カテゴリ:旅行・船( 10 )

マリンゲート塩釜と松島遊覧船2

◉日本三景松島遊覧船
 塩釜港マリンゲート〜松島桟橋まで約1時間たっぷり楽しめます。
 松島は車いすで上陸でき水族館などへも行けますが、
 仙石線松島海岸駅は階段しかなく乗れないので、塩釜への遊覧船の
 時間を確認しておかないと帰れなくなります。

c0167961_216419.jpgc0167961_2172018.jpgc0167961_218761.jpgc0167961_220389.jpgc0167961_2193992.jpgc0167961_2202988.jpgc0167961_2205336.jpgc0167961_2211464.jpgc0167961_2213072.jpgc0167961_2214644.jpgc0167961_222018.jpgc0167961_2221824.jpg
by yamana-4 | 2013-01-14 02:23 | 旅行・船 | Trackback | Comments(0)

マリンゲート塩釜と松島遊覧船1

◉松島遊覧船はバリアフリーでした!
塩釜港を見に行って見ようと港の方に行くと"マリンゲート塩釜"という
立派な複合観光施設がありました。(車いすトイレも2カ所あり)
1Fは美味しそうな寿司や丼の店や水産物、塩釜おみやげ店などと遊覧船乗船案内と待ち合い
2Fはレストラン、屋上は360度の展望階
ちょうど15時発最終便の松島遊覧船の案内アナウンスがあったので、取りあえず確認。
「車いすで乗船出来る? 所要時間は?」ー(1時間くらい)
「最終便ということですが塩釜に帰ってくる?」ー(松島から折り返します)
夕方に仙台に帰らなくてはならないのと、松島海岸駅はバリアフリー化されていなくて
乗車できないので下手をすると帰れなくなるから。
大丈夫と分って松島港まで往復することにしました。
マリンゲートから桟橋へはスロープがあり、浮き桟橋へは鉄製の渡り板が掛かっていて
全体がバリアフリーになっており、車いす乗船は問題無しでした。
★松島遊覧:丸文松島汽船(一般的コース¥1400 障害者半額割引あり)
http://www.marubun-kisen.com/home.html

c0167961_13191438.jpgc0167961_13193023.jpgc0167961_1320198.jpgc0167961_13215350.jpgc0167961_13222176.jpgc0167961_1323222.jpgc0167961_13241455.jpgc0167961_13243321.jpgc0167961_1325308.jpgc0167961_1326250.jpgc0167961_13261740.jpg
c0167961_13265087.jpg
by yamana-4 | 2013-01-08 13:35 | 旅行・船 | Trackback | Comments(0)

高松は駅と島々へのフェリーや高速船のりばが一体整備されている。

◉JR高松駅とバスターミナル、周辺施設と瀬戸内の島々への船のりばが
一体整備され、大掛かりなペデストリアンデッキで結ばれています。
大型客船はバリアフリー法の移動円滑化基準の対象なので、車いすでも基本的に乗船できます。
香川県には小豆島や直島などの島があり、高松とのフェリーや高速船が多数運行されています。
小豆島経由で姫路への高速船もあり、車いすで行くことも可能です。
岡山の宇野行きフェリーのりばが一番右手で、左側の浮き桟橋が高速船や小型フェリーのりば、
小豆島オリーブライン大型フェリーのりばと続き、左端が2万トン級の大型船が接岸出来る埠頭で、
さらにその先がヨットハーバー、漁港へと続いています。
また、神戸行きジャンボフェリーのりばは、バスで行くような離れた場所にあります。

c0167961_1422719.jpgc0167961_2555722.jpgc0167961_1423543.jpgc0167961_14232341.jpgc0167961_14234590.jpgc0167961_1423599.jpgc0167961_14243830.jpgc0167961_1425261.jpgc0167961_14252340.jpgc0167961_14253987.jpg
by yamana-4 | 2012-12-14 14:26 | 旅行・船 | Trackback | Comments(1)

和歌山港〜徳島港を2時間で結ぶ南海フェリー、車いす乗船も大丈夫!

