgc0167961_18281598.jpgc0167961_18283520.jpgc0167961_18285036.jpgc0167961_18293421.jpgc0167961_18295556.jpgc0167961_1830247.jpgc0167961_18304271.jpgc0167961_18305756.jpg
by yamana-4 | 2012-07-21 18:34 | 建築・美術館・博物館 | Trackback | Comments(0)

全国アクセス・マニア集会 in 東京(3)国立西洋美術館

◉二日目オフ会、例年は「公共交通乗りまくり」を行うのですが、
今年は趣向を変えて、上野公園の美術館と科学館のバリアフリー状況のチェック。
最初はフェルメールの《真珠の首飾りの少女》が展示されて大盛況の国立西洋美術館に。
松方コレクション返還の条件としてフランス政府との約束で作られた、ル・コルビジェ設計
1959年開館の美術館は地階〜2階まで全ての所に車いすアクセスでき、サインも明快で
分り易く、美術館スタッフの声掛け配慮も適切で、新しくなくエレベーターの位置が遠くても
車いすユーザーが国内で、最も気持ちよく鑑賞できる美術館の一つとしてお薦めです。
また、国内では唯一と言って良いと思われるヨーロッパと同じ、撮影自由の美術館です。
当然のことですが、ストロボはダメ、携帯はマナーモードに!


c0167961_18313242.jpgc0167961_18314939.jpgc0167961_18322011.jpgc0167961_18324151.jpgc0167961_18331653.jpgc0167961_18334617.jpgc0167961_18325572.jpgc0167961_1834723.jpg
by yamana-4 | 2012-07-19 18:36 | 建築・美術館・博物館 | Trackback | Comments(0)

全国アクセス・マニア集会 in 東京(2)

◉10周年記念集会となった今回は「東京都障碍者福祉会館」で行われ、
参加者は多くありませんでしたが、5人の発表と全員の一言コメントなど
4時間弱の時間が短く感じられた充実した集会でした。
最後に「全国アクセス・マニア宣言」を高らかに行い、
アクセス改善へのたゆまない取り組みを行うことを再確認しました。

終了後希望者は、日の出桟橋から東京都観光汽船の墨田川ラインに乗船、
浅草まで行き、東武電車で東京スカイツリーに行きました。
天望階は待ち時間が30分以上と夜になっても大変な人出で昇りませんでした。
どこも行列でしたが、美味しいイタリアンの店に入れて食事できました。

スカイツリータウンエントランスの東京大鳥瞰図は電車がや車が走ったり、
人が動いたりチョット不思議で、とっても面白くて必見です。


c0167961_153432.jpgc0167961_15334566.jpgc0167961_1534265.jpgc0167961_15344590.jpgc0167961_15355351.jpgc0167961_15351359.jpgc0167961_15392323.jpgc0167961_15363424.jpgc0167961_1537518.jpgc0167961_15372345.jpgc0167961_15374821.jpgc0167961_1536486.jpg
by yamana-4 | 2012-07-17 15:43 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)

全国車いす アクセス・マニア集会 in 東京(1) とアクセス・マニア宣言草案

≪第10 回記念大会 全国車いす アクセス・マニア集会 in 東京のご案内≫ 
電車やバスに乗ることが大好きな首都圏の車いすユーザー、
たまたま上京中の車いすユーザー、
車いすユーザーでなくても興味のある人、
発表したい人も、聞くだけの人も、大歓迎、ぜひ参加してください。


(開催目的)
車いす・ストレッチャーの利用者に公共交通を利用しての旅行の困難さを含む楽しさを知ってもらい、
電車や路線バスを利用する仲間を増やそうと、平成15年・東京都国立市で開催されて以来、
京都・愛知・香川・福井・滋賀・茨城・神奈川・大阪で行われ今回の東京都で10回目となります。
「全国というタイトルは、日本全国の車いすでの旅の話をするという意味で、別に全国の車いす旅行仲間が
あつまるわけではありません。
けれど、車いすでのアクセスの最新の動向、全国各地のアクセス状況をめいっぱいご紹介します。

◎講師 今福 義明(アクセスジャパン代表)
電動車いすユーザーとしての視点から徹底して、バリアフリー化を求めていく交通バリアフリーファイター。
行けるところ、入れるところ」は大好き。
「ACCESS-JAPAN」 ホームページもよろしく  
http://www.access-all-japan.jp/

◎講師 アシトド松井(車椅子電車評論家)
脊髄損傷とオストメイトの重複障がい者。当初は自動車でのみ移動していたが、突然、電車で行動するように
ライフスタイルを変更、趣味は史跡・城跡めぐり。
「アシカなくてもトドまらず」 ホームページもよろしく 
http://ashitodode.gozaru.jp/index_002.htm

◎講師 山名 勝(大阪市身体障害者相談員)
ハンドル形電動車いすの公共交通利用問題の第一人者。世界中で日本だけのいわれなき乗車拒否解消に執念を
燃やしている。「どこでも行こう車イス」ブログもよろしく  
http://kurumaisyu.exblog.jp/

