<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

モザイク・ステンドグラス一筋に半世紀「藤田 雄彦 作品展」1/31(火)まで

◉友人のモザイク・ステンドグラス作家、藤田さんの
「藤田 雄彦 モザイクの界」展の紹介です。
古代から建築物の床・壁面や工芸品に装飾技法として発達してきたモザイク。
石・ガラス・タイル・貝殻片などを寄せ集めて絵画や文様を創作するもので、
藤田さんは、西洋の技法を使って日本的な表現を探る国内では少ない作家です。
また、建築物の壁面モザイクやステンドグラス作品も数多く制作しています。
大阪では久々のモザイク小品作品と照明具の個展を開催中ですから、
彼のユーモア溢れる、味わい深い作品に触れる一刻を過ごしに、
どうぞ足をお運びください。


★「藤田 雄彦 モザイクの世界」
大阪市北区天満橋 1-8-40 帝国ホテルプラザ2階「 アート・ギャラリー尾山」
(中央入り口左側エレベター前)06-6356-3361
http://homepage2.nifty.com/Art_Gallery_Oyama/
★藤田 雄彦 工房「アガタモザイク」と作品紹介
http://agatamosaic.com/gallery/index.html
★主な作品(ステンドグラス・壁面モザイク・照明):大阪市議場・エントランスロビー、神戸市議場、
 マイドーム大阪ロビー、大阪市立大学病院ロビー・会議室、大阪銀行会館応接間、東洋陶磁器美術館喫茶室、
 国際高等研究所長公館・講義室、同志社女子大コミュニティーホール・チャペル、都ホテル博多、
 他公共建築物や個人住宅など多数
c0167961_3441237.jpgc0167961_3443085.jpgc0167961_3451144.jpgc0167961_3453324.jpg
by yamana-4 | 2012-01-29 04:02 | 建築・美術館・博物館 | Trackback | Comments(0)

拡大教科書デジタルデータ利用に関する講習会

◉弱視の子ども達たちのための拡大教科書作りを全国のボランティアがやっており、
本格的に制作作業に入る前に関係者を集めた講習会が行われました。
この講習会は文科省が行った「教科書デジタルデータ提供のための管理運営等に関する調査研究」
を大阪と東京で関係者に公開するものでした。
デジタルデータ提供運用管理は、教科書会社から提供されたデータをデータ管理機関が管理する
仕組みで、実務担当者は毎年入札で決められ、今年度は富士ゼロックスが選任されていて、
講習会もゼロックスで行われました。
この仕組みは他でも採用されている指定管理者のようなものです。
講習内容は以下のようなものでした。


1.拡大教科書の普及促進に関する制度の背景についてー文科省初等中等教育局教科書課
 法的な裏付けと拡大教科書普及推進会議の第一次・第二次報告、高校段階での標準規格検討会
 教科書会社が発行している拡大教科書と利用児童生徒の実体数などの説明と報告。

2.教科書デジタルデータ利用に関する諸手続きについてー富士ゼロックス
 データ入手手続き詳細と管理・返却に関する実務の説明。

3.教科書デジタルデータ利用する際の法律上の注意点ー青学大学院法学研究科 笹本講師
 著作権法とバリアフリー法で定められていること、利用と取り扱いについての法的な説明
 加工・改変は許されるが、提供されたデータを個々のメディアにコピーすること、一部の部分利用
 は違法になる。パソコンやタブレットでの閲覧やプロジェクタ-投影の不可など
 ネット流出を恐れるあまりで、利用の実態にそぐわない説明があり、忠実に守ると現状の
 ボランティア制作はできないような内容でした。

4.高校段階における拡大教科書の在り方に関する調査報告ー慶応大 中野教授
 弱視生徒の見え方の実際の調査に基づく拡大教科書制作のポイント。
 見え難さの分類(ぼやける、まぶしい、視野狭窄、中心暗転)毎の特性と対応
 その子に取っての最適の文字の大きさは異なり、大きすぎると読める速度が落ちるので
 大きくすれば良いのでなく適切な大きさが必要、見える最小限の大きさが望ましい。
 拡大写本だけでなく、多様な方法や補助具の使用で将来のことを考えて対処しなければならない。
 ボランティアは個別ニーズに対応するために無くなることはない。

5.白黒反転版の制作ノウハウの紹介ーゼロックス社員
 神奈川県のボランティア団体が作っている白黒反転版の作り方。
 線など見え難い部分を太くしたレイアウト版をコピー機のネガポジ機能で反転、図やイラスト・画像
 はカラーコピーを切り抜いて貼付け原本を作り、本番コピーをするという手作り手法でした。