◉明石架橋で大阪天保山埠頭〜鳴門港への高速船が廃止になり、
大阪〜徳島間のアクセスがかえって不便になりました。
同様に洲本行き高速船も、高知〜大阪南港間の大型フェリーも廃止されました。
瀬戸内海の本四架橋沿いの島々や四国との交通が、車か高速バスに取って代わり
高速バスに乗車できない車いすの使用者はとても不便になっているのです。
和歌山港〜徳島港にはもともと南海汽船の航路があり、南海電車特急と接続されていましたが
大阪〜鳴門間の高速船ができてからフェリーに変わっていたのです。
この度徳島に行くためにこのフェリーを利用してみましたが、南海電車和歌山港駅の
エレベーターが無くて危険な階段昇降機(チェアメイト)使用さえ我慢すれば、
車いす使用者にとって徳島へのただ一つのアクセス経路となります。
(和歌山市内からの車いす乗車できるバスを利用すれば、エレベーターで乗船口に上がれ、
徳島港ではJR徳島駅行きノンステップバスが連絡しています。)
大型フェリーはバリアフリー法のバリアフリー義務化対象となっているので原則的に、
乗降や船内はバリアフリーとなっていて、車いすトイレも設置されています。

★南海フェリー/車無し乗船料2,000円、南海電車と通しで乗車券購入でき障害者半額割引も適用される
http://www.nankai-ferry.co.jp/

c0167961_931647.jpgc0167961_931274.jpgc0167961_9314582.jpgc0167961_932858.jpgc0167961_932259.jpgc0167961_9325123.jpgc0167961_933574.jpgc0167961_9332685.jpgc0167961_9345640.jpgc0167961_933531.jpg
by yamana-4 | 2012-11-24 09:40 | 旅行・船 | Trackback | Comments(0)

車いすで淡路島に行くには明石から

◉大阪から車いすで淡路島に行くのは難しくなりました!
天保山からの洲本行き高速船が廃止されてからはバスしかなくなり、徳島に行くのはもっと難しくなっています。
しかし、明石から淡路島の岩屋港行きは、鉄道駅から10分以内で行ける「高速船とフェリー」があり、
どちらも車いすでの利用ができます。


「淡路ジェノバライン」明石港〜岩屋港/13分
明石駅西口から海の方へ真っすぐ進むと、高速船のりばに行き当たります。
バリアフリー船もあるようですが、自力で乗降でき、岩屋港はバスターミナルに接続しています。
淡路島島内の路線バスがどの程度車いす乗車ができるか未調査です。
・身障者割引:片道230円 往復460円 / 1時間に2〜3便
「たこフェリー」明石港〜岩屋港/20〜25分
2船就航の内”大きなタコの絵が描かれている「あさしお丸」にはエレベータがあり、上階の乗客デッキに上がれます。
(もう1船の「のりたい号」は車両デッキ乗船になる)
岩屋港で下船せずにグルット廻ってくる周遊コースもあり、明石海峡の景色を楽しむのはフェリーの方が向いています。
・身障者割引:380円 介助者1名まで同料金(車無し乗船の場合)
 /1時間に1便/問い合せ電話078-911-2872

◉明石海峡大橋が開通してから、淡路島や徳島方面への船便が廃止され高速バスが多く運行されるようになったが、
車いすスペースのある車両の運行はなく、車いす使用者にはすごく不便になりました。
佐野港-津名港:南海淡路ライン(大阪湾フェリー)もありますが、乗りばへのアクセスを考えると明石ルートしかない。

c0167961_11333548.jpgc0167961_11335453.jpgc0167961_11341956.jpgc0167961_11344025.jpgc0167961_1134566.jpgc0167961_11353351.jpgc0167961_11372182.jpgc0167961_11373428.jpgc0167961_1137588.jpgc0167961_11381458.jpgc0167961_11383723.jpgc0167961_11385168.jpg
by yamana-4 | 2010-06-10 11:42 | 旅行・船 | Trackback | Comments(1)

神戸空港〜関空を30分で結ぶ双胴高速船「ベイシャトル」

◉船内段差が全くないバリアフリー船には「車いす座席6」と
電動車いすが3〜4台置ける「車いすスペース」があり
「車いすトイレ」も設置されている!

