カテゴリ:台北交通事情( 22 )

台北交通事情レポート 22<番外編・台北の車いすトイレ>

◉台北に行く前気掛かりだったのは車いすトイレの数と使い勝手についてでした。
結論から言うと「数は心配ない、ある所にはある」「使い勝手は良い」でした。
台北の車いすトイレは「どこも十分に広くてシンプルで使い易い」
分り易いサインなど、むしろ「日本より進んだ考え方のトイレがある」こと
"日本的に進化し過ぎ"た多機能トイレが、本当に使い易いのか?の
疑問を感じました。
また、トイレットペーパーは流さずにゴミ箱に入れるのが一般的なのも
下水処理や環境負荷の点からは進んだ考え方だと思います。
車いすトイレに一番大切なのは「車いすで横付けできる、スムースに回転できる」
なのですが、台北のトイレはどこも合格でした。

c0167961_1715277.jpgc0167961_172116.jpgc0167961_1724686.jpgc0167961_1722543.jpgc0167961_173196.jpgc0167961_1731655.jpgc0167961_1733615.jpgc0167961_1735416.jpgc0167961_1741824.jpgc0167961_1744166.jpgc0167961_175046.jpgc0167961_1751774.jpgc0167961_1753224.jpgc0167961_1754840.jpg
by yamana-4 | 2013-12-21 17:08 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)

台北交通事情レポート 21<番外編・台北のパブリックアート>

◉台北市のパブリックアートについては特に調べた訳ではなく、
移動していて目についた作品を撮影しただけですが、
台北101近くの銀行の彫刻群が目を引きました。
MRT駅のホームにもアート作品が設置してある所がありました。
(二番目の作品だけは阪急百貨店店内)

c0167961_13475619.jpgc0167961_13493672.jpgc0167961_13481452.jpgc0167961_13482929.jpgc0167961_13525256.jpgc0167961_13532234.jpgc0167961_13533780.jpgc0167961_13535798.jpgc0167961_13581215.jpgc0167961_13554544.jpgc0167961_13561862.jpgc0167961_13563514.jpg
by yamana-4 | 2013-12-19 13:58 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)

台北交通事情レポート 20<番外編・台北101 世界第3位の高層ビル展望階>

◉台北101へは世界第3位の高層ビルで台北市内の至る所から見えます。
行き方は、MRTの市政駅のエレベーターで地上に出ると
阪急百貨店前バス乗場があり、ノンステップバスのシャトルバスを利用すると便利。
付近の商業ビルから続くペデストリアンデッキからも行けます。
展望階へのチケットロビーと専用エレベーターは5階ですが、車イスではメイン入口からは
反対側にある、ペデストリアンデッキの連絡口側のエレベーターでしか直接5階に行けません。
展望階の91階は外に出られるスカイデッキですが、腰壁が高くて
車イスでは全く外を見るられません。
展望階入場料:一般500元、障害者・高齢者・子ども400元
[障害者・高齢者などは優先入場]

詳しくは下記をご覧下さい。
★台北ナビ/台北101展望台:http://www.taipeinavi.com/miru/1/
 Facebook:https://www.facebook.com/masaru.yamana/media_set?set=a.539307936149271.1073741846.100002102090261&type=1

c0167961_18104182.jpgc0167961_1811289.jpgc0167961_18111665.jpgc0167961_18113212.jpgc0167961_18115020.jpgc0167961_1812821.jpgc0167961_18122254.jpgc0167961_18123591.jpgc0167961_18131780.jpgc0167961_1812497.jpgc0167961_18133974.jpgc0167961_18135170.jpg
by yamana-4 | 2013-12-09 18:17 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)

台北交通事情レポート19 <台北市の歩道状況2バス停と問題歩道>

◉台北市の歩道バス停は、ほぼ問題ないようでした。
代表的な道路環境のバス停を挙げておきます。
歩道整備は境界部、横断歩道、点字ブロックの敷設、舗装材など
いろいろ問題が見受けられました。
また、アーケードは屋根があり、滑らかな路面など良い面の方が多いのですが
敷地境界部に段差ができるのをスロープにしてある所が多くても、
長いスロープは作り難いので、急傾斜で通れない所もありました。
アーケードに付随して作られている歩道は、変電施設が据え付けられていたり
狭くて通り難かったり、補助的な役割しか果たしていないようでした。

c0167961_18232043.jpgc0167961_18233399.jpgc0167961_18234825.jpgc0167961_1824328.jpgc0167961_18251852.jpgc0167961_18253978.jpgc0167961_18255145.jpgc0167961_1826411.jpg
by yamana-4 | 2013-11-29 18:27 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)

台北交通事情レポート18 <台北市の歩道状況1>

◉日本より進んでいる台北市の交通環境整備で、残念ながら
最も遅れているのは歩道整備であり、交通局が一体的に整備すると聞きましたが、
これだけは日本の整備状況の方が格段に進んでいます。
台北市の歩道はいつかのタイプに分類され
1、大きな道路で良く整備された歩道 2、歩道整備されているが古くて問題がある歩道
3、下町や商業地区で民地のアーケードと並列に作られている歩道 
などの3種類に大きく分けられます。
問題はいろいろありますが、歩道境界部の整備と横断歩道、アーケードの境界段差とバイク駐輪
などが目につきましたが、歩道整備に一体性がなく場所毎に色んな整備がされていることが
一番の問題のように感じました。
兵庫県方式などの進んだ歩道整備を取り入れて、歩道整備でも追い越して欲しいものです。

c0167961_1756232.jpgc0167961_1757530.jpgc0167961_1757415.jpgc0167961_17575720.jpgc0167961_1758352.jpgc0167961_17591171.jpgc0167961_17595155.jpgc0167961_1802929.jpg
by yamana-4 | 2013-11-29 18:00 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)

