カテゴリ:JR杉本町駅問題( 17 )

JR杉本町駅東口に対応する学内通路"南部ストリート”

◉大阪市立大学西門が新しく作られ、生活科学科北側の通路も全面的に整備されました。
6/29 お披露目式典が行われ、東口設置推進の会代表の二人の先生は一般出席者として、
出席されましたが、学長のスピーチにはどのような経緯で作られることになったかの
言及は一切なく、設置運動に関わらなかった市会議員や暫定区長は招待されていましたが、
設置運動に尽力した地元の方々は招待もされていなかったとのことでした。
通路は"南部ストリート"と命名され南部博士の記念碑も作られていますが、
悲願の東口設置に多大な貢献をされた方々への感謝の気持ちは表されていないのは残念です。
しかし、気持ちの良い通路で駅からのメイン通学経路として、
みんなが通るようになっています。
設計は、生活科学科の准教授の小池志保子さんと聞きました。
点字ブロックは通路内には敷設されていますが、駅から西門までと通路を出てから学内へは
設置されていません。


c0167961_7542522.jpgc0167961_7544865.jpgc0167961_755775.jpgc0167961_7552417.jpgc0167961_756487.jpgc0167961_7554155.jpgc0167961_7565023.jpgc0167961_7572030.jpg
by yamana-4 | 2012-08-01 07:58 | JR杉本町駅問題 | Trackback | Comments(0)

JR杉本町駅バリアフリー運用2ヶ月の現状(1)

◉「車いす利用者も増加とか」JR杉本町駅のバリアフリー化は
利用者の踏切通行を強いることをなくし、一定の成果をあげています。
現状の写真を掲載します。

 JR杉本町駅バリアフリー化概要
・東口駅舎・改札新設、跨線橋延長しエレベーター設置、一般用・多機能トイレ新設
・西口エレベーター設置、幅広無人改札新設
(駅員配置:昼間6名、夜間4名 踏切が残っているため通常駅より人員配置が多い)

c0167961_23344668.jpgc0167961_2335107.jpgc0167961_23354128.jpgc0167961_2336498.jpgc0167961_23363067.jpgc0167961_2337598.jpgc0167961_23373220.jpgc0167961_23381935.jpgc0167961_23375238.jpgc0167961_23385660.jpg
by yamana-4 | 2012-05-08 23:39 | JR杉本町駅問題 | Trackback | Comments(1)

「JR杉本町駅東口設置推進の会」の活動は終え「高架促進」へ新たなスタート

◉シンポジウムではなしたこと
・「問題は一部しか解決されていない、次へのスタートなのだ」

 東口新設とエレベーター設置は一定の成果をあげて「推進の会」は活動を終えるが
 高架駅にしない限り解決出来ない問題を残し、踏み切り解消とホームからのバリアフリー
 経路は実現していない。
 今後の高架促進運動は、住民が主導して継続して行かなければならず、今日は次の課題
 解決へのスタートなのだ。
・「活動は新しい市民運動、記録保管を」
 東口設置推進運動は05年頃から、大阪市立大学大学院理学研究科の村田教授が個人的に
 始められ、次第に学内の有志の賛同を得て仲間を増やしていき、
 08年7月大学院経済学研究科の田畑教授と共同代表で「JR杉本町駅東口設置推進の会」を
 設立、12月に第1回シンポジウムを開催してから多くの地域住民や、障害者なども参加する
 開かれた運動になって行った。
 これは、大学人と地域住民と障害者などが一体となって活動した「新しい市民運動」では
 なかったかとも考えられる。ぜひ、 原資料を含め運動の資料を保存して欲しい。
・住民提案第2号となるはずだった
 当初は駅のバリアフリーを住民提案で行う手法で行おうとし、大阪市に提案したが市はそれを
 「既存計画が完了していない、資金がない」と、受けなかった。
 関係学会の専門家は誰も「住民提案を受けないなどあり得ない」と言っていたにも関わらず!
 住民提案を促進しながら、その実施は自治体の裁量次第としている法の欠陥なのか、
 住民の提案を受けない大阪市がおかしいのか?

