<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

京都大学総合博物館特別展「インクル-シブデザインナウ2011」と女子美ヒーリング表現領域

◉京都大学総合博物館 特別展「INCLUSIVE DESIGN NOW2011」
 12月4日(日)まで 
 京大博物館で "インクル-シブデザイン"という聞き慣れない用語の展示が行われていて
「多様な個性や能力をもつユーザーの参加によって社会の革新をめざすデザイン」と紹介されています。
 英国のRoyal Collage of Art で提唱されたデザインコンセプトで、ビジネスとして成り立つことを
 重視しているようです。
 賛同企画プレゼンテーション「障害理解とアートフィールド参画支援の取り組み 」
 〜学生達が支援する新しいアートミッション〜 という女子美術大学の発表を拝聴しました。

<プレゼンテーション内容>
・事例1:アート&デザインをキーワードに学生と社会が繋がる
・事例2:プロジェクト活動、全学生参加型
・事例3:つたわるフォントの誕生、プロセスの実際と検証
・事例4:「心を結ぶ東京画」手紙を基に学生が描く東京の町並み
・事例5:車いす生活者にとって、今以上に、外出したくなる衣服の提案

美術大学で障害者や高齢者のアートに関わるカリキュラムがあっても驚かないが、女子美では全学生対象の
福祉関連講座を開設したり、「ヒーリング表現領域」というコースでは、アートとデザインを融合させた
医療や福祉空間での「ヒーリング・アート」という新しい領域に取り組んでいて、実績を挙げているとの
発表には少し驚きました。ナイスな取り組みですね!

 http://www.joshibi.ac.jp/department/healing/

★「障害理解とアートによる社会参画」-女子美術大学のプロジェクト実践事例より-
「学生が障害理解の困難さを学ぶことを通じて、学生自身が成長することを目的とし、優れた作品を基に
 アーティストとして、アートフィールドに参画できるように支援するプログラム。障害支援施設や特別
 支援学校、NPO等との連携によりアート&デザインが障害理解への新たなミッションを果たすための試
 みでもありる。2年間の活動の発表でもあり、今後へ繋げていく為のもの」(詳細は下記を)
 http://www.joshibi.net/attendance/index.html
★京都大学総合博物館
 http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/

c0167961_3294225.jpgc0167961_3304521.jpgc0167961_3311336.jpgc0167961_3313585.jpgc0167961_331517.jpgc0167961_332891.jpgc0167961_3322332.jpgc0167961_3324342.jpg
by yamana-4 | 2011-11-29 03:36 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)

「生の声で伝えた」関西で初めての東日本大震災被災三県の障害被災者当事者報告会と支援催し

◉11/23 東北⇔関西障害者支援ポジティブ生活文化交流会(扇町公園)が行われ、
約5000人ものの参加者があったとかで大盛況でした。
同時に関西でははじめて、岩手・宮城・福島三県の被災地障害者支援活動を担う人たちが一堂に集まり、 
牧口さんのザックバランな司会で、被災地の障害者から震災直後の様子や、避難所の実態などが
生の声で伝えられました。
福島南相馬からの青田さんの発言は、特に衝撃的でした。
「子供達の将来のため、福島の履歴を消したいから県外へと思う親が多い。
除染は除けるだけで無くならない、それでも福島にいたい!外からの応援があれば残れる、
これからも見捨てないで。福島県の復興はまだ始まっていない!」

福島ではどうしようもない放射能汚染の上に、子供達の将来への心配が強く、
広島というだけで縁談への差し障りなどがあったことの再来を恐れてと。
東電や政府は、このような事への思いがあるのでしょうか?
言いようの無い怒りが込み上げてきます。

★被災地報告会/3.11 東北・関東大震災 そのとき障害者は!
 ー復旧ではなく復活をめざしてー

 報告者:被災地障害者支援センターいわて 八幡隆司 氏(ゆめ風基金)
    (CILもりおか 今川幸子さんが来られなくなり八幡氏が代行 
    被災地障害者支援センター 井上朝子 さん、及川智 さん
    被災地障害者支援センター 白石清治 さん
    南相馬市デイさぽーと・ぴーなっつ 青田由幸 さん
 コーディネーター:牧口一二 さん(ゆめ風基金代表)
*詳細はゆめ風基金ブログをご覧ください。
 http://yumekaze21.blog39.fc2.com/

c0167961_112658.jpgc0167961_11262021.jpg
by yamana-4 | 2011-11-28 11:27 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(0)

