カテゴリ:集会.発表.学会.展示会( 47 )

「難波おにごっこ」はいろんな成果をあげ、大盛況で終わりました!

◎「難波おにごっこ」は事前登録309人、当日参加者を入れると400人を超えていたかも?
の多数の障害者が道頓堀界隈でイベントを行いました。このイベントは4年目ですが、
参加者数新記録は確実だったようです。
好天に恵まれ、10時〜4時の長丁場を
"鬼ポイントまわり"(7つのポイントで鬼の出す問題に解答)
"障害者つなひき"(車いすも視覚障害者もみんなでつな引き)
"ラスト集会"(高得点者表彰、記念撮影)と、ミナミの街を歩き回り、
食事や買い物を楽しみ、バリアフリーや障害者受け入れを「さりげなくアピール」、
関西の障害者の元気さと心意気を示した一日でした。

千日前商店街振興組合は、バリアフリーマップ作りをコラボし、
マスコットキャラ"みにゃみん"の参加や景品提供など協力し、
みなみの商店街組合あげて後援してくれました。
このような障害者と商店街振興組合の協力関係は画期的なことで、千日前商店街振興組合
理事長のTさんは「今回だけに終わらず、今後もつづけていきましょう」とイベントの成功を、
引き継いで行こうと言っていました。

実行委員会の皆さん、コアメンバーのみなさん、中心になって準備したCILのみなさん、
協力してくれた街のみなさん、あ・り・が・と・う!(みんなの気持ちを代弁です)

☆このイベントのためのトイレや飲食店のバリアフリー調査が綿密に行われ、マップやリストに
して参加者に配布されました。車いすトイレ過疎地と思われていた道頓堀界隈に、多数の車いす
トイレが隠れていたことなどが判明するなど、今後の調査のやり方などにも参考になることが
いっぱい分かり、これも良い成果となりました。

c0167961_02295315.jpgc0167961_02254241.jpgc0167961_02263513.jpgc0167961_02290551.jpgc0167961_02285345.jpgc0167961_02283613.jpgc0167961_02281067.jpgc0167961_02274203.jpg

by yamana-4 | 2014-11-04 02:30 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)

今年の全国車いすアクセス・マニア集会は京都市で開催します。

◎全国車いすアクセス・マニア集会in京都のお知らせ
日時:7月20日 日曜日 13時より~16時30分まで
場所:京都市生涯学習総合センター
DVD上映(基調講演に換えて):全国に先駆けて「車いすでバスに乗れるようにしよう」とリフトバス運行を実現した「パーフェクト・バスを走らせる会」の活動を記録した映像。貴重な映像で必見です。

住所:〒604-8401京都市中京区聚楽廻松下町9の2 JR・地下鉄「二条駅」徒歩10分程(JR円町駅からの方がやや近いそうです)、 市バス「丸太町七本松(京都市中央図書館前)」下車

現在の日本では、歩けなくなっても、どんな重度の障害があっても、それに応じた車いすを使い、公共交通を利用して旅行したり、行きたい所に行くことができます。そんな旅で味わう楽しさ・困難さの全てを、より楽しさに変えてしまう”アクセス・マニア”達の、旅行自慢話を聞き、自分も発表して、電車や路線バスを利用する仲間を増やそうとする集まりです。

平成15年・東京都国立市で開催されて以来、京都・愛知・香川・福井・滋賀・茨城・神奈川・大阪・東京、神戸で行われ、今回の京都市で12回目となります。「全国」というタイトルは、日本全国の車いすでの旅の話をするという意味で、別に全国の車いす旅行仲間が集まる訳ではありません。けれど、車いすでのアクセスの最新の動向、全国各地のアクセス状況を目いっぱいご紹介します。今回は海外編として、台北の車いす旅の報告も予定しています。

かって駅にエレベーターが無かった頃、あらゆる方法で電車にもバスにも乗ろうと挑戦し「ある時は”トラベル"時どき”トラブル”」を全国で起こしていた旅行者がいました。今では数を増やし、バス・列車・船・飛行機など、あらゆる乗り物を利用し、国境をも飛び越えるのが普通になってきました。でも、"乗れない公共交通”は、まだまだ多く存在します。そこを培った”乗る技術や交渉力”をフルに発揮し、人様の助けも借りて、ある時は内規も変えさせて、行けるとこまで行く。そんな旅行者を”車いすアクセス・マニア”と言う!(主催者の勝手な思い込み?)