台北交通事情レポート17 <猫空ロープウェィはお薦め>

◉MRTブラウンラインの終点"動物園駅"から直ぐの"猫空ロープウェィ"は
全長4,033mもあり、海抜299.3mまで昇る凄いロープウェィです。
乗降口は段差・隙間解消され車イスもベビーカーもOK、
料金は30元と格安で、障害者・高齢者割引、優先搭乗あり。
車イスユーザーの単身搭乗も全く問題無い上に、
駅には電動車イス用充電コンセントまであり、すごく親切です。
直角に曲がったり、支柱を過ぎる時は大きく揺れたり、一気に100m近く
急上昇したりでスリル満点、風が強く当たる所では横揺れしたりするので、
要注意です。

★詳しくは台北ナビを
http://www.taipeinavi.com/miru/127/

c0167961_13525554.jpgc0167961_1353897.jpgc0167961_13533443.jpgc0167961_1354384.jpgc0167961_13542238.jpgc0167961_13544082.jpgc0167961_1355037.jpgc0167961_13551558.jpg
by yamana-4 | 2013-11-29 13:56 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)

台北交通事情レポート16 <レンタル自転車のU-bikeシステム>

◉台北名物のバイク洪水対策で導入されたレンタサイクルシステムは
当初から改善され、13年9月時点では108ポート・3621台、会員数75万人に
達しているそうです。
利便性を高めるためMRTへの車内持ち込みもOKですが、土日休日だけだそうで
実際に車内で見ることはありませんでした。
市内にバイクの駐輪は多くありましたが、自転車は台北駅近辺で少し見かけ多程度で
目につきませんでした。
U-bikeポートも台北市政府駅や台北101近辺には多くありましたが、台北駅付近では
見かけず、地区によって偏りがあるようでした。
しかし着実に普及しているようで、交通局は162ポート・5400台程度に増やす
計画だそうです。

c0167961_17305162.jpgc0167961_17302398.jpgc0167961_17285411.jpgc0167961_17293019.jpgc0167961_17291211.jpgc0167961_17311129.jpgc0167961_17313041.jpgc0167961_17314598.jpg
by yamana-4 | 2013-11-28 17:33 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)

台北交通事情レポート15 <台北のタクシーはミニバンに移行>

◉台北市のタクシーはNYと同じイエローキャブ!
NYのニッサン車と違って、トヨタのミニバン"ウィッシュ"が採用され
タクシーの大半が既にミニバン車に換わっていました。
世界のタクシーは、ロンドンタクシーよりも新しい車種のミニバンや
ワゴンタイプの車種に変更されつつあるように思います。
タクシーとしては人の乗車しか想定していないセダンタイプから、
大型で乗車定員も多く、荷物の積み易い車種に変わっていくのが
世界の趨勢のように感じます。
ベビーカーを畳まなくても積め、車イスも乗れるタクシーが普通になる
外国に比べて、日本の変化が遅いのではないでしょうか?
国交省のタクシー担当部局にそのような認識が薄いのではないか?
と感じています。

c0167961_1453153.jpgc0167961_14533427.jpgc0167961_1454091.jpgc0167961_14543064.jpgc0167961_14554239.jpgc0167961_14574224.jpgc0167961_14562966.jpgc0167961_1459518.jpg
by yamana-4 | 2013-11-28 15:01 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)

台北交通事情レポート14 <台北の案内サインはとても分り易い3>

◉台北市の案内サインは「分り易く伝える」という
本来のサインの役割をよく理解して作られ
「なるほど」と思うものが目につきました。
目的までの距離が記入してあると助かりますし、トイレの空き・使用中表示、
バス停のクルクル回る時刻表、信号が変わる前はだんだん早く駈ける人ピクトなど
ユーモアのある信号など、分り易くする工夫が溢れています。
猫空ロープウェィ駅には「車いす用充電コンセント」と、携帯電話充電コンセントが
2カ所づつ設置されていて、無料サービスでした。
許可申請と充電事故があっても責任を問わない確認書にサインさせられましたが!

c0167961_1113238.jpgc0167961_1114780.jpgc0167961_112855.jpgc0167961_1122298.jpgc0167961_113466.jpgc0167961_1212448.jpgc0167961_113244.jpgc0167961_1134080.jpgc0167961_1135253.jpgc0167961_121415.jpg
by yamana-4 | 2013-11-20 01:22 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)

台北交通事情レポート13 <台北MRTの案内サインはとても分り易い2>

◉台北市MRTに乗車して最初にビックリしたのは
台北駅ブルーラインホームのハート模様のエレベーターでした。
しかも "車イス・ベビーカー・高齢者・妊婦の優先レーン"が設置してあるのです。
他の駅や路線にも同じような目に付くエレベーターがあり、優先搭乗が図られて
おり、行く先ガイドや車両の車イススペース案内なども、とても分り易く
表示されています。
"分り易いサインとは”どういうものか? について考えさせられます。

c0167961_0474022.jpgc0167961_048062.jpgc0167961_0481327.jpgc0167961_0482555.jpgc0167961_0485121.jpgc0167961_049373.jpgc0167961_049252.jpgc0167961_049382.jpgc0167961_0495318.jpgc0167961_050837.jpg
by yamana-4 | 2013-11-20 00:51 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)