2013年 05月 03日 ( 1 )

地域の中学校の福祉体験授業のためのパワポ

◉地域の中学校では総合教育の授業時間が減らされたけど
福祉体験授業など体験型の授業を減らさずにがんばっています。
今年も福祉体験授業の講師依頼があり、二人の車いす使用者が1時間づつ話せる時間を
もらい、地域へ出ての車いす体験も、振り返り授業にも付き合います。
一人が障害者とはどういうものかを、自分の体験を中心に話し、
私は人が普通に生活するためには「移動の自由が必要」であり「車いすは自分で移動
するための移動の道具であり、街が車いすで移動することにどうなっているか?
などを考えてみよう」といった話しをします。
参考のパワーポイントを作りました。


c0167961_177325.jpgc0167961_1781671.jpgc0167961_1775058.jpgc0167961_17164684.jpgc0167961_17172474.jpgc0167961_17174849.jpgc0167961_17181191.jpgc0167961_17182931.jpgc0167961_17184769.jpgc0167961_1719023.jpgc0167961_17191958.jpgc0167961_17195159.jpgc0167961_1720789.jpgc0167961_17202087.jpgc0167961_17203444.jpgc0167961_17204717.jpgc0167961_1721180.jpgc0167961_17211329.jpgc0167961_1721291.jpgc0167961_17214534.jpgc0167961_1722153.jpgc0167961_17222063.jpg
by yamana-4 | 2013-05-03 17:23 | 教育 | Trackback | Comments(0)