カテゴリ:観光バリアフリー( 6 )

唐招提寺のバリアフリー

◉西ノ京の薬師寺と唐招提寺は、近鉄西大寺から電車で
行くのが普通ですが、奈良市内からも路線バスで行けます。
通用門を開けて貰えば車イスでも拝観できますが、
半分くらいしかバリアフリーにはなっていません。
しかし寺域内に車椅子トイレがあります。

c0167961_20435729.jpgc0167961_20441860.jpgc0167961_20444091.jpgc0167961_20445647.jpgc0167961_2045864.jpgc0167961_20473575.jpgc0167961_20453095.jpgc0167961_20454537.jpgc0167961_2046362.jpgc0167961_20464395.jpg
by yamana-4 | 2016-08-03 20:48 | 観光バリアフリー | Trackback | Comments(0)

東大寺のバリアフリー

◉奈良の代表的観光寺院の東大寺は、
車イスでも拝観できることは知られていますが、
実際に行ってみるととても大掛かりなスロープ設置が行われていました。
車イストイレもあり、案内はよくわかります。

c0167961_18221457.jpgc0167961_18222819.jpg
c0167961_18224187.jpgc0167961_18225379.jpgc0167961_1823910.jpgc0167961_18232423.jpgc0167961_18234579.jpgc0167961_18235733.jpgc0167961_18242465.jpgc0167961_18245971.jpgc0167961_18251835.jpgc0167961_1825327.jpg
by yamana-4 | 2016-08-03 18:26 | 観光バリアフリー | Trackback | Comments(0)

東本願寺のバリアフリー

◉今年7月に東本願寺の関係者に案内されて体験した、予想外とも言える
東本願寺のバリアフリー度と修復中の阿弥陀堂見学の様子を掲載しておきます。
東本願寺は高齢者の参拝も多いので、車いすでお参りできるだろうとは予想していましたが、
境内の一般参拝者が入れるところはむろん、関係者しか入れないような所も段差解消の工夫が
なされていて、ほとんど全ての所に電動車いすでも入れることが分かりました。
姫路城の修復現場見学が有名でしたが、同じように大規模な阿弥陀堂修復の現場に
エレベーターが設置されていて、車いすでも見学できます。

c0167961_2473181.jpgc0167961_2482118.jpgc0167961_2483631.jpgc0167961_2485799.jpgc0167961_252589.jpgc0167961_25051100.jpgc0167961_2493172.jpgc0167961_2495987.jpgc0167961_2501776.jpgc0167961_251355.jpg
by yamana-4 | 2014-12-28 02:54 | 観光バリアフリー | Trackback | Comments(0)

最近の京都事情2

◉最近京都では着物姿の若い女性が目につきます。
中国人女性の京都観光では人気のようで、中国語でおしゃべりしているので
分りますが、見ただけでは外国の娘さんかは全くわかりません。
ところで、車いす旅行者が京都で困るのは、
バスがいつも満員なのと、車いすトイレが少ないこと。
四条河原町界隈には車いすトイレのある商業施設が集中していますが、
祇園から三条にかけては大きな商業施設がなく、
全体的に"車いすトイレ過疎地域"で、見つけるのが困難です。
図のトイレ以外を知っている方はコメント書き込みしてください。


★四条大橋畔の老舗北京料理のレトロな洋館"東華菜館"は入口がスロープに改装され
 車いすでも入れるようになっていますが、車いすで入れるトイレはありません。
 設計は、国内に学校・教会建築を数多く残し、メンソレータムでも知られたヴォーリズ氏
 ですが、レルトランの設計は他にないそうです。
 鴨川納涼床だけは急な仮設階段で入れませんが、館内は1924年OTIS製の格子形の
 蛇腹式内扉、現存する日本最古のエレベーターで、運転は手動式、L字方向スルー型で
 とても珍しいものです。 
 http://www.tohkasaikan.com/cgi-bin/tohkasaikan/siteup.cgi?category=4&page=3

c0167961_17394913.jpgc0167961_17403299.jpgc0167961_17404833.jpgc0167961_1741435.jpgc0167961_17411979.jpgc0167961_17413375.jpgc0167961_17415066.jpgc0167961_1742713.jpg
by yamana-4 | 2013-05-15 17:43 | 観光バリアフリー | Trackback | Comments(0)

最近の京都事情1

◉京都市内中心部への交通は、JRが二条〜嵯峨を通っている他は、
滋賀や大阪、亀岡方面への都市間交通しか果たさず、都心部へは南北に鴨川沿を走る京阪電車と
四条河原町乗り入れをしている阪急電車、北野や嵐山への路線を持つ嵐電しかない。
地下鉄は烏丸通をほぼ南北走る烏丸線と山科から三条〜烏丸御池〜二条〜太秦天神川までの
東西線の2路線だだが、烏丸線は近鉄奈良線と、東西線は京阪京津線と相互乗り入れしており
便利であるが、市内の一部に偏っている。
したがって市内の市民の足はバスが主要な役割を果たしているが、
観光ルートの路線ではいつも満員状態で利用しにくい。
京都市は「歩くまち京都」という歩行者優先の市内交通に取り組んでいるが、
路面電車を撤廃したツケは大きく、ヨーロッパのように都心への車乗り入れ制限を
徹底するような大きな改革は難しいよう。
そんな京都の歩道事情などを紹介。


c0167961_17314869.jpgc0167961_17321363.jpgc0167961_17322846.jpgc0167961_17324657.jpgc0167961_1733334.jpgc0167961_17331623.jpgc0167961_17333080.jpgc0167961_17334631.jpg
by yamana-4 | 2013-05-15 17:34 | 観光バリアフリー | Trackback | Comments(0)

「あびこ観音」がバリアフリー寺院に!

◉聖徳太子ゆかりで、観音信仰の始まりと言われる「吾彦山・大聖観音寺」は「あびこ観音」として厄よけ参りが有名なお寺ですが、バリアフリー寺院として一新されています!
所在地は大阪市営地下鉄、御堂筋線「あびこ」下車、西へすぐ。
c0167961_8325520.jpg山門が建替えられ入口からバリアフリー化c0167961_8312482.jpgc0167961_8365415.jpg
















建替えられる前の山門










スロープが設置された本堂









c0167961_8471353.jpg









樹齢800年とも言われ、大阪市の保存樹に指定されているクスノキの大木があるお寺らしく、駐車場が芝生なのもグリーンエコか
c0167961_8492077.jpg
c0167961_8513266.jpg




















車いすトイレもあり
ウオッシュレット
c0167961_8573052.jpgc0167961_858971.jpg





















山門の手前に木造2階建ての町会会館が。
サッシだけはアルミに取り替えられていますが、
まだ
こんな建物が残っていました!
by yamana-4 | 2009-05-12 09:03 | 観光バリアフリー | Trackback | Comments(0)