<写真は神戸空港から関空へ、上が神戸空港、下が関空岸壁と関空シャトルバス>
c0167961_19231878.jpgc0167961_1924198.jpgc0167961_1925113.jpgc0167961_19252969.jpgc0167961_1926351.jpgc0167961_19263542.jpgc0167961_19265151.jpgc0167961_19274516.jpgc0167961_19281723.jpgc0167961_19283851.jpgc0167961_19291266.jpgc0167961_19293258.jpg
神戸空港からJALが撤退するので、まだ乗船していない「ベイシャトル」も危ないかなと思って、今の内と乗りに行ってきました。

神戸空港から乗船場までは歩いても行ける距離だが、1ステップ・スロープ付きシャトルバスも運行されている。ターミナル待合いから乗船岸壁には階段があり、車いすはかなり長いスロープ迂回に。
船内は完全にフラットで、車いすから移乗する座席と車いすスペースがあり、船内後方に十分広い車いすトイレがあった。
(オストメイト対応はなし、車いすスペースは利用者がいない時は、台をおいてトランクスペースとして利用)
関空までの所用時間は約30分、高速船なので少し波があると揺れるので車いすは走行中は注意する必要がありです。

関空側岸壁から空港ターミナルまではシャトルバス移動。
ノンステップ・スロープ付きバスは、中央部ドア部分に跳ね上げベンチシート車いすスペースがあり、利用しやすい。バスの前方はトランクスペースと立ち席、後方が一般用座席になっている。空港リムジンバスがこの仕様だったら、車いすでも問題なく乗車できるのに! 運行は南海バス。

関空から神戸へは断然早く便利で、外国人観光客の利用もケッコウあるようでしばらくは廃止の心配はないよう?

・大人料金 片道¥1500 往復¥2700、65才以上シルバー割引¥1200
・障害者割引 半額 ・日帰り往復¥1000
 終日1時間間隔で運行
by yamana-4 | 2010-04-06 18:40 | 旅行・船 | Trackback | Comments(0)

函館レポート6

◉ベイエリアと湾内クルーズ船c0167961_13113399.jpg
ベイエリア一帯は、テッペイ石舗装で一部は車道さえ同じ舗装になっていて車いすは大変! 地元の車いすの方も指摘していたが、公園もバリアフリー法対象地域となっていることを念頭に、今後の整備を行って欲しい。c0167961_13124189.jpg













・湾内クルーズ船:工夫された乗船装置が作られ車いすでもOK、
ちょっと苦しいが。東京湾などの「手摺付きスロープ」の長い装置の方が乗降し易いと思うが、
この手作りっぽい装置の方が費用が安くつくのだろうか?
船内は2階のラウンジデッキには上がれず、トイレも隔壁のある狭いものだけ。(料金は障害者割引で半額)
函館ドックの巨大ゲートクレーンは役割を終えて取り壊されるとか、函館名物が一つ無くなる。北海道には梅雨が無いと聞いたいたが、12日の夜から雨になりとにかく寒かった! 海に出る時は晴れていないとツマラナイ。

c0167961_13511687.jpgc0167961_1351364.jpgc0167961_1352245.jpgc0167961_1352348.jpgc0167961_13525171.jpgc0167961_135629.jpgc0167961_13583060.jpgc0167961_145043.jpg
by yamana-4 | 2009-06-23 14:17 | 旅行・船 | Trackback | Comments(0)

ハンドル形電動車イスで行った新潟5 

◉水上バスと佐渡汽船
信濃川を運行する船は2社あり「ふるさと村〜みなとぴあ」間のシャトル便と周遊便やチャーター便などとして利用出来る。ただし船内へ入るのにはどの船も階段があり、車イスはデッキ乗船となる。(障害者半額割引あり)
c0167961_3465568.jpg・市民株主制の「信濃川ウォーターシャトル」
水上バスシャトル便やチャーター便
・マリン商事
休日は水上バス.シャトル便/平日はみなと遊覧クルーズなど

大会事務局の方に水上バスは車イスでも乗船出来るか問合せをしていただき、OKとのこと。国内は各地で大雨なのに新潟だけピカピカ天気の日曜日「朱鷺メッセ〜ふるさと村」往復乗船。
地元車イス利用者の山崎さん、DPIの今福さんを誘って乗船しようとしたら、他の参加者の方々も多数ご一緒になり賑やかな水上バス乗船体験になった。
船着き場の中には岸壁に段差や手すりがあって乗降できない所があり、客室係員に質問すると「そのような船着き場の車イス乗船はお断りしています」アッサリした答えだった!
客船もバリアフリー法の適用対象になり乗船できる船が多くなったが、まだまだ不完全で対応が遅れているようだ。東京は乗船できる船が多いが、大阪は天満橋「八軒家船着き場」などバリアフリー整備された乗船場が増えても、船の設備が車イス乗船に不備で「ほとんど乗船できない水の都」となっている。