なんだかんだと言っても、車いすで旅行する自慢話しの集会かも?と揶揄する向きもありますが、この集会に参加する貴方が「バスや列車に2倍3倍と乗れば、世の中が変わるかも」と感じればオモウツボなのです。

◎ 「旅の話し」当日の発表者を募集しています。(一人20分程度)
 話しだけでもOKですが、プロジェクターで映写出来る準備をしていますので、
 写真があればスライドやパワーポイントのデータをUSBメモリーでご持参ください。
◎ 問い合わせ・事前申し込みは下記へメールしてください。
 (今福)access@access-all-japan.jp
 (山名)cuhww502@occn.zaq.ne.jp
c0167961_23445712.jpg
by yamana-4 | 2014-06-22 15:17 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)

車いすアクセスマニア全国集会 in 神戸・長田、今年は7月13日

◉毎年1回日本各地で開催している「車いすのアクセスマニアの全国集会」は
神戸市の長田で行います。会場のすぐ近くには、巨大な鉄人28号が出迎えていますし?
阪神淡路大震災で最もひどい被害を受けた長田地区が、どのように復興しているかも
見て下さい。


c0167961_23413883.jpg
by yamana-4 | 2013-06-20 14:42 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)

〜まちはやっぱり面白い〜"あべの鬼ごっこ" 5/25

◉関西の障害者団体の障大連とアクセス関西ネットワークは、
あべの歩道完成に合わせて急激に変化した周辺のアクセス状況を
楽しみながらチェックする催しを行いました。
1回目の梅田、2回目の新世界につづく3回目の催しでした。

★あべの鬼ごっこ
(1) "あべの歩道橋アピール" 完成したあべの歩道橋に全員で上がり、歌いながらアピール
   "巻き起こそうバリアブレイクの波!" "障害者差別解消法成立を!
   5/31御堂筋大行動" "障害者が動くことで街が変わる!"・・・
(2) "あべの鬼ごっこ" 阿倍野界隈に14の鬼ポイント、場所クイズに答えてクリアー、
   ポイントクイズでシールゲットして遊びながらバリアフリーチェック
(3) 報告会と賞品渡し 阿倍野区民センター大ホール
 <集まった人数一般:参加者 約170人、スタッフ・本部 約50人>

c0167961_1730593.jpgc0167961_17272189.jpg
c0167961_17312335.jpgc0167961_17313730.jpgc0167961_1732420.jpgc0167961_17322229.jpgc0167961_1732364.jpgc0167961_17325772.jpg
by yamana-4 | 2013-06-07 17:33 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)

バリアフリー2013 大阪バリアフリー展アラカルト

◉4/18〜20 大阪南港インテックスで例年通りの総合福祉機器展が開催中。
一時の出展者減少は歯止めがかかってきているようです。
新しい出展はあまり目立たず、外国からの出展は少なかったように感じましたが、
二日目までの好天で来館者は多く盛況でした。
ざっと会場を見て、訪問したブースや気になった出展、いいね!などアラカルトで。
いつも通り精力的な"とが"さんのブース(ミニのLEDライト買いました)、
ヤマハのJWシリーズは進化して8月発売、実用性が高くデザインも優れた車いす押し電動自転車、
車いすや介護用品もデザイン性が重要と理解し、次の団塊の世代高齢者を意識したものつくりが
必要と意識している企業が目を引きました。

★トガキクヨ・ドットコム(障害者の防災や危機管理をユニバーサデザインで考え実践する)
 http://www.togakikuyo.com/index.html

c0167961_051822.jpgc0167961_0512820.jpgc0167961_0514427.jpgc0167961_0515616.jpgc0167961_0521215.jpgc0167961_052277.jpgc0167961_0524794.jpgc0167961_053741.jpgc0167961_1111865.jpgc0167961_053389.jpg
by yamana-4 | 2013-04-20 01:12 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)