6.拡大教科書制作ノウハウの共有ー千葉「四街道写本の会」 
 制作ノウハウを共有しようとの呼びかけは共感できましたが、一太郎で制作されていて苦労が多い
 ようでした。やり方が古過ぎるので、追いついてもらわないと難しい感じもありました。
 しかし、地図に関する取り組みや、教科書会社毎に表記が異なるのを統一しなければなど
 良い提案もありました。PDFデータ読み取りや特殊記号や文字・音符などについても困っている様子
  でしたが、使用ソフトの問題があるようにも思いました。

7.質疑応答
・デジタルデータの利用はパソコンやタブレットの使用が禁じられているので現在は出来ないが、
 誰でも使い勝手が良くなるUDデザイン的な見解からも取り組むべきであり、アップル社が本格的に
 教科書に取り組むなどの動向にどのような対応を考えているか?
(文科省答え)問題が多く、徐々に取り組む方向ではあるが、アメリカや韓国は国定教科書なので
 やり易いのに対し、日本は”教科書会社の商品”なので難しい。
 <ビックリの認識で、子供達の配慮より教科書会社への遠慮で、やる気がないみたいです>
・データを個々のボランティアにコピーして渡せないのはおかしいのでは?
(文科省答え)法律違反はできない。
 <「質問してはいけない、黙ってやるしかない」役人は違反出来ないと答えるしか出来ないのだから・・>
・データがまだ貰えないものもあり、早くならないか?
(文科省答え)遅いのは分かっているが、予算の裏付けがなければ出来ないので、答えようがない。

文科省は教科書会社の権利擁護や著作権法の枠にとらわれる姿勢が目立ち、児童生徒のことを第一に考えているように
思えないのは残念なことです。データをPDFファイルで配布するなら、拡大教科書の制作ソフトを対応し易いものを
使えるようにすることも必要です。
また、教科書自体をUDデザイン(だれにも使いやすいように最初からデザインする)の観点から見直すとか、タブレット
端末利用のデジタル化などへの取り組みについてはあまり理解が無いようで、特にボランティアが利用し易くするデータ
提供については、正反対の「流失防止」が最重点のような姿勢が目立ちました。
教科書無償配布予算は23年度で395億円も計上されており、特別な予算措置をしなくてもデジタル移行は可能ではないで
しょうか? 新学期の検定教科書から総合教育見直しで、大幅に内容が増えていますが、本当に教えきれるのか?詰め込み
より、内容を絞って考える力を付けることを重視した方が良いのではなど、繰り返し議論されてきたのですが、
十分な検証なしに教育方針が変更されてきたのが実情ではないでしょうか。本当に大切なことをしっかり教えるための
教科書とはどのようなものか、関心を持って「もっとみんなから声を出して」いくことが必要ではないでしょうか。

★標準拡大教科書発行会社18社、ボランテァア登録団体90(点字含む)
 検定教科書発行数 小学280 中学131 高校932 (拡大教科書 小学280 中学131 高校45)
 高校生には拡大教科書は対応できておらず、ボランティアで作成することも困難であり、
 大学を含めてデジタル化してタブレットやパソコンで読めるようにすることが、
 最も合理的対応といえるのではないか?

c0167961_1353287.jpgc0167961_13491012.jpgc0167961_13494163.jpg
by yamana-4 | 2012-01-27 13:53 | 教育 | Trackback | Comments(0)

大阪の教育基本条例が不安、話し合いを求めて抗議声明を発表

◉「私たち抜きに、大阪の教育を決めないでください」
1月25日、大阪府内123の障害者団体でつくる
「『共に学び、共に生きる教育』日本一の大阪に!ネットワーク」
(鈴木留美子代表)は、
橋本市長、松井知事、維新の会へ公開質問状への回答がなく、再三の要請にも何も答えない
ことへの抗議を行い、府庁記者クラブでで抗議声明を発表する記者会見をしました。
また、教育基本条例案への不安を訴える障害者やその親たちが「点数のとれない障害児が
邪魔になり、地域の学校から排除されるのでは」などと条例案への不安を訴えました。 
メンバーは条例案が、障害者にとって普通学校へ行き難くならないよう、障害者教育の
実情を知ってもらったり、理解を深めてもらうように話し合いを求めています。


(記者会見のようすと声明文-<クリックで拡大>)
c0167961_045293.jpgc0167961_051390.jpg
c0167961_0211971.jpg
by yamana-4 | 2012-01-27 00:06 | 教育 | Trackback | Comments(0)

レイプ被害を告発した勇気ある障がい者女性の支援に参加を!