◉佐渡汽船は車イス乗船OK
佐渡汽船は新潟県の資本参画のもと半官半民で設立された日本最初の第三セクター企業。現在も新潟県が資本金の39.2%を出資している。ほかの出資企業には新潟県内の主要企業である新潟交通、第四銀行なども加わっている。現在、佐渡汽船は両津航路(新潟~両津)、小木航路(直江津~小木)、両泊航路(りょうどまり・寺泊~赤泊)の3航路を運航し、4隻のカーフェリーと、3隻のウォータージェット推進式全没型水中翼(ジェットフォイル)1隻の高速船を就航させている。
HPには車イス乗船に関する記述はなく、ペット乗船の項に「介助犬について」の説明のみがある。
乗船場でジェットフォイルのオフィサーに尋ねると「どのような車イスでも乗船していただきます。段差があるので船の車イスに移乗してもらい座席まで運び、お客様の車イスは別に運びます。ジェットフォイルはシートベルト装着が義務付けられているので、座席移乗が必要なので」との答え。
とにかく乗せるとの姿勢が嬉しかった!
佐渡汽船への乗場は駐車場ビルへの通路からか、乗場ビル入口から、いづれもEVが設置されている。日帰りも可能なので滞在中に佐渡へ行きたかったが、時間的にゆとりがなかったので断念。国内大型フェリーと韓国国際フェリーを比べてみたかったのだが。c0167961_684155.jpg

上4点は
佐渡汽船HPより

待ち合い
連絡通路と
EV
トイレは新しく
レベルが高い
by yamana-4 | 2008-09-06 04:22 | 旅行・船 | Trackback | Comments(0)

大阪南港〜釜山、国際フェリー介助者なし乗船記

◉ゆったり行ける釜山への船旅、一人旅でも大丈夫!
釜山行きの大型フェリーは、大阪南港の国際フェリーターミナルからも就航しています。2隻の大型船を使い、南港と釜山国際フェリーターミナルから毎日16時出航、翌朝10時入港で運行されています。(季節による)
船室によっては利用しにくかったり、船内通路は大型電動車イスでは問題があるかも分かりません。また、出国や入国手続きで電動車イスの乗客を想定していない場面もありますが、運行船会社もイミグレーション手続きの係官も親切な対応で、私の場合はあまり問題はありませんでした。
船は韓国の船会社なので、多少のことはと言うよりかなり問題が起っても融通を利かせて「何とかしてしまう精神」が旺盛です。
船内は日本円OK、日本人乗客掛かり員もいるし韓国人アテンダントは日本語が達者です。
c0167961_1716552.jpgc0167961_17164490.jpgc0167961_1814684.jpgc0167961_182436.jpg
by yamana-4 | 2008-08-09 17:17 | 旅行・船 | Trackback | Comments(0)

爽やか海の風、車イスで乗船できるお台場クルージング

◉気軽に乗船にできる 芝浦〜お台場〜豊洲 クルーズ「アーバンランチ」
車イスで入れるトイレも付いています!
東京には車イスで乗船できる遊覧船があると聞いていましたが、先日連れていってもらいました。海の風に当たるって気持ちがいいですね。
男の子は何歳になっても船に乗るってワクワクするのです!
乗船の仕組みは良くできていて、ほとんどの船で使えるのではないでしょうか。中部国際空港から三重県各港に出ている船も、良くできたアリアフリー船ですが。大阪の水上バスはどうして車イスの乗船が難しいのでしょうか?他に車イスで自力乗船できる船があったら、情報をお寄せください。
アーバンランチ:詳しくは
http://www.urbanlaunch.net/about/index.html
c0167961_12303543.jpgc0167961_1204023.jpgc0167961_1214452.jpgc0167961_12335560.jpgc0167961_12214619.jpgc0167961_12293643.jpgc0167961_12564064.jpgc0167961_12581637.jpgc0167961_12593687.jpg
by yamana-4 | 2008-08-09 13:22 | 旅行・船 | Trackback | Comments(0)