障害児の自立と親の関係、太田修平さんの配信文

障害連の太田修平さんが下記の文章を配信されましたので転載します。

◉自立しようとする障害を持つ子と親にとって、親子の関係は常に大きな問題です。
小学校では、ほとんどの親が地域の普通小学校に入学させたいと思っていますが、
中学に上がる時にすごく迷う親が多くいます。
障害者として生きて行く上で「普通学校よりも特別支援学校の方が為になるのでは?」と
思われるからです。
地域社会で普通に暮らしていくことは、障害を持つ子にとって楽な行き方でないかも分かりません。
しかし、どのような行き方をするかを決定するのは本人の意思であり、その決定が出来る能力を
育てるのが親の役割であり、どこで、どのように学ぶかが重要なのです。

「障害児は特別支援学校」と決めつけることは、最初から決定の選択肢を狭くすることではないでしょうか?
学校の福祉体験授業でも「車いすを押す」ことが始まりのように考えられていますが、
「移動は自力で」が基本です。
押されて移動していて自立なのか?
車いすを押す事に意味が無い訳ではありませんが、自立という観点から見ると
親子の関係に似て問題を含んでいると思いませんか。
障害を持つ子は「最初から障害者としてのみ生きなければ」と決められてはたまりません!


★親子、障害、そして総合福祉法 / 太田修平
 [転載] 障害連事務局FAXレター No.232 2011.11.22(火)

 今日、ある会合があった。障害のある人の親御さん(特に知的障害)が多く出席していた。
 その時思い出したことがあった。私が長年暮らしていた施設を出る考えを両親に話したときのことだった。
両親、特に母親は「施設を出て地域で生きるなんて考えないで。私たち親はあなたが安心な場所で暮らして
くれることを一番望んでるの。それがあなたの一番の幸せよ」と泣きながら私に訴えたのだった。
 両親は私をとても可愛がってくれた。だけど私が自己主張すると必ずこう言うのであった。
「あなたには何もわからないのよ、親のやることにつべこべ言うことないんだから、あなたにとって一番いい
ようにしてあげるんだから」と。そこで親子喧嘩が始まっていく。友達に聞くと、どこのうちもだいたいそう
いう傾向があるようだった。一部の人は親に逆らっても無駄だと思い、言うがままに任せていた。
そうすると親の目からは、「この子は自分では何も考えられない」と映ってしまうようだった。

 親子関係は難しい。子どもに障害があると特にそうだ。どこの親も「子どもはいつまでも子ども」だという。
障害の場合は、原因の多くを障害のせいなんだととらえる。親はいつの時代も子が「できない」理由を見つけ
出そうとする。
 今度できる総合福祉法は、障害のある本人が主人公として人生を歩めるためのものにしていかなくてはなら
ない。親の思いや干渉はほどほどのところで、ガードできる仕組みである。ほどほどはあっても良い。
それが普通だ。
 子どもは親が思うより、ずっとずっと考えているのだ。
ときには存在全体が、思考し、表現し、訴えているのだ。

c0167961_1063274.jpgc0167961_1075534.jpg
車いすフィギュアは横浜リハ・沖川さんのコレクション
by yamana-4 | 2011-11-23 10:11 | 障害者問題 | Trackback | Comments(0)

「障害児を普通学校へ・全国連絡会 全国交流集会inおおさか」と大阪府知事選候補者への公開質問状

◉11月19日(土)・20日(日) 全国から障害を持つ子供の教育に関心を持つ人たちが集まり
「分けたらあかん!お好み焼きはごちゃまぜの味」のテーマのもと全国集会が行われました。