c0167961_3234062.jpgc0167961_3235876.jpgc0167961_3241723.jpgc0167961_3244053.jpgc0167961_32524.jpgc0167961_325312.jpg
c0167961_3263796.jpgc0167961_3261011.jpgc0167961_327678.jpg
c0167961_3273445.jpg

by yamana-4 | 2012-03-11 03:42 | JR杉本町駅問題 | Trackback | Comments(0)

JR杉本町駅東口新設、東西両側にエレベーター設置、3/11より運用開始

◉JR杉本町駅東口設置推進の会は、運用開始に先立って祝賀行事を行いました。
(03月09日NHKニュースより)
“開かずの踏み切り”で対策
ラッシュの時間帯にいわゆる「開かずの踏切」となるJR阪和線の杉本町駅で進められていた
新たな改札口の設置工事が終わり、11日から使用が開始されるのを前に、
9日、関係者が完成を祝いました。大阪・住吉区のJR杉本町駅は、駅の西側にしか改札口が
なく、ラッシュの時間帯には1時間に計40分ほど遮断機がおりたままの
いわゆる「開かずの踏切」になります。
JR西日本は、東側にも改札口を設ける工事を行い11日から使用開始されることになりました。
9日は関係者50人がテープカットをして完成を祝いました。
JR杉本町駅では、これまで無理に踏切を渡ろうとする人もあとを絶たず、3年前の10月には
女性が電車にはねられて亡くなる事故も起きています。
このため、駅の東側にある大阪市立大学の関係者や地元の住民などが、
踏切を渡らずに済むように、東口を設置するようJR西日本などに要望していました。
(以下略)
★記念行事
 第1部:踏切事故の犠牲者への黙祷で開始、東口で会のメンバーが挨拶後、テープカット
     テレビ取材NHK.MBS(毎日TVは3/12夕方6時からのVOICEで放映予定)
 第2部:JR杉本町駅東口開設記念シンポジウム/開設までを振り返って(大阪市大)
     東口開設と東西出口エレベーター設置に至るまで・村田代表 市大理学部大学院教授
     福祉のまちづくり学会と障害当事者の立場から「東口運動」を振り返る・山名勝
     杉本町駅と私たち・友の会 毛利千鶴/地域を代表して・東西町会長
     杉本町駅東口設置の実現を見て・踏切事故遺族の会「つむぎの会」加山圭子(横浜)
     東口これで終わらない・平覚 市大大学院法学研究科教授
     成熟市民社会への試金石・西川禎一 市大生活科学部教授
     まとめ・田端理一代表 市大経済研究科大学院教授
 第3部:懇親会

JR杉本町駅東口設置推進の会は、結成の目的を果たし活動を終了することになるが、駅のバリ
アフリー化はホーム幅が4.5mのため「跨線橋〜ホームを階段昇降機エスカル」設置で済ませ、
将来の高架駅に備えた暫定的なものであり、今後は地元住民が主体になり「高架実現」への
運動を継続することが必要であり、そのスタートであることを確認した。

c0167961_10264549.jpgc0167961_1027327.jpgc0167961_10272395.jpgc0167961_10274058.jpg
c0167961_14146100.jpg
by yamana-4 | 2012-03-10 10:28 | JR杉本町駅問題 | Trackback | Comments(0)

JR杉本町駅北踏切死亡事故の1周忌追悼集会

◉一年前の09年10月8日は台風の余波でJR阪和線の列車運行が大幅に乱れ、
通常でも「開かずの踏切」が一層長時間、閉まったままだった。
通勤時間で多くの人が遮断機をくぐってムリヤリ強行通行していた中、
一人の女性が通過列車にはねられ死亡する参事が起こった。

「JR杉本町駅東口設置推進の会」では一周忌に当たって、事故現場の踏切で追悼の集会を事故発生時刻に行い、
今春表明された「平成23年度中の駅改善工事完成」の達成を見守り、尊い犠牲をムダにしない決意を新たにした。
地域住民と連合町会関係者、友の会関係者、大阪市立大学有志、障害者など推進の会メンバーの他、
大阪市担当係長とJR関係者も参列した。
なお、東口設置などの駅改良工事は決定表明から半年以上たった今日現在まだ着工されず、大阪市の用地を契約
無しに長年使用していた占拠者との明け渡し交渉が遅れているのかと、推進の会関係者は懸念している。