第27回日本リハ工学協会カンファレンスin福岡の当事者発表

◉8月23〜25日、アクロス福岡で日本リハビリテーション工学協会のカンファレンスが
行われ、社会参加のセッションで障害当事者の7人の発表がありました。
この学会では、障害当事者の発表をしてもらおうと大会毎にいろいろ試みられてきましたが、
今回の福岡大会では一般研究発表プログラムの中に組み込まれ、参加者も多くて大変良い
セッションでした。企画された実行委員会と総合せき損センターの方々に敬意を表し、
次回の盛岡大会に継承されることを切望します。


★障害当事者学会発表 (このセッションは発表し易くするため学会参加費免除)
[社会参加セッションa] 座長 : 麩澤 孝 全国頸随損傷連絡会
・おひとりさまって楽しい!~C1頸椎損傷の私が一人で出かける理由:箕輪 弘美
・指先の宇宙ー福祉機器は心のサプリメントであり、手足の代わり:早川 幸希
[社会参加セッションb] 座長 : 畠山 卓朗 早稲田大学
・NPPV(非侵襲的陽圧換気療法)を活用した私(C2頸髄損傷)の生活:島本 敬士
・車椅子の介護士(通所介護事業所に介護士として勤務):半田 康祐
・道具のくふうでかわってきた僕の生活:小林 海斗・西川 まり子
・頚椎損傷(C6B2)の歯科医としての社会復帰:中尾彰宏
・一緒に学び、一緒に生きるための私の取り組み1.2.3:圓井 陽子・圓井 美貴子
★アクロス福岡
天神の県庁移転跡地に作られた公民複合施設1995年4月開業。南の天神中央公園に面した段状の
ステップガーデンは、山をコンセプトとした大規模な屋上緑化であり、公園と一体となったランド
スケープを構成している。最上階展望台に登りつつ四季の植物を巡るような植栽計画がなされている。
5階から1階までは滝が流れている。バリアフリー法施行5年前の建築でアクセスは問題無いが、
緑化部分など車いすで行けないところもあり、車いすトイレはその当時のレベルのままで
電動車いすユーザーにはかなり使い難いところもある。

c0167961_15495522.jpgc0167961_15514100.jpgc0167961_1551257.jpgc0167961_15525842.jpgc0167961_15515477.jpgc0167961_1552152.jpg
by yamana-4 | 2012-09-07 15:53 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)

「本と遊ぼうこどもワールド2012」大阪OMM会場

◉8/6で終わりましたが、大規模な絵本・児童書の展示会が
毎年夏休みに開催されています。
この展示会は1978年11月に京都市で初めて開催し、その翌年から
夏休み期間に全国各地で毎年開催され、夏休み期間の開催としては34回目。
「赤ちゃんがはじめて出会う本 ファーストブックコーナー」
「世代を超えて愛されて ミリオンセラー絵本&読物」をはじめ、
読書を楽しくするさまざまなテーマのコーナーが設けられ、子どもに読ませたい良い本を展示。
絵本作家などによる講演会・サイン会など会場ごとの楽しいオリジナルイベントや、
オリジナル企画のコーナーを展開し、楽しい催しとなっています。
欲しかった絵本なども見つけることができます。

◇大阪会場:8月4日(土)~6日(月)10:00~17:00(最終日~16:00)
大阪マーチャンダイズ・マート Bホール(大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル2階)
〈オリジナルイベント〉
*8/4 サトシンさんによる「絵本&おてて絵本よみまショー」
*8/5 たかいよしかず先生のおはなし会とサイン会
*8/6 昔のまんま!自転車の紙芝居がやってくる!  ヤッサン一座のらっきょむさん登場

c0167961_23453236.jpgc0167961_23455138.jpgc0167961_2346129.jpgc0167961_23463061.jpgc0167961_23464582.jpgc0167961_2347679.jpgc0167961_23472517.jpgc0167961_23474253.jpg
by yamana-4 | 2012-08-06 23:49 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)

全国アクセス・マニア集会 in 東京(2)