・オープニング公演

 始まりは、基調講演の代わりに劇団金太郎飴による創作劇「ちいさいタネ」公演、牧口さんの発案。
(被爆孤児の正一はいわれの無い差別を受け、少年時代を過ごした川べりに戻ってくる~ )
 出演:箕面市立萱野総学校6年生と担任の先生
・「分科会」
 第1(就学前) ・子ども子育て新システムをめぐって(19日)
         ・松原の保育所の実践 ~ 重度障害児とともに育つ(20日)
 第2(義務教育)・東大阪市の実践 ~ 小学校から中学校へ(19日)
         ・八戸からの報告 ~ 中学校での「すったもんだ」(19日)
         ・愛知からの報告 ~ 支援学校から、地域の学校へ転校して(20日)
 第3(高校問題)・西成高校に入学して ~ 今年自立支援コースに入学したTくん
         ・東京からの報告 ~ 定時制に進んだKくんのケース
 第4(卒業後) ・夢をもってつながりの中で生きる ~ 大阪北村かな子さんの報告(19日)
         ・東京からの報告 ~ 卒業後も「分けられない」ためには(20日)
 第5(制度政策)・尾上浩二さんからの提起と議論(19日)
         ・大谷恭子さんからの提起と議論(20日)
★劇団金太郎飴
 1986年豊中市の先生達が立ち上げた劇団で、公演回数は今回で42回、箕面市や能勢町など大阪北摂地域の
 子供達や保護者・先生達に拡大し現在132名。人権や社会問題をテーマにした創作劇の公演を行っている。
 劇団金太郎飴ブログ
 http://blog.goo.ne.jp/nowar-nonuke

◉大阪の関係者での終了後ミーティングと公開質問状
 橋下前知事と維新の会は「教育基本条例案」を府議会に提案しており、特別支援学校を推進して来た
 従来の方針が一層進められ、障害児や障害者がさらなる差別を受けることを危惧しています。
 教育がその時々の権力の介入を許したり、学力だけが大切な競争重視に偏っては恐ろしい事になります。
 どうすればそのようなことを阻止出来るかについて話し合いをしました。


 ★大阪府知事立候補主要3者への公開質問状と回答
 障害児・者に関わる123団体で構成する『「共に学び、共に生きる教育」日本一の大阪に! ネットワーク』は
 橋下徹・前大阪府知事に提出した公開質問状を出し、さらに大阪府知事立候補主要3者に教育基本条例案や
 障害を持つ子供達への教育に関する公開質問状を出し回答を得ました。
(詳細は下記ブログをお読みください。)
 http://massugu.way-nifty.com/tomonimanabu/2015/01/post-3a86.html
 http://massugu.way-nifty.com/tomonimanabu/cat22179467/index.html
 http://blog.goo.ne.jp/kiyoyo_2006

c0167961_2034147.jpgc0167961_20333582.jpgc0167961_20345046.jpgc0167961_2035193.jpg
by yamana-4 | 2011-11-21 20:39 | 教育 | Trackback | Comments(0)

「京阪浜大津駅と浜大津バスターミナル」機能的な浜大津交通結節点

◉1981年浜大津総合整備計画によって、市民交通ネットワーク整備・港湾と湖岸プロムナード整備などの一環として、
京阪電車浜大津駅の京津線・石山坂本線の統合橋上駅舎新設と一体にバスターミナルも整備された。
一帯は湖岸交通の要衝であるが京阪電車の2路線が路面走行をしており、駅も二駅に分かれていて交通渋滞が常態化
していたのを解消し、歩行者専用道を高架にして大津港側への歩行者の安全も計るものだった。
バスターミナルは一辺17mの六角形の島状バス乗降口を6バース設置、階段を2つと歩行困難者のために1基の
エレベーターを設置、京阪電車やバス相互の乗換えもスムーズに行えるように計画された。
「車いすでバスに乗車する」などということは、あまり予想されていなかった時代に、当時のレベルではあるが
エレベーターと車いすトイレが設置され、その頃のバリアフリー整備としては先進的であった。
ターミナルなどの事業主体は大津市のようだが、30年経ってやや老朽化しているが改修された形跡はない。