◎講師 頼尊 恒信(NPO法人CILだんない 事務局長)
以前は、都市圏の交通アクセスのデータベース化の研究に加わっていた。
近年では、地方圏域のアクセス問題が関心事となっている。また、公共交通以外の乗り物にも視野を広げている。

他に、アクセス・マニアぶりを発表したい方は、ぜひ、名乗り出てください。下記へ事前連絡ください。
最大15分・(.ppt必要)パワーポイントで、発表いただけます。

日 時 平成24年7月14日(土曜日)午後1時から5時まで
場 所 東京都障碍者福祉会館  A2・A3室
〒108-0014 東京都港区芝5丁目18-2 電話(03)3455-6321 
交通機関 http://www.ecomo-rakuraku.jp/stationmap/22807.html
1 JR山手線・京浜東北線 田町駅下車 徒歩約5分 2 都営地下鉄 三田駅下車
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/stations/mita/a08.html
ホームページhttp://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/syoukan/toiawase/index.html
入場無料 予約不要 直接会場におこしください

連絡先
第10回全国車いすアクセスマニア集会実行委員会事務局
e-mail access@access-all-japan.jp

★第10回記念大会を迎え「アクセス・マニア宣言」をしようと草案をつくりました。
 ご意見のあるか方、コメントをお寄せください。

c0167961_1485816.jpg
by yamana-4 | 2012-07-13 01:51 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)

JR西日本のホーム可動柵、東西線の2駅のみ実施

◉JR西日本は東西線の2駅だけ先行して"ホーム可動柵=ホームドア"
を設置したが、他の駅に拡大する計画は今の所ないといっている。
最初に北新地駅に、続いて大阪天満宮駅に設置したので改めて検証してみた。

・段差解消はかなり進んでいるが、なぜかこの2駅のみ隙間がやや広く
 車いす乗降には、駅員のホーム渡し板介助を前提としている。
(この程度の段差隙間なら大型電動車いすなら自力乗降可能であるが)

・両駅とも"段差解消ゴム"の設置をやれば、駅員の乗降介助は必要なくなる。
 関西の鉄道の中では、もっとも車両ドアとホームの段差解消が進んでいるので、
(既に電動車いすでは自力乗降できる駅が多くあるが、JR西日本は危険として
 原則的に介助者無しの自力乗降を認めず、駅員の介助を強要している)
 JR西日本は、ホーム改良に段差解消ゴムの設置を取り入れて
 車いすや歩行車などの自力乗降を促進すべきではないだろうか。

・他社に比べホームドア開閉部が2.8mと大きい
 北新地駅設置当時の調査では、停車位置のずれはほぼ50cm程度とのことであったが、
 大阪天満宮駅の駅員の話しでは「今朝1.4mの停車位置ずれがあった」といい、
 JR西日本は運転手の技量を信用せず、停車位置のずれが大きいと認識しているようだ?

・ホームドア設置は推奨されるべきで、順次広げて欲しいが、同時に隙間・段差解消を
 諮るべきであり、大阪市営地下鉄の先行事例を参考にして欲しい。

c0167961_1154152.jpgc0167961_11534415.jpgc0167961_11541928.jpgc0167961_11544550.jpgc0167961_11553883.jpgc0167961_11555558.jpgc0167961_1156121.jpgc0167961_1264683.jpg
by yamana-4 | 2012-07-07 12:08 | ホーム可動柵と段差解消 | Trackback | Comments(0)

まったく新しい機内、かなり楽しい B 787

◉2011年末から導入されているB787型機にようやく搭乗できました。
離陸がとってもスムースで、モニターを触っていて気がついたら既に上昇中でした。
機内は天井が高く広い感じがし、LED照明で明るくてキレイです。
座席のバックシートに一人づつ液晶モニターが付いていて
USB端子もあり、メディアプレーヤーが使えるようです。
以前のような大型スクリーンは無いので、物足りない人もあるかと思いますが
座席間でメールが出来たり、いろんなメニューがあるので退屈しません。
使い方を試みている内に伊丹〜羽田間では着いてしましました。
窓が1.3倍に大きく、シェードが無くブルーに変色して光を遮ります。

☆B787-8 スペック /(中近距離用機で東南アジア運行にも使用)
国内用座席335(内12)、全長56.7全幅60.1全高16.9m、
最大離陸重量172.9t、航続距離4,480km、離陸滑走距離1,930m、着陸滑走距離1,750m
エコノミー座席間隔約78cm
胴体が太くてエアバスA320と少し似ていますが両翼先端がピンと上がっているのが特徴です。

c0167961_15562877.jpgc0167961_15565122.jpg
c0167961_15594966.jpgc0167961_1601626.jpgc0167961_16342946.jpgc0167961_1603217.jpgc0167961_1605910.jpgc0167961_16225895.jpg
by yamana-4 | 2012-07-05 16:24 | 旅行・飛行機 | Trackback | Comments(0)