◉10周年記念集会となった今回は「東京都障碍者福祉会館」で行われ、
参加者は多くありませんでしたが、5人の発表と全員の一言コメントなど
4時間弱の時間が短く感じられた充実した集会でした。
最後に「全国アクセス・マニア宣言」を高らかに行い、
アクセス改善へのたゆまない取り組みを行うことを再確認しました。

終了後希望者は、日の出桟橋から東京都観光汽船の墨田川ラインに乗船、
浅草まで行き、東武電車で東京スカイツリーに行きました。
天望階は待ち時間が30分以上と夜になっても大変な人出で昇りませんでした。
どこも行列でしたが、美味しいイタリアンの店に入れて食事できました。

スカイツリータウンエントランスの東京大鳥瞰図は電車がや車が走ったり、
人が動いたりチョット不思議で、とっても面白くて必見です。


c0167961_153432.jpgc0167961_15334566.jpgc0167961_1534265.jpgc0167961_15344590.jpgc0167961_15355351.jpgc0167961_15351359.jpgc0167961_15392323.jpgc0167961_15363424.jpgc0167961_1537518.jpgc0167961_15372345.jpgc0167961_15374821.jpgc0167961_1536486.jpg
by yamana-4 | 2012-07-17 15:43 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)

全国車いす アクセス・マニア集会 in 東京(1) とアクセス・マニア宣言草案

≪第10 回記念大会 全国車いす アクセス・マニア集会 in 東京のご案内≫ 
電車やバスに乗ることが大好きな首都圏の車いすユーザー、
たまたま上京中の車いすユーザー、
車いすユーザーでなくても興味のある人、
発表したい人も、聞くだけの人も、大歓迎、ぜひ参加してください。


(開催目的)
車いす・ストレッチャーの利用者に公共交通を利用しての旅行の困難さを含む楽しさを知ってもらい、
電車や路線バスを利用する仲間を増やそうと、平成15年・東京都国立市で開催されて以来、
京都・愛知・香川・福井・滋賀・茨城・神奈川・大阪で行われ今回の東京都で10回目となります。
「全国というタイトルは、日本全国の車いすでの旅の話をするという意味で、別に全国の車いす旅行仲間が
あつまるわけではありません。
けれど、車いすでのアクセスの最新の動向、全国各地のアクセス状況をめいっぱいご紹介します。

◎講師 今福 義明(アクセスジャパン代表)
電動車いすユーザーとしての視点から徹底して、バリアフリー化を求めていく交通バリアフリーファイター。
行けるところ、入れるところ」は大好き。
「ACCESS-JAPAN」 ホームページもよろしく  
http://www.access-all-japan.jp/

◎講師 アシトド松井(車椅子電車評論家)
脊髄損傷とオストメイトの重複障がい者。当初は自動車でのみ移動していたが、突然、電車で行動するように
ライフスタイルを変更、趣味は史跡・城跡めぐり。
「アシカなくてもトドまらず」 ホームページもよろしく 
http://ashitodode.gozaru.jp/index_002.htm

◎講師 山名 勝(大阪市身体障害者相談員)
ハンドル形電動車いすの公共交通利用問題の第一人者。世界中で日本だけのいわれなき乗車拒否解消に執念を
燃やしている。「どこでも行こう車イス」ブログもよろしく  
http://kurumaisyu.exblog.jp/

◎講師 頼尊 恒信(NPO法人CILだんない 事務局長)
以前は、都市圏の交通アクセスのデータベース化の研究に加わっていた。
近年では、地方圏域のアクセス問題が関心事となっている。また、公共交通以外の乗り物にも視野を広げている。

他に、アクセス・マニアぶりを発表したい方は、ぜひ、名乗り出てください。下記へ事前連絡ください。
最大15分・(.ppt必要)パワーポイントで、発表いただけます。

日 時 平成24年7月14日(土曜日)午後1時から5時まで
場 所 東京都障碍者福祉会館  A2・A3室
〒108-0014 東京都港区芝5丁目18-2 電話(03)3455-6321 
交通機関 http://www.ecomo-rakuraku.jp/stationmap/22807.html
1 JR山手線・京浜東北線 田町駅下車 徒歩約5分 2 都営地下鉄 三田駅下車
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/stations/mita/a08.html
ホームページhttp://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/syoukan/toiawase/index.html
入場無料 予約不要 直接会場におこしください