(追悼文)「踏切事故1周忌の祈り」2010.10.8
 2009.10.8の朝8時前、台風でなかなか開かなかった杉本町北踏切(目の前の踏切)を、
何人かの人も渡る中、ひとりの若い女性が列車事故に遭いました。
東から踏切を渡って、杉本町駅から通勤に向かう途上でした。この事故は、杉本町駅東口設置の要望活動のさなか
でもあり、東口設置が間に合っていれば起こり得なかったことで、私たち多くの者は悔しさと悲しみで一杯です。
我々は2度とこのような痛ましい事故が起こらないよう、東口工事の一刻も早い完工を犠牲者の御霊に誓いたく思います。
 尚、2010.1.26に大阪市から東口設置、東西にエレベーター設置を盛り込んだ工事を2011年度中(平成23年度中)
の完工予定、できたら前倒しで行う旨の回答を得ました。
日々、人命にかかわる問題です。一刻も早く、おそくとも2011年度中に工事の完工を迎えられるよう
関係する方々の暖かい迅速な協力を望んで止みません。
「JR杉本町駅東口設置推進の会」一同

c0167961_1752367.jpgc0167961_17521033.jpgc0167961_17512871.jpgc0167961_17505420.jpgc0167961_17495886.jpgc0167961_1749423.jpg
by yamana-4 | 2010-10-08 17:57 | JR杉本町駅問題 | Trackback | Comments(1)

JR杉本町駅バリアフリー化の完工期限が怪しい気配に!

◉JR杉本町駅バリアフリー改修工事は22年度には着工し遅くとも23年度中に完工すると
大阪市担当部長は表明し、新聞各紙にも報道された。
しかし「JR杉本町駅東口設置推進の会」代表が大阪市計画調整局担当課長に確認したところ
<「H23年度中に完工に向けて」の件は、本年3月26日に説明させていただいた
H22年度内の工事着手に向けて、JRも鋭意作業に取り組んでいるところです。
工事期間は、今のところ工期算定要素に不明なところもあり、1年から2年かかる旨、
説明(本年3月26日・6月2日)させていただいたとおりです。>

と、23年度完工の約束をひるがえすような回答があり心配している。
理由は跨線橋の補強などに問題があるとのことのようだが、
これは当初から推進の会の専門家が指摘していることであり、
いまさら工期が延びる理由と言われても納得できない。
そのようなことも織り込んで考えられた、最も合理的で費用も安価な
「推進の会提案駅改善設計案」を取り入れれば解決できたことなのに!
同会では「完工遅延は絶対に受け入れられない!」と約束通りの
バリアフリー駅完成を強く要請していく方針である。

この項、詳細は右側カテゴリ「JR杉本町駅問題」をクリックしてください。
◉大阪日日、毎日、読売、朝日各紙の報道
c0167961_16542024.jpg
by yamana-4 | 2010-06-29 16:59 | JR杉本町駅問題 | Trackback | Comments(1)

JR杉本町駅ー東口設置後の学内通学路

◉このままでは通学困難なアクセス経路。
大阪市立大学の早急な決定が望まれる、駅バリアフリーへの対応。曲がりなりにも駅はバリアフリー化されるが、学内通学路を整備しないと!

c0167961_2317957.jpgc0167961_12345244.jpgc0167961_12351510.jpgc0167961_12353250.jpgc0167961_12354564.jpgc0167961_12355893.jpgc0167961_12361528.jpg

JR杉本町駅のバリアフリー化は、ホーム幅が4.5mしかなく、ホーム〜跨線橋にEVが付けられず階段昇降機(エスカル)設置という不完全な改善案が示されているが、いずれ高架駅にして「踏切解消」しなければ解決しないという根本的な問題が残されている。
しかし、懸案の大学側に「東口改札」が新設され、跨線橋の東西にEV設置されるので、暫定処置としては「やむおえない」と受け止めるか難しい所ではではある。