バス利用については、乗り入れバス事業者間の運行調整は行われておらず、同方向路線のバスが同時刻に集中するなど
改善の余地がある。滋賀県の低床バスはノンステップバスが少なく、大半はワンステップバスであるが
近江鉄道バスは病院経由路線に日野ポンチョを使用し、ノンステップバスを路線運行している。


★ 関西の交通問題を考え提言しようと活動している「KOALA 都市創生交通ネットワーク@関西(人と環境にやさしい
 都市を目指す「交通まちづくりネットワーク」)」の浜大津バスターミナル見学会に参加したレポートです。
 KOALAメンバーで、当時整備計画に関わっており、見学会を企画し説明に当たった
 元京阪バス事業部 杉山氏の提供資料を参考にさせて頂きました。
 http://blogs.yahoo.co.jp/koala_lrt/

c0167961_11291984.jpgc0167961_1130468.jpgc0167961_11294281.jpgc0167961_11301884.jpgc0167961_11315483.jpgc0167961_11321447.jpgc0167961_11304415.jpgc0167961_11312466.jpg
by yamana-4 | 2011-11-18 11:33 | バリアフリー | Trackback | Comments(0)

11/9 帝産湖南交通バスの車いす乗車拒否で抗議活動と要望書提出

◉京都で中心的な障害者自立支援活動をしている「JCIL(日本自立生活センター)」と
「パーフェクトバスを走らせる会」は、帝産湖南交通㈱に対して「車いす利用の制限」に
対して「乗車拒否」であると、撤回と改善を求め抗議活動を行い、多数の参加者の同行のもと
本社で交渉を行い、要望書を渡し回答を求めました。
会員の一人が滋賀県石山駅バスターミナルで、帝産バスから降車中スロープから脱輪・転倒した件は
10月26日に本ブログで取り上げましたが、11月9日に抗議活動を行った報告と報道の紹介です。


◎呼びかけ:「JCIL(日本自立生活センター)/パーフェクトバスを走らせる会」
 参加者20数名の障害当事者と介助者:京都/JCIL, 滋賀/CILだんない,CIL湖北, 大阪/個人2名, 兵庫/メインストリ−ム
 協会/DPI常任委員(交通問題担当)今福さん, /支援弁護士2名
◎バス乗車行動とビラ配り/グループ1 石山駅バスターミナル(NHK取材)、グループ2/ビラ配り 草津駅
◎抗議と要望書提出:帝産湖南交通本社

 JR草津駅から本社まで遠くJCILの大型車いす移送車2両で運ばざるをえず、車いす使用参加者が多くて会談予定時刻に
 食い込んだが帝産側は時間延長を認めず、残り時間30分という制約で話し合いと抗議・要望書提出を行うことになった。
 NHK大津、毎日新聞、京都新聞の取材は冒頭だけの要求も認めなかったが、説得し最後の要望書提出については容認した。
 帝産バスは「降車時の転倒という事実はない」と強行姿勢であったが、道路運送法13条などについて理解が不足しており
 公共交通車いす乗車についての理解やバリアフリー新法との関係も理解が弱いようで、よく考えずに一連の対応をしたの
 では?
 という印象を受けた。1週間後位に「どのような内容の回答を何日までにするかの返事をする」ということで終わった。
 下記は、当日、帝産湖南交通バスへ手渡された要望書