◉誰も聞いてくれない~レイプ被害を告発した障がい者
 「社会の側の問題を問う」
 ABC朝日放送「テレメンタリー」が里美さんのドキュメンタリー番組を制作し、
 1月21日深夜1時から放映。
 1/21 毎日新聞夕刊(大阪本社版)の2面「チェック」<TV番組紹介コラム>に
 番組紹介記事が掲載されました。
 毎日が朝日の放送記者を取材し番組紹介をする、しかも社会問題の!
 異例の取り上げ方であり、関心の高さを感じます。ぜひ、支援にご参加ください。

★放映:1/21.25時(日曜日深夜1時〜)ABC朝日放送「テレメンタリー」
★1/18 最高裁へ上告受理申立理由書が提出されました。
 支援ブログ:里美ドットコム
 http://satomi-heart.cocolog-nifty.com/ 

里美さんコメント
「我が事ですが、今後の「性犯罪被害」のイメージ改革にも繋がって行くだろうと
 期待を寄せている、とても大切な番組だと考えています。
 人として、正々堂々と生きられることが当たり前なのに、日本はそれを当たり前に思っていない。
 私もそうだったけれど、性犯罪被害に遭ったから、周りに自分が責められるから…辛くて苦しくて、
 誰かに助けて・と言いたいのに、それすら怖くて言えない。
 責められる事も、人と関わることにも疲れて『もう、いい…。』
 そう言って、自殺する被害者がいるんです。
 私も、もうどうしたら良いのかすら分からなかった時があった。
 でも、やっぱり死にたくなかった…。死んだって何も変わらないから。
 生きて、ちゃんと闘わないと「命」を守れないんです。
 誰もやろうとしないなら、私はその誤った考えに真っ向から立ち向かうと、思ったんです。
 今は、なかなか理解してくれない人が居たとしても、いつか私が伝えたいことが
 実を結んで欲しいと思ってます。」

★心ないコメントは止めて下さい!
「レイプではないだろう」「合意の上だ」とかのコメントがありました。
 これは裁判で認定されている事実であり、放映を見てのコメントか分かりませんが、
 事実誤認も甚だしく、悪質ないたずらとして削除しました。
 
 ★毎日新聞 番組紹介記事(クリックで拡大)
c0167961_22151171.jpg
by yamana-4 | 2012-01-21 22:17 | 障害者問題 | Trackback | Comments(0)

車椅子への「客扱い不適切」でバス会社指導ー近畿運輸局

◉車いす使用者のバス乗車取り扱い不適切に関して、
全国で初めて強制力のある警告と指導を近畿運輸局が行いました。
要求していた「道路運走法13条」違反認定はなされませんでしたが、
このような踏み込んだ行政措置は画期的なことであり、高く評価できます。
しかし、道交法の規定やバス停の整備不良や道路状態で乗車を断ったりできる壁は
依然として存在し、運転手の接遇不適切については、バリアフリー法が努力義務と
しているだけであり課題が浮き彫りになってきました。


★道路運走法13条(運送引受義務)
一般旅客自動車運送事業者は、次の場合を除いては、運送の引受けを拒絶してはならない。
1.運送約款によらないものであるとき。2.適する設備がないとき。 3.特別の負担を求められたとき。
4.法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反するものであるとき。
5.天災その他やむを得ない事由による運送上の支障があるとき。6.省令で定める正当な事由があるとき。

「車椅子拒否でバス会社指導」(1/13 NHKニュース)
滋賀県草津市のバス会社が多くのバス停で、車いすの人の乗車を認めていないとして、
近畿運輸局は会社に改善を求めました。
このバス会社は、草津市などで路線バスを運行する帝産湖南交通です。
近畿運輸局によりますと帝産湖南交通は、車いすの人も利用可能なタイプのバスを導入していますが、
約160か所のバス停の多くで、「道幅が狭く安全が確保できない」として、車いすの乗車を認めていない
ということです。
国の運輸規則では、バスなどの公共交通機関に多くの人が公平に利用できるよう定めていて、
近畿運輸局は、「対応が不適切だ」として、きょう帝産湖南交通に対し、バス停などを調査した上で
改善するよう行政指導しました。
また、近畿運輸局は、帝産湖南交通が去年、車いすの男性の乗車を拒否した際、男性への対応にも問題が
あったとして、文書で警告しました。
車いすの人のバスへの乗車をめぐって会社が運輸局の指導を受けたのは、関西では初めてだということです。
近畿運輸局の阪部光雄課長は、「乗り合いバスはすべての人が利用できるのが原則で、道路の制約がない
ところでは車いすの利用を前向きに判断して欲しい」と話しています。
帝産湖南交通は「対応を協議中でコメントを差し控えたい」としています。