このような案で合意される状況であるが、更なる問題は東口に面する道路が未整備なのと、朝の通学ラッシュ時の混雑をどうするかだ。
・現状のままの歩道では障害者の通学経路としては、危険とも言え問題が多い。
歩道幅員は縁石を入れて2m、車道側への柵なし、視覚障害者誘導ブロックなし、「視覚障害者への配慮ゼロ」と問題が多い上に、「北門からキャンパスへは急坂で手動車いすの自力通学は困難」など、歩道については大阪市の責任だが、北門の地形や整備にも難点がある。
・一般通学生も従来南北2踏切に分かれて通学していたのが、1カ所に集中するので現状の通学路ではいっそう混乱すると予想される。
解決策は「学内への直接アクセス経路をつくる」ことなのは異論のないところだろう。わずかの調整で真に障害者も使えるようにすることは大学の見識を示すことになるだろう。

◉東口設置に対応するアクセス経路の問題整理
学内整備や道路整備などいろいろな案は考えられるが、
a 東口設置に合わせて暫定的にすぐ行わなければならない整備
b 高架までの中期的な整備(15~20年?)
c 高架を見越した将来的な整備

長中期的な整備は大阪市や大学がきちんと計画を立てなければならないが、今早急に必要なのはaのケースであり、JRに提示して改札口の位置や向きなどの設計とすり合せが必要であろう。また、通学経路としてだけでなく、地域住民も利用できる経路として使えることも必要であり、大学側には管理についての問題があることも勘案しなくてはならない面もあるが、細部の事情より「有効に利用できなければモッタイナイ」と、特に直接関係する学部には協力を求めたい。

考えられる経路は(① 〜④ はキャンパス配置図の色分け経路)
① 現在の歩道を整備し、北門の坂を緩やかに
歩道拡張と北門の坂をどうするかは、生活科学部敷地を一部提供しての道路拡張などを考えなければならず、簡単に改善できるとは思えない。将来的には必要だが、現状では利用困難か。
② キャンパス内、生活科学部北側通路を使う
東口との境界部のフェンスを開け、植え込み部分の通路幅を簡易舗装すれば直ぐに使える。
一番経費がかからず、使い易い経路と考えられ、学内施設とは区分されており一般への開放にも問題が少ないのでは。生活科学部の大局的な判断と協力が必要。
③ 既存西門から、工学部通路を使う
学内経路としては他のキャンパスや学術情報センターへも行き易い。一般市民への開放に問題がないか、実験棟を抜けるので工学部から難点が示されている、西門付近の路面整備が必要など解決すべき問題もある。
④ 北側道路への通路をつくる
駅の大学側に南北道路を結ぶ通路をつくることは、通学経路整備だけでなく地域の南北通行路として便利だろう。高架工事への仮線用地などと合わせて考え計画しなくてはならないが、用地的にはさほど困難とは考えられない。学内への直接経路と別に合わせて必要か。

★いずれの案も大学当局でも検討されていることと思うが、計画の緊急性に順位をつけて取り敢えず必要な対応は急いで決定されることを要請したい。以上はキャンパス内や周辺道路などを実地検証してまとめた、車いすを使っている者の一個人的見解であり、考察も不十分ですが問題整理のため敢えて提示させて頂きます。
by yamana-4 | 2010-05-13 12:36 | JR杉本町駅問題 | Trackback | Comments(0)

JR杉本町駅改修推進の現況報告会

◉JRと大阪市で合意した「杉本町駅バリアフリー改修案」が3/26日に提示され、
4/2「JR杉本町駅東口設置推進の会」は、
運動の現状報告会を大阪市立大で開いた。

報告会では、大阪市から示されたJR側の図面を紹介。利用者が多い大阪市立大がある東側に新たな改札口が開設され、既存の西側改札口と合わせて両方にエレベーターも付く。線路をまたぐ橋からホームまでの階段には、車いす用昇降機を設置。改札口やエレベーターなどは「将来の高架化工事の妨げにならないよう配置されている」という。ただ、高架化の時期についてはめどが立っていない。
(4/4大阪日日新聞より)
東口改札の位置と市立大学西門との関係や駅構内通り抜け保証、階段昇降機エスカルの幅広い利用など、調整しなくてはならない問題も残されているが「今後、良い方向へ向かうように見守っていきましょう。」と言うスタンスで受け入れる意向。

c0167961_21101451.jpgc0167961_1323249.jpgc0167961_1325260.jpg
改修案概略図
西口エレベータ位置概略図
東口改札・エレベータ新設と跨線橋延長概略図

