<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

セミフラット形式歩道整備と車いすバス乗降問題、滋賀県の場合

◉帝産湖南交通の車いす使用者バス乗車拒否にからんで大津市近辺の歩道状況を
注意して見て、他府県に比べ「セミフラット形式歩道」の整備が進んでいることに気づきました。
これは平成17年道路構造令改正で「歩道の一般的構造に関する基準」が変わり、歩道を車道より高くする従来の方法でなく、
車道より5cm高くするだけにして境界部の縁石も連続しなくてもよいと改められたものです。
バリアフリー法の特定経路は原則セミフラット方式とするとなりましたが、歩道を高く作ると歩道境界部分に段差や傾斜が、
車進入路などで横断勾配ができたりして車いすの通行に困難が生ずることが無くなるからです。
ところが、バス停部分も低いままだとバス戸口からのスロープ傾斜が急角度になり、車いすのバス乗降が危険になります。
道路構造令では「バス停部分は15cm程度のマウントアップを行う」となっていますが、ほとんど行われていません。
滋賀県や大津市の道路管理者は、なぜ道路構造令を守らずバス停のマウントアップを行わないのでしょう?


★歩道の一般的構造に関する基準の改正について
(平成17年2月3日 国交省 道路局 企画課、都市・地域整備局街路課 通知)
 [改正の背景・趣旨]
 近年、「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」(交通バリアフリー法)
 が施行されるなど、高齢者、身体障害者等を含め、全ての人にとってのバリアフリー社会を実現していくことが求められ
 ています。
 道路の歩道の構造に関しては、交通バリアフリー法上の「特定経路」においては既に同法に基づいて定めた道路構造とする
 こととなっているところですが、今後は「特定経路」以外の道路においても、バリアフリーの観点を踏まえた道路整備を
 行っていくことが必要と考えています。
 また、歩道等の設置の要否や幅員等の構造決定について、道路構造令の規定に基づき、道路管理者等が地域の実情等を十分
 に考慮して適切に運用していくことが重要です。

 今回の基準のポイントとそれにより期待される効果
1)歩道の新設・改築の場合はセミフラット形式とすることで、段差が緩和され、平坦部の十分な確保が可能となります。
2)既設のマウントアップ形式の歩道に車両乗入れ部を設ける場合の構造を改めることにより、平坦部をより広く確保する
  ことが可能になります。(資料1参照。)
具体的内容
 現行の基準(「歩道における段差及び勾配等に関する基準」に対する主な改正点は以下のとおりです。
・歩車道境界の識別性の確保と、歩道面に生じる勾配を少なくすることの両面を考慮し、歩道の形式は、セミフラット形式
 (縁石は歩道面より高く、歩道面の高さは5cm程度)を基本とします。
 (なお、交通バリアフリー法上の特定経路については、セミフラット形式を原則としています)

・歩道の横断勾配(歩道を歩く際の横方向(左右)の勾配のこと)については、歩道面の雨水の排水などを考慮して、道路構
 造令第24条第2項により、従来どおり2%を標準としますが、透水性舗装の採用などにより排水が図れる場合には、車いす
 などの通行を考慮して、横断勾配を1%以下とすることとします。(なお、交通バリアフリー法上の特定経路については、
 透水性舗装を行った上で横断勾配を1%以下とすることを原則としています)

・既設のマウントアップ形式(高さが15cm程度で、歩道の縁石と歩道面の高さが同じ)の歩道に、民地への車両の出入り
 等のために設ける「車両乗入れ部」の構造については、歩道を通行する歩行者の快適な通行をより一層確保するため、歩道
 の平坦部の幅員を可能な限り確保できるよう、すりつけ部の構造を改めます。
 ア)歩道の高さが15cmの場合、すりつけ部分の長さを75cmと規定し、従来より短い長さですりつけることとします。
  (従来は、約93cm必要。(通常縁石を用いる場合。))
 イ)歩道の高さが15cmを超える場合は、従来どおりすりつけ部の勾配による規定としますが、可能な限り平坦部を広く
   確保することを記述します。
 ウ)いずれの場合も、歩車道境界に設ける段差は5cmとすることを原則とします。

