<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

斜行エレベータ設置!東京メトロ神宮前駅

◉階段昇降機と斜行エレベータの主な違いは駅員操作か利用者操作かですが、もっと色々ありそうですが情報が少ない。
「階段昇降機(かいだんしょうこうき)は、階段に昇降機が走行するためのガイドレールを設置し、そのガイドレールに沿って、車椅子が乗れるテーブルに駆動装置が付いたものが人を乗せ階段を昇降するものである。
建築基準法により規制されており、エレベーターの一部に位置づけられている。よって安全基準はエレベーターと同様で、型式適合認定又は構造認定(国土交通大臣認定)を取得している機種に限って設置が認められている。設置する場合、昇降機の確認申請が必要となり、設置完了後は昇降機検査資格者(国土交通大臣認定)による完了検査を行わなければならない。また、年一度の定期検査も義務づけられている。」(Wikipediaより)
国内の公共鉄道で使われている主な機種は
エスカル:JR東日本と大同工業の共同開発の車いす用階段昇降機で首都圏では多く使われている。
ギャラベンダー:カナダ製でエスカルより自動化された機能を持つ。
c0167961_107061.jpgc0167961_9511741.jpg
このタイプの階段昇降機は既設の階段に比較的簡単に設置出来、費用も安いのでエレベータの代替え設備として良く設置されている。(関西では設置が少ない)
難点は、スピードが遅く駅員が操作するので利用に時間がかかることです。

斜行エレベータなら利用者が操作するので、待ち時間はかなり改善されると思いますが、スピードはどうでしょうか? また、設置空間の最低必要寸法や設置費用、工事の簡単さの比較など出来る情報が欲しいのですが、どなたか教えて下さいませんか?
この斜行エレベータは完成検査など待ちで、運行供与されていないのでまだ乗降体験ができません。
階段昇降機より便利で安全な装置として普及すると良いと思っています。
c0167961_1085040.jpgc0167961_9513100.jpg

◉東京メトロ副都心線「明治神宮前駅」に国土交通省がバリアフリー協議会に委託して、エレベーターと同じように使える「階段昇降機」の実証実験機を設置しました。(下の写真 09年4月)
しかし、10年10月現在運用されていません!!理由は国交省の許可が降りないからだそうです。
何のための実証実験だっだのでしょうか?
同じ国交省の中でどうして事前調整できなかったのでしょうか?
(10/10/3追記)
写真2,4は
今福さんから頂きました。
by YAMANA-4 | 2009-04-26 10:17 | 搭乗.乗船.昇降装置 | Trackback | Comments(5)

かわいい!青山通りAoのトイレサイン

◉青山通り沿いにオープンした話題の複合タワー「Ao<アオ>」は、高級スーパー紀伊国屋を
ファッションビルに建て直した建築物ですが、特異なデザインが目を引きます。


今回のハードな東京出張で唯一息抜き、表参道から青山通りのファッションビルをIさんの案内で駆け足見物しました。
Aoは紀伊国屋やパンのドンクとシャネルなどファッション、生活雑貨など青山らしい店舗構成です。
パブリックスペースのデザインは懐かしのオップアートとアールデコを混合したような??な感じ。

構造はどうなっているの?と思わされるむき出しの構造材が目を引きます。
うら側の庭園や表参道にかけての眺望は素敵です。
私が一番良いなと思ったのは「トイレサイン」でした。
ファッションビルらしいお洒落な感覚で何と可愛いのでしょう!
アクリル板をカットした単純な形の壁付きサイン、色を変えてライティングした入口のサイン、
さりげないけど、上手ですね。

c0167961_7542885.jpgc0167961_7534025.jpgc0167961_826696.jpgc0167961_8264096.jpgc0167961_8271570.jpgc0167961_828511.jpgc0167961_8284578.jpgc0167961_8291791.jpg
c0167961_8293255.jpg
by YAMANA-4 | 2009-04-26 08:44 | 建築・美術館・博物館 | Trackback | Comments(0)

バリアフリー2009大阪で注目の新製品

◉大阪のバリアフリー展は年々規模が縮小するようで残念です。今年は特に”百年に一度の大不況”のせいか、出展を見合わせた企業が目につきました。東京だけで十分と判断される企業も多いように感じられ、少し寂しいですね。
そんな中から車イス関連に限って注目の出展製品をピックアップしてみます。
c0167961_1729282.jpg実物が見たかった東北大学半田教授グループの神経刺激で脊髄損傷の人でもこげるという「足こぎ車いす」
標準小売価格
25万円
大学ベンチャー企業 株式会社TESS
製造 株式会社OXエンジニアリング
TESS社の鈴木社長と話しができました。
まだ販売の詳細は決まっていないそうですが、その場でぐるっと回れる機能や、構造の簡単さなど良く考えられていて、医療用やリハビリ用だけでなく電動アシスト機能やギア変換装置を加えて、汎用品の車イスとしても販売して欲しいものです。まだ改良の余地はあるようですが、新しい概念の車イスがまた一つ誕生です。
c0167961_1822893.jpgOX社の石井社長が会場で乗り回していた牽引式の車イス
アルバ社が輸入しているドイツ製より1割程度は安価
既に販売実績が20台程度あるとか
非常にコンパクトで簡単に着脱でき、使ってみたい製品でした。
これは一見ハンドル形ですが、何も問題にならずに新幹線に乗れたそうです。「文句言われたら外せばいいもん!」と社長は涼しい顔。
こんなややこしい車イスをいっぱい作って新幹線に乗りに行きましょう!
ヤマハのMさんと一緒に回ると、皆さん知り合いで紹介していただき、もっと色々お尋ねしたいことがあったのですが、体調不良で40°くらいの発熱でギブアップ、残念でした。又の機会に試乗などもお願いできればと思います。