◉東口改札設置にあたって新たな課題
JR案では改札から道路へは、既存の歩道に直接出入りする図面になっている。
しかし、大学への経路である歩道は狭い上に、経年変化で荒れている。
朝の通学ラッシュに人の流れを捌ける幅員はなく、交通量の多い車道に溢れ危険きわまりない状態が予想される。
車いすのすれ違いも難しいし、その上大学構内への北門は、歩道からの入口部分が急な坂になっていて手動車いすで通行するのは困難。
対策は東改札に対応する大学西門を開けて、学内へのアクセス経路を整備することである。これは東口設置への大学として当然の対応と考えるのが常識であろう。
この改善案は既に東口推進の会から提案されおり、これを大学提案として採用すれば良いだけである。
しかし、5月半ばになっても、大学当局はアクセス経路を示していない。速やかにアクセス経路を示さないと、JRは提示案で実施設計に入ってしまうしかない。大学の良識が問われている。
(5月12日 追記)
by yamana-4 | 2010-04-11 13:08 | JR杉本町駅問題 | Trackback | Comments(0)

JR杉本町駅改修案が大阪市から提示されました。

◉1月26日「JR杉本町駅東口設置推進の会」 に対し、大阪市担当部長より「駅改修についての回答がありました。
要点は1、JR杉本町駅に東口を設置する。
   2、駅の東西にエレベーターをつける。
   3、プラットフォームから跨線橋までは階段昇降機。
   4、H22年度から着工、遅くとも23年度中に完工。
   5、連続立体(〜高架工事)とは切り離すものの、
     近将来の連続立体化を意識した設計とする。

同会代表の大阪市立大学大学院教授・村田恵三先生は回答を受けての報告で「尚、我々は東西自由通行が地元住民にかかわらず、あらゆる人に可能になるように運用面での円滑化を働きかけて参ります。
 ここまで漕ぎ着けるまで、ネット署名および 13,000人の署名活動をはじめ、皆様の熱い応援が力になりました。有難うございました。」とコメントされています。

◉本格的な運動を始めてから1年余りで、このような回答を引き出した推進の会の活動は一定の成果を得たわけで賞賛に価するのですが、残念ながら問題は半分解決したにすぎません。「踏切解消は出来ず、自由通路設置もない」「ホーム〜跨線橋を階段昇降機」では、最も重要な課題が残されたままです。
やはり高架実現まで運動を継続する必要があります。

c0167961_1551068.jpg

◉推進の会では、階段昇降機でなくエレベータ設置出来る案など、JR案より合理的な数度に渡る「宮本案」を提案してきたのですが、今回の提示案では全く考慮されませんでした。
また、「堺市が行っている市内の鉄道駅全てを期限内にバリアフリー化する計画の調査」で分かったことですが、堺市では他のバリアフリー関連費用を含めて「上限無しに1/3補助」、必要なら超過しても負担するとの姿勢であり、大阪市との違いはトップの意識とバリアフリー法の認識の差から来ているように思われます。
*(大阪市補助は原則エレベータ設置のみ1基3200万円上限、大阪府は1200万円上限としている。このためバリアフリー法による国庫補助1/3も自治体支出上限を超えることが出来ず、事業者負担が大きくなる)
堺市が「バリアフリー化年間予算10億円」で、なぜ4駅のバリアフリー化と南海の連続立体交差事業を一気にやれるかは「基本構想に書き込んでいる事業はバリアフリー法関連の起債ができる」ことを活用しているからだと分かりました。第2次補正バリアフリー関連予算200億円も上手く利用したようです。
「金がないから出来ないはウソで、やる気の問題」であり、大阪市との姿勢が対照的でした。
当初の「住民提案による基本構想作成」路線はこの意味でも、やはり正しい方針であったようです。

by yamana-4 | 2010-01-28 15:54 | JR杉本町駅問題 | Trackback | Comments(0)