2011年11月9日
帝産湖南交通株式会社 様     
日本自立生活センター所長 矢吹 文敏
ノンステップバスを走らせる会代表 宮川 泰三
要望書
貴社におかれましては、地域交通の重要な柱の一つである路線バス運行サービスの質の向上に、日々ご努力されていること
に感謝申し上げます。
今年9月に貴社が運行する定期路線バスにおいて、車いすの障害者乗客に対して「乗車拒否」するという許しがたい事態を
起こし、現在も貴社は「安全性が確保できないため、乗車はお断りする」との旨の対応をとり続けています。
このような不当な「乗車拒否」の発端となった車いす使用客の転倒による負傷は、貴社の乗務員が明らかに適切な接遇を
怠ったことによるものです。
その後貴社は、この件に関して、当該車いす使用客に謝罪するどころか、当該車いす使用客の数回にわたる乗車要望を拒否
し続けています。
報道によると、貴社は約9割の停留所において車いす使用客の乗車を認めておらず、そのことを定めた内部規定も存在する
とのことです。
貴社と同様、滋賀南部で路線バスを運行する他三社は、全ての停留所において車いす使用客の乗車が可能であり、
貴社の車いす使用客に対する対応は、きわめて悪質であると言わざるを得ません。
「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(以下、バリアフリー新法)」において、国内すべての路線バス
事業者に求められている接遇向上努力義務の観点からも、適切に接遇すべきところを怠って「乗車拒否」することは
許されません。
「乗車拒否」は、車いす使用者の「社会参加」の機会を奪うことであり、バリアフリー新法の目的に反します。
帝産湖南交通株式会社は、ただちに車いす使用障害者の「社会参加」の機会を奪い続けている不当な「乗車拒否」を止める
べきです。
加えて二度とこのような事態が起こらないよう社員への接遇教育研修を徹底すべきです。
さらには、この問題の背景にもなっている床高のスロープ勾配のきついワンステップ・スロープ付バスではなく、床高の低い
ノンステップバスを増やし、低床バスのダイヤを固定するなど障害者や移動制約者が、地域生活を行う上で不可欠な交通手段
のユニバーサルデザイン化を推進すべきです。
またバス停留所の改善についても道路管理者と協議するなどの対応をすべきと考えています。
よって、以下の事項について要望します。

記                           
1.石山から上稲津の区間の停留所の乗降車は、車いす利用者でも可能であり、「乗車拒否」をただちにやめること
2.今回の貴社の対応は、バリアフリー新法の下での「接遇サービス」の不接遇にあたる。
  バリアフリー新法の趣旨・目的を理解し、車いす利用者が安全に利用できるよう、乗務員への適切な研修を行うこと
3.低床バスの時刻非固定・時刻非表示を改め、交通バリアフリー法のすべての路線バス事業者に求められている情報のバリア
  フリー化としての低床バスの時刻固定・時刻表示を早急に行うこと
4.低床バスの導入やバス停の整備を進め、車いす利用者や移動制約者など全ての人が安全で円滑に移動できるよう、引き続き
  努力すること
5.貴社では272のバス停のうち、ほぼ9割にあたる29の停留所で車いす使用者の乗車禁止を定める内部規定があると聞く。
  滋賀県内を走る路線バス会社のうち、貴社をのぞく3社では、すべての停留所において車いす使用者の乗車拒否の規定がない
  にもかかわらず、貴社のみ9割のバス停で車いす使用者の乗車禁止を行っているのは尋常ではないと考えられる。
  早急にこの様な不当な内部規定を破棄し、速やかにすべてのバス停で、車いす使用者がバスに安全・円滑に乗車できるよう、
  接遇努力をすること


★帝産湖南バスの車いす乗車運用社内規則
 1、スロープ付き低床バス運行路線であっても、本社が指定している29バス停以外の車いす乗降を認めない。(全バス停272)
 2、(検討中)平日2日前、土日1日半前に乗車通告を受け、介助要員を手配する。

★帝産湖南交通㈱は、びわ湖湖南地区に自動車旅客運送事業を目指した事業申請を行い昭和25年1月に会社が設立され、
 滋賀県湖南地区の路線バスとして乗合自動車の事業を運営。JR東海道線石山駅、瀬田駅、南草津駅、草津駅、栗東駅、JR草
 津線手原駅を基点とした路線バスは、沿線の大学、高校への通学、企業団体への通勤など民営公共交通として地域住民の足と
 なっている。