(資料1)「歩道の一般的構造に関する基準」改正のポイント
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/06/060203/01.pdf
『歩道の一般的構造に関する基準』
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/06/060203/03.pdf

c0167961_3412972.jpgc0167961_3574023.jpgc0167961_3423864.jpgc0167961_3425215.jpgc0167961_3434255.jpgc0167961_3445363.jpgc0167961_892955.jpg
by yamana-4 | 2011-12-31 03:48 | バス停問題 | Trackback | Comments(0)

高島屋大阪店東館2Fに駐輪場が!8Fには屋上庭園も。

◉2010年3月にオープンした高島屋大阪店東館に駐輪場が設置されていた。
御堂筋から東側へ廻る道路から入る2階にあり、電動式スロープで押して階段を上がる
ようになっていて、残念ながらエレベーターは設置されていない。
東館によって南海電車へのアクセスが格段に良くなり、8階には屋上庭園と
カフェレストランもあり、なんば散策の新しい穴部的存在となっている。


★「エコポート」駐輪システム / 日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(NCD)
(同社hpより)
"コンピュータ会社である私たちが培ったIT技術とコンサルティング力を人々の暮らしに役立てたい。
そんな思いから、1999年にスタートした駐輪場管理システムEcoStation21は、日本各地の駐輪問題を
解決し、地域の皆様に快適な暮らしを広げています。"

c0167961_23123760.jpgc0167961_2313136.jpgc0167961_23135891.jpgc0167961_23142410.jpgc0167961_23132937.jpgc0167961_23144883.jpgc0167961_23152049.jpgc0167961_23153561.jpg
by yamana-4 | 2011-12-26 23:17 | 街情報 | Trackback | Comments(0)

Merry Christmas ! and season’s greetings.

◉メリー・クリスマス!
大雪で路上に立ち往生した災難から始まった大変な1年でした。
大阪は長い間大きな災害もなく平穏に過ごしていましたが、
激しく闘う新市長のもと波乱の幕開けで年を終えようとしています。
新しい年は、どんな年になることでしょう?


c0167961_1216491.jpg
by yamana-4 | 2011-12-25 12:18 | ちょっと休憩 | Trackback | Comments(0)

バスのバリアフリー勉強会12/21、JCIL(京都)の乗車拒否への抗議活動


◉JCIL(日本自立生活支援センター)のメンバーは、滋賀県の帝産湖南交通社への車いす乗車拒否と
大津市の石山駅で車いす使用者のバス降車時に起った転倒事件への抗議と撤回を要求する活動を行っています。
帝産湖南交通は転倒事故の事実を認めず、低床バス運行している157のバス停留所のうち、
わずか29バス停以外の乗車を認めていません。
また、運転手に車いす乗車取り扱いをしないバス停を指示する内部規定も作成していることも明らかになりました。
近畿運輸局へは道路運走法13条(合理的理由なしの乗車拒否禁止)違反事案として調査の上、行政処分や改善勧告を
と要請し、数回の事情説明を行い3ヶ月になろうとしていますが、関係機関との協議が終わらないと、
当初11月末にはと言われていた回答がまだありません。
JCILメンバーは、帝産湖南バスのバス停の調査を行い近畿運輸局へ提出、主要拠点の石山駅や草津駅でビラ撒きなど、
調査や要請、抗議と地域住民への訴えの活動を続けています。
このような活動を行うための基礎的な「バスのバリアフリー関する勉強」を行いました。

★抗議活動の経緯は本ブログをご覧下さい。
http://kurumaisyu.exblog.jp/17079569/
c0167961_11264290.jpgc0167961_9202742.jpgc0167961_9373243.jpgc0167961_9242124.jpgc0167961_9231894.jpgc0167961_934359.jpgc0167961_9275077.jpgc0167961_9272287.jpg
c0167961_9511949.jpg(当日使用のパワーポイントから抜粋)
by yamana-4 | 2011-12-23 09:58 | 障害者問題 | Trackback | Comments(0)

