2013年 11月 29日 ( 3 )

台北交通事情レポート19 <台北市の歩道状況2バス停と問題歩道>

◉台北市の歩道バス停は、ほぼ問題ないようでした。
代表的な道路環境のバス停を挙げておきます。
歩道整備は境界部、横断歩道、点字ブロックの敷設、舗装材など
いろいろ問題が見受けられました。
また、アーケードは屋根があり、滑らかな路面など良い面の方が多いのですが
敷地境界部に段差ができるのをスロープにしてある所が多くても、
長いスロープは作り難いので、急傾斜で通れない所もありました。
アーケードに付随して作られている歩道は、変電施設が据え付けられていたり
狭くて通り難かったり、補助的な役割しか果たしていないようでした。

c0167961_18232043.jpgc0167961_18233399.jpgc0167961_18234825.jpgc0167961_1824328.jpgc0167961_18251852.jpgc0167961_18253978.jpgc0167961_18255145.jpgc0167961_1826411.jpg
by yamana-4 | 2013-11-29 18:27 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)

台北交通事情レポート18 <台北市の歩道状況1>

◉日本より進んでいる台北市の交通環境整備で、残念ながら
最も遅れているのは歩道整備であり、交通局が一体的に整備すると聞きましたが、
これだけは日本の整備状況の方が格段に進んでいます。
台北市の歩道はいつかのタイプに分類され
1、大きな道路で良く整備された歩道 2、歩道整備されているが古くて問題がある歩道
3、下町や商業地区で民地のアーケードと並列に作られている歩道 
などの3種類に大きく分けられます。
問題はいろいろありますが、歩道境界部の整備と横断歩道、アーケードの境界段差とバイク駐輪
などが目につきましたが、歩道整備に一体性がなく場所毎に色んな整備がされていることが
一番の問題のように感じました。
兵庫県方式などの進んだ歩道整備を取り入れて、歩道整備でも追い越して欲しいものです。

c0167961_1756232.jpgc0167961_1757530.jpgc0167961_1757415.jpgc0167961_17575720.jpgc0167961_1758352.jpgc0167961_17591171.jpgc0167961_17595155.jpgc0167961_1802929.jpg
by yamana-4 | 2013-11-29 18:00 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)

台北交通事情レポート17 <猫空ロープウェィはお薦め>

◉MRTブラウンラインの終点"動物園駅"から直ぐの"猫空ロープウェィ"は
全長4,033mもあり、海抜299.3mまで昇る凄いロープウェィです。
乗降口は段差・隙間解消され車イスもベビーカーもOK、
料金は30元と格安で、障害者・高齢者割引、優先搭乗あり。
車イスユーザーの単身搭乗も全く問題無い上に、
駅には電動車イス用充電コンセントまであり、すごく親切です。
直角に曲がったり、支柱を過ぎる時は大きく揺れたり、一気に100m近く
急上昇したりでスリル満点、風が強く当たる所では横揺れしたりするので、
要注意です。

★詳しくは台北ナビを
http://www.taipeinavi.com/miru/127/

c0167961_13525554.jpgc0167961_1353897.jpgc0167961_13533443.jpgc0167961_1354384.jpgc0167961_13542238.jpgc0167961_13544082.jpgc0167961_1355037.jpgc0167961_13551558.jpg
by yamana-4 | 2013-11-29 13:56 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)