★毎日新聞京都版
<路線バス:滋賀の会社「車椅子乗車困難」京都の支援団体が改善要望/京都>
 ◇「安全の観点で」停留所の9割、利用できず
 滋賀県内で路線バスを運行する帝産湖南交通(滋賀県草津市)が、272の全停留所の約9割に当たる243停留所で車椅子での
 乗降を断っているのは不当として、障害者支援団体「日本自立生活センター」(京都市南区)などが9日、同社に改善を求める
 要望書を提出した。近畿運輸局も現地調査などを始めた。【成田有佳】
 同センターによると、車椅子生活をしている京都市右京区の男性(45)が今年7月、仕事で「石山駅」から「上稲津」(いずれも
 大津市)まで乗車しようとしたが、「上稲津停留所は傾斜があり、安全が確保ができない」と断られたという。同社によると、低床
 バスが運行していない路線(計115停留所)は車椅子での乗降を受け付けず、低床バスが運行する路線の計157停留所のうち、実際に
 乗降できるのは29。
 同社は「停車したバスが車道にはみ出さないための『バスポケット』がなかったり、道路が傾斜しているバス停では安全の観点から
 車椅子の乗降はお断りしている」と話している。
 道路運送法は、「適する設備がない時」などを除いて「運送の引き受けを拒絶してはならない」と規定。近畿運輸局は「バス停の設
 備に応じて車椅子での利用を認めるかどうかは事業者の判断。今回のケースが同法に抵触するかは調査中だ」としている。
 障害者の交通機関利用に関する問題に詳しいNPO法人DPI(障害者インターナショナル)日本会議の常任委員、今福義明さん(52)
 は「障害者がスムーズに交通機関を利用できる社会を目指すバリアフリー新法の趣旨に反している」と指摘している。

★JCIL(日本自立生活センター)/パーフェクトバスを走らせる会
http://www.jcil.jp/index.html
http://www31.ocn.ne.jp/~jcil/perbus.htm

c0167961_1223211.jpgc0167961_123376.jpgc0167961_123188.jpgc0167961_1233459.jpgc0167961_123548.jpgc0167961_12465.jpg
by yamana-4 | 2011-11-11 01:25 | バリアフリー | Trackback | Comments(0)

京阪電車淀屋橋駅〜地下鉄御堂筋線淀屋橋駅の乗換えがOKに

◉京阪淀屋橋駅にエレベーター専用改札ができ、地下通路で地下鉄乗換えが可能になっています。
北浜地下通路は地下鉄北浜駅・証券取引所ビル〜京阪淀屋橋駅〜御堂筋odonaまでつながりましたが、
地上へのアクセス公共エレベーターは北浜とodonaの2カ所だけで、
京阪北浜駅(EVなし)〜淀屋橋駅間の北浜地下通路には1ヶ所もありません。

◉地下鉄心斎橋駅から長堀鶴見緑地線への乗換えは、ホーム北側奥に車いす対応
エスカレーターがありますが、途中にあるインターフォンが一つ手前のエスカレーターの所にあり、
使用するのはその奥にある別のエスカレーターだとは、初めての人には分かりません。
このエスカレーターは車いす対応面が2段分しかなく、そこに脱輪防止ストッパーが立ち上がるので
車輪距離の長い車いすは利用できず、その場合は反対側の南奥のエレベーターで南改札を出て、
大丸の店内・店外のどちらかのエレベーターで地上へ、長堀通からクリスタ長堀へ降りて緑地線改札へ
迂回する地上乗換えになります。
(EV設置工事中、平成23年頃運用開始予定)

★淀屋橋駅から御堂筋への地上行きエレベーター:
 1地下鉄中改札口からodona前公共エレベーター(御堂筋西側) 
 2東京建物大阪ビルエレベーター(御堂筋東側、市役所・中央公会堂方面)/平日6:30~22:00.土曜~17:00まで.日祭使用不可
★北浜からの地上行きエレベーター
 1大阪証券取引所前公共エレベーター(中央公会堂・中之島方面)
 2ザキタハマプラザ公共エレベーター(堺筋伏見町、北浜の南側方面)

c0167961_1617545.jpgc0167961_16181567.jpgc0167961_16183351.jpgc0167961_16185914.jpg
c0167961_16191963.jpgc0167961_16193347.jpg
by yamana-4 | 2011-11-02 16:34 | バリアフリー | Trackback | Comments(0)