「第3回JR杉本町駅舎と踏み切り問題シンポジウム」

◉2009年12月4日(金)第3回JR杉本町駅問題に関するシンポジウムが行われた。「JR杉本町駅東口設置推進の会」は、大阪市・JR西日本との交渉の現況を伝え、福祉問題の北野誠先生や交通問題の大阪大学大学院教授の新田保次先生など、大阪市立大学以外からも専門家を招いて熱心な集会となった。駅舎改造設計提案行って来た建築家の宮本佳明教授は、さらに現実的な新提案を披露された。また、それに先立つ11月20日、JR社長、大阪市長あてに13000人弱の署名を提出しTVや新聞に大きく報道された。
第1回シンポジウムからちょうど一年後、最初の糸口を探す集会から、第2回目のバリアフリー新法による基本構想住民提案の途を探る集会など、変貌を重ね第3回目は多くの地域住民や日本福祉のまちづくり学会関係者も参加、大阪市立大学学長もスピーチされ運動の様相は広がりを見せているが、具体的な進展には至っていない。また不幸にも踏切事故死された女性への黙祷も行われ、度重なる踏切事故を無くすためにも運動の進展を熱く語る集会となった。
市立大学教授でもあった北野先生は大学の障害者受けれの観点から、福祉のまちづくり学会からは新田先生がバリアフリー新法との関係からの話を、市立大学大学院教授の法学的観点からの踏切問題への発想の転換提起など興味深い内容であった。
駅の東西連合町会から渡邊会長と北村副会長が、副代表の田畑教授は事故死された女性の追悼と踏切解消の必要性など、夫々熱い思いを語られ、村田代表からはJRや大阪市との交渉経緯報告があった。
1年経過し問題点ははっきりし、誰が何をしなければならないかが明らかになり、根本的な問題解決には連続立体高架しかないが、その実現までの2~30年間への非常に現実的なプランを提示しているのであるから、大阪市とJRが解決への糸口へ応える義務があり、歩み寄りが待たれる。
c0167961_18294036.jpgc0167961_1830428.jpgc0167961_1831358.jpgc0167961_1833759.jpgc0167961_18333390.jpgc0167961_18334876.jpg
「第3回JR杉本町駅舎と踏み切り問題シンポジウム」プログラム
■日時 2009年12月4日(金) 17:30〜20:00
■場所 大阪市立大学学術情報総合センター 10階大会議室
■第0部
●司会 福田 常男(大阪市立大学大学院工学研究科准教授)
17:00 お茶とサンドウィッチと毎日放送のビデオその他
17:30 市民講座「東口の会の提案する駅舎デザインとそのこころ」
……宮本 佳明(大阪市立大学大学院工学研究科&都市研究プラザ教授)
●総合司会 西川 禎一(大阪市立大学大学院生活科学研究科教授)
18:00 2009.10.8の事故の女性のご冥福を祈り黙祷
18:05 金児 曉嗣(大阪市立大学学長)挨拶
■第1部
●司会 鳥屋 利治(大阪頸髄損傷者連絡会事務局長)
18:10 「ついに起きた重大事故」
……田畑 理一(大阪市立大学大学院経済学研究科教授)
18:20 「地元住民の声——もう待てません——」
……奥井 史朗(山之内連合町会長)/渡邉 重夫(依羅連合町会長)
■第2部
●司会 宮本佳明(大阪市立大学工学研究科&都市研究プラザ教授)
18:25 「今までの経緯——皆の力でもうひと踏ん張り——」
……村田 惠三(大阪市立大学大学院理学研究科教授)
18:55 「発想の転換を——パラダイム転換とまでは言わないが——」
……平 覚(大阪市立大学大学院法学研究科教授)
19:10 休憩
■第3部
●司会 石田 義典(中部障害者解放センター事務局長)
19:20 「杉本町駅問題と障害者が教育を受ける権利」
……北野 誠一(関西地域支援研究機構代表)
19:40 「交通バリアフリーの成果とJR杉本町駅」(仮題)
……新田 保次(大阪大学大学院工学研究科教授)
■閉会の辞 西川 禎一(大阪市立大学大学院生活科学研究科教授)
主催 ●「JR杉本町駅東口設置推進の会」 代表 村田 惠三
by yamana-4 | 2009-12-10 18:37 | JR杉本町駅問題 | Trackback | Comments(0)