連絡先
第10回全国車いすアクセスマニア集会実行委員会事務局
e-mail access@access-all-japan.jp

★第10回記念大会を迎え「アクセス・マニア宣言」をしようと草案をつくりました。
 ご意見のあるか方、コメントをお寄せください。

c0167961_1485816.jpg
by yamana-4 | 2012-07-13 01:51 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)

バリアフリー2012展で注目した製品


◉今年の大阪バリアフリー2012は、目新しい出展は少なかったように感じましたが、
おくればせながら注目した製品などの紹介です。


・折りたたみ電動カート
パーソナルモビリティに関しては話題の「"Luggie"台湾フリーライダー社」が出展していて
実物を見ることができた。販売代理店はまだ決まっていないとのことでしたが、
予価は28万円程度とのこと。
収納ケースをオプションにするなどして価格を押さえることが必要か?
(幅45.4, 長さ66, 高さ66cm, 回転半径90cm, 重量23.5kg,
  最大積載重量114kg, 最大時速6km)
中国での見本市出展では各社が競って移動機器製品を出展していましたが、
日本の規制が厳しすぎるためか他に見るべき製品はあまり目につきませんでした。
パーソナルモビリティの選択肢をもっと増やす必要があるのに課題が多いのです。

・ヤマハ電動アシスト装置「JW-II」
手動車イスに「電動アシスト」の機能を追加するユニット。
車イスのハンドリム操作の負荷に応じて電動の補助力が働き、今まで負担の大きかった坂道や、
絨毯の上なども驚きの軽さでスムーズに操作できるようになります。
下り坂での制動走行(車のエンジンブレーキ相当)なり、加速を防止しとても安心。
時速6km/h以上になると補助力が滑らかに低減し、通常の手動状態と同じ感覚で走行できます。
また、新機能のスイッチボタンは、押すだけでより簡単に補助力のオン・オフが可能。
十分な握力をお持ちで、手動車イスでの遠距離移動や坂道などを大変だと感じる方にお勧め。
ただし、ユニット価格 30万〜35万円程度+車いす価格が加算され、高価なものになるので
あまり普及していないが、試乗してみたら欲しいと思いました。
初動の時、電動アシスト自転車と同じように急発進したりするので、操作に馴れる必要があるが
使い勝手はすごく良いです。(片麻痺の人でも片手で使える)

・大阪産業大学の防災関連出展のモンベル社「防災グッズ」
アウトドア用品のモンベル社は社会貢献やボランティア活動にも熱心な企業で、東日本大震災へ
の支援でも大きな貢献をしていましたが、多くの防災用品を提供していることを知りました。
「浮くっしょん、エマージンシーセット」など防災用品の他、多くのアウトドア用品は災害時に
役立つと考え、意欲的に取り組んでいました。

浴槽の片側が下がり、電動リフト付き、据え置き家庭用浴槽(酒井医療)
高齢者や障害者の入浴は入浴サービスで大げさなリフトなどを備えた入浴より、家庭の風呂で
出来るだだけ自力で入るのが良いのは分っていても、家庭での入浴は困難なことが多くあります。
据え付けで置けて設置工事が不要で、給水・給湯配管をつなぐだけで使える家庭用風呂は注目!
浴槽の横が下げられ、イスが電動で下がる、コンパクトで水深55cm。
幅2m 長さ1.6mとまだ大きいので、四角の家庭用浴と換えられるもっとコンパクトで
価格も下げられると嬉しいのですが、、。

・上下水をつなげる大型の仮設トイレ
展示品ではありませんが、会場に設置されていた仮設トイレは水洗で手洗いもあり、大変広く
使い勝手の良い仮設トイレでした。

c0167961_18403012.jpgc0167961_18412774.jpgc0167961_18415716.jpgc0167961_18421627.jpg
c0167961_18493536.jpg
c0167961_18425251.jpg
by yamana-4 | 2012-05-26 18:46 | 集会.発表.学会.展示会 | Trackback | Comments(0)