c0167961_18553418.jpgタカノ株式会社
「キャリーナウォーカー」
本体
¥39,900
バッグ
¥5,040










近ごろ歩行補助車が目につくようになってきました。スエーデン製の大型のものから国産品まで色々出回ってきましたが、国内で使うのには少し幅が広いのではと思っていました。
これは歩行器と言うより「キャリー」の感じですが、全く介護用品の匂いがしないところが良いですネ! 歩行器としても使え、キャリーとしても使える汎用品であることが、これからの製品開発には大切なことだと考えています。
リハビリ用自転車も足ふみ自転車も、どちらからスタートしても便利な製品は介護用品とかに限定せず、汎用品として広く使われることを目指して欲しいのです。ユニバーサルデザインとはそういう事でないでしょうか。
最初から介護用品として開発すると、必要以上の安全性などを求められコストが高くなるし、デザインも適当なものになってしまいがちです。介護用品に限定せず皆が欲しい製品作りが必要です。重度障害者や重い介護用の機器はあるのですが、軽度の障害や介護度の人への機器が極端に少ないのです。健常者と障害者の中間的な人達への供給はすごく大きなマーケットではありませんか?
by yamana-4 | 2009-04-20 19:33 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(2)

水都大阪2009春の舟運まつり

◉船着き場はバリアフリー施設なのに車いすで乗船できる船が無い!
大阪府と大阪市が恊働して「水都大阪2009」キャンペーンを行い、橋下知事や平松市長も力を入れています。天満橋の八軒家浜船着場を中心に花見や大川クルーズなどを楽しめる「春の舟運まつり」という催しが行われていて、いろんな船が総動員で運行されています。
でも残念ながら大川にはバリアフリー船がありません!
c0167961_13285556.jpg船側のバリアフリー化も必要ですが、
乗船用スロープやタラップがお粗末。
これでは船内まで入れない!  

(写真をクリックすると拡大します)
バリアフリー法のガイドラインでは「持ち上げないで、車いすが自力乗降できる」ことになっています。大阪府の水都担当者に話したら「船は民間事業者のものですから、、。」
船へのバリアフリー設備助成や指導を強化する気配は感じられませんでした。
東京湾や信濃川の水上バスやクルーズ船に乗船してみましたが、どこも車いす乗船への配慮や設備があり問題ありませんでした。「車いすは抱え上げれば良い」は過去の考え方です。「持ち上げたりしないで、乗降できるようにしよう」とするのがバリアフリー法の考え方です。大阪の船にこのような考え方が皆無なのは残念なことです。
水都大阪で船のバリアフリー化が一番遅れていることを知ってください!
船側の高さ調節装置、折れ曲がるタラップ(スロープ)などあれば乗船できる。
他の都市の例を参考までに。
c0167961_13442662.jpg
東京湾
お台場クルーズ船、
アーバンランチ







乗船用スロープと
船内昇降装置


c0167961_13515422.jpgc0167961_13453561.jpgc0167961_1353542.jpg





























新潟
信濃川水上バスの
乗降用スロープ
(写真下)
by yamana-4 | 2009-04-09 14:02 | 搭乗.乗船.昇降装置 | Trackback | Comments(0)

今、天満橋エレベータ通路への不法駐輪は

徹底した放置自転車撤去は効果がありましたが、心ない2〜3人が入口を塞ぐと、、。
大阪市の自転車対策課では、週に2回以上の重点的自転車撤去を行っていて、問題の通路は通れる状態にあることが多くなりました。
でも、だれか一人でも入口を塞ぐと通れません。エレベータへの通路と気づかないで駐輪する人、その場所が空いているから何も考えずに駐輪する人、なぜ大阪の人は不法駐輪に対してこうまで無神経なのでしょう?
c0167961_1056925.jpg
子ども自転車があるのが怖いですね!お母さんが駐輪させたのでしょうか?
c0167961_10592193.jpg





やっぱり路面表示で「ここだけは駐輪してはダメ」とハッキリ示さなければムリのようです。大阪市の駐輪対策課さん、早く路面表示を行って下さい!!

◉大阪市では駐輪場は全て民間委託方式ですが、周辺管理を義務付けないと混乱を増大させます。
また、機械式駐輪状設置が駐輪可能台数を半減させることも問題では?

c0167961_1112887.jpg民間委託では駐輪施設のみしか管理しておらず、機械式にすると置ける台数が減るので十分な駐輪数を確保しないと、周辺の混乱はひどくなるのが実際の情況です。
管理委託の条件に「周辺整理」を入れるべきではないでょうか。
他の都市で大阪のようにひどくない最大の理由は「十分な駐輪場を設置している」こと、適切な管理にあるように思います。やはり駐輪場がなければ、空いている場所に駐輪するより仕方が無いと考えるのを大阪人に止めさせるのは不可能(?)でしょうか。
駐輪禁止区域の設定だけでは何も解決しません。
by yamana-4 | 2009-04-09 11:21 | 放置自転車 | Trackback | Comments(0)