近畿運輸局の説明
車いす使用男性の申し立てに基づき当該バス停の調査し検討したが、道路交通法13条(運送引受義務)違反は
認定できなかった。
しかしながら車いす使用者の乗降取り扱いの可否について、十分な検討を行っておらず適切な対応を怠って
いたものと認められたので「旅客自動車運送運輸規則第二条2項」(旅客自動車運送事業者は、旅客又は公衆
に対して、公平かつ懇切な取り扱いをしなければならない)違反として、文書による警告と指導を行った
ものである。これは強制力を持つもので、3か月以内に十分な改善報告が帝産から出てこなければ、さらに
警告、指導を続ける予定。
申し立て人の降車時転倒の接遇不適切については、事実認定の判断ができないのでジャッジはできないが、
帝産湖南交通は転倒に関して少なくともその事情を説明する必要はある。
接遇や運転手教育については、口頭で十分な注意と指導を行った。
(近畿運輸局自動車交通部旅客第一課、交通環境部消費者行政・情報課)

ブログ内関連記事
http://kurumaisyu.exblog.jp/17079569/
http://kurumaisyu.exblog.jp/17018575/
写真:近畿運輸局で説明を受ける申し立て人とパーフェクトバスを走らせる会代表

c0167961_16102656.jpg
by yamana-4 | 2012-01-19 16:11 | バリアフリー | Trackback | Comments(0)

通天閣は大阪の元気のシンボル!今年で100周年。その2

◉通天閣4階は静かな展望階、3階は通天閣博物館とグリコショップです。
車いすトイレは3階にあります。
通天閣全景は、地下鉄恵美須町駅から通天閣本通商店街からがよく見えます。

c0167961_20453436.jpgc0167961_20455994.jpgc0167961_20463848.jpgc0167961_20462056.jpgc0167961_20465619.jpgc0167961_20471546.jpgc0167961_20481527.jpg
by yamana-4 | 2012-01-03 20:50 | 街情報 | Trackback | Comments(0)

通天閣は大阪の元気のシンボル!今年で100周年。その1

◉コテコテ大阪らしくサービス満点「通天閣」レトロな歴史的建築の一面もあり、
中は意外と楽しい!(国指定登録有形文化財)
ディープ大阪の典型ともいえる新世界にあり、大阪市民は親しみはあるがあまり昇らないが、
最近リニュアルされたので思い立って行ってみると、近ごろ人気が出ているのに納得。
最初のエレベーターから楽しい雰囲気が、、高すぎるタワーより展望が身近な感じがします。
全長103.3m、空中ウオーク75m、5F展望階91m・4F展望階86m
現在の通天閣は二代目1956年、設計・内藤多仲(東京タワー、旧歌舞伎座設計者)
一度行ってみる価値ありとお薦めです。


★新世界は1903年の第5回内国勧業博覧会の跡地利用で作られた。
 初めて海外からの出品を許した事実上の国内初の万博であった。
 エジソンの蓄音機などが展示され530万人の入場者があったといわれている。
 国内の博覧会は1871年に京都本願寺で開催されたのが最初といわれているが、 
 以後本格的には内国勧業博覧会として、初回1877,1881年の3回は上野、
 1895年第4回は京都で行われ平安神宮はこの時作られた御所の5/8模型である。

・通天閣は面白い!詳しくは下記をご覧ください。
 http://www.tsutenkaku.co.jp/tour/tour.html
・地上75m!通天閣の通称「喉仏」でスカイウォーキング!
 http://t-skywalk.jp/
・新世界テンコ盛り/新世界と周辺散策には便利. 必見!
 http://www.shinsekai.ne.jp/

c0167961_18254399.jpgc0167961_18264769.jpgc0167961_18271090.jpgc0167961_18272953.jpgc0167961_18274886.jpgc0167961_18382076.jpgc0167961_1828980.jpgc0167961_18284599.jpg
by yamana-4 | 2012-01-03 18:38 | 街情報 | Trackback | Comments(0)

2012年、新しい年のご挨拶を申し上げます。

◉今年はおだやかな新年を迎えることができました。
 昨年は山陰は豪雪で路上に閉じ込められたドライバーへ
 最寄りのコンビニがおにぎりを配ったりしたニュースから
 年が始まったことを思い出します。
 まだまだ、日常に戻っていない人たちのことを思い
 息の長い支援を忘れないようにしたいものです。


 このブログも始めて08年8月に始めて、
 約5万4千人のご来訪をいただきました。
 今年も少しづつ情報発信をしていきますので、
 よろしくお願いします。

c0167961_2394070.jpg
by yamana-4 | 2012-01-01 02:47 | 雑感 | Trackback | Comments(2)