釜石市両石町の津波襲来映像記録ビデオ上映とシンポジウム、撮影者の瀬戸元さんを招いて

◉12月9日、神戸芸術工科大学で「地震と津波を受けとめて」自然災害を語るシンポジウムが行われました。
釜石の一つ北側の湾にある両石町は豊かな海に恵まれた豊かな漁港ですが、たびたび津波の来襲を受け
被害を受けてきましたが、この度の被害は昭和33年の大津波で高台移転した集落も根こそぎさらって
行ったほどの、経験したことのない大津波だったとのこと。
これを「後世に伝えなくては」とビデオ撮影し続けた瀬戸元さんを迎え、上映と体験談を主に神戸の被災
体験者と被災地支援をしている二人の建築家を交え、写真家の宮本隆司さんがファシリテーターで。
被害を少なくするのは「経験を語り継ぎ、忘れないこと」幾度も被災した地域に住み続ける人の言葉には
強い説得力があり、大型スクリーンでの映像はUチューブとは全く違う臨場感がありました。


★参加パネラー
・瀬戸元(ビデオ撮影者、釜石市両石町復興協議会会長)・季村敏夫(詩人、神戸震災体験者)
・宮本佳明(建築家、大阪市大大学院教授、ゼンカイハウス)・斎木崇人(建築家・神戸芸術工科大学学長)
・宮本隆司(写真家、神戸芸工大教授、九龍城砦)
 阪神・淡路大震災直後の神戸を撮影第6回ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展に
 宮本、斎木氏と共同出展して金獅子賞を受賞

このシンポジウムは瀬戸さんの映像DVDを斎木学長から見せられた宮本教授が、現地を訪れ瀬戸さんに
インタビューして親交を深め東北支援に関わるようになったのがキッカケとか。
瀬戸さんの話を少し紹介
・引浪は悪魔の笑い鬼の爪、後に残るは涙のタネ。
 ビデオで瀬戸さんは「地獄だあ、地獄だあ」と叫び続けていたが、記憶がないとのこと。
・助かるも助けるもまず命!「命てんでこ」人助けようとして命を落とした人が多く出た。
 まず逃げなくてはならない「鬼になる心を持てるか」何で自分だけ逃げた、助かったかと悩むな!
・津波は来るのでなく襲う!700mを1分で来る。5分で逃げられる場所の目ッコをつけておけ。
 日頃から家族で話し合っておけ。今回は一人の死者も出さなかった。
・昭和33年の津波での3人の死者の内2人は障害者だったが、今回は要援護者に1対1で軽トラに
 乗せて逃げる役割の人を決めていた。
・上に立つものの判断の重要さ。的確な指示があれば犠牲者はもっと少なくすんだ。
(例えば、福島で備蓄されていたヨード剤の配布・飲用を、政府指示を待たずに独自判断で行った
 自治体がいくつあっただろうか?)
・箱眼鏡で海底を見るのが怖い。瓦礫は100m以上沖に沈んでいるが・・・。

<津波などの画像は瀬戸さんのビデオ記録上映画面より撮影させて頂いたものです>

c0167961_16193677.jpgc0167961_16211176.jpgc0167961_16215880.jpgc0167961_16221657.jpgc0167961_16223814.jpgc0167961_1623185.jpgc0167961_16191117.jpgc0167961_16235821.jpg




















































★西神ニュータウンは、神戸市西区・須磨区の丘陵地帯に住宅と産業を中心とする複合機能団地として計画された。
 西神住宅団地が1982年、神戸研究学園都市が1985年で5校の大学と高専や専門学校、高校や中小学校が集中。
 最寄り駅「学園都市駅」は三宮から市営地下鉄の西神・山手線で20分程度。
by yamana-4 | 2011-12-11 16:42 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(2)