2010年 12月 20日 ( 1 )

ジュンさん乗車拒否、JR東海の時代錯誤的な乗車拒否メンタリティーへの考察と大学生の意見

◉ジュンさんの京都行きを阻止し、ハンドル形電動車いすの乗車拒否を続けるメンタリティーは
なかなか理解できませんが、作家の石田衣良氏が週刊誌の対談で述べられている視点で見ると、
「JR東海」という企業が、どうしてハンドル形電動車いすを頑に認めず拒否するようなことを続けるのか、
時代錯誤であることに気付けないのか、何となく理由の一端が分かるような気がします。

「JR東海は大人になれていない」まだ高度成長期のまっただ中で、周囲のことを気遣うことができない
状態にある! 6兆円も掛かる超高速リニア鉄道を、自己資金でまかなえるスーパー企業は「技術」にしか
価値を認めない、バランスを欠く幼い青少年なのだ??
鉄道事業はサービスを提供する仕事ではなく、技術第1の仕事と考えている。
要するにJR東海は「お金をすごく稼ぐ子ども」なのだ!


作家・石田衣良 氏が対談で以下のようなことを述べています。
<週刊文春 (12月16日号)「 阿川佐和子のこの人に会いたい」より抜粋>
石田「バブルが終わって二十年経って、ようやく日本人は、日本の青春が終わっていたことに気づいた。
   となるとこれから日本はどんな形の大人になるんだろう?
   それを次の十年、二十年で書ければいいなあと思っています。」
  「今日本は不景気で、お金がないと楽しくない国ですけど、でも楽しい国だってあるはずなんです。」
阿川「じゃあ、若者にどう生きていけばいいとアドバイスなさいますか。」 
石田「『自分の周囲にいる人を幸せにする』それを目指すことだと思いますね。
   その中にはワーク・ライフ・バランスも含まれるんだけど、日本は周囲の人間を
   幸せにしない形で成長してきた。そこを変える、というか、原点に戻すことでしょう。」

(12月10日、大阪市立大学人権フェステバルで講演、ジュンさんのことを絡めて話し、
 約300名の聴講学生の感想文をもらいました。以下に少し紹介)
★聴講学生の感想文抜粋

・乗車拒否の話を聞いて驚きました。合理的な理由も無いのに車いすを乗せないJRの態度と、
 自分がそのようなことを知らなかったということの両方へです。
 車いすがどのような形をしていようが、電車に乗って移動する権利があることは明らかです。
 また、現状を全く知らなかったことを恥ずかしいと思いました。
 報道されていたのに関心を持っていなかったということに。(生活科学部1回生女子)
・車いす利用者と乗車の関係に、語られたような問題があるとは気付いていませんでした。バリアフリーを目指し
 た駅の改善もここ数年増加してきたように感じます。しかし、乗車可能な車いすの種類を拡大する等の立法・行政
 を介した解決を図るべき問題もあるのだと、講演を拝聴して痛切に思いました。(法学部2回生男子)

・人によって使い易い車いすは異なるのに、乗せる側が種類を指定するなんて、認められるべきでないと思います。
 日本だけで通用する「常識」から抜け出すべきだと思います。(生活科学部2回生女子)
・規則を裏手に取って乗車拒否をするなんてJRの社員一人一人は、本当におかしいと考えていないのだろうかと
 不思議に思いました。(商学部2回生男子)

・”常識的に考えて無茶苦茶やろ”ということが日常的に行われていることが、とても腹立たしく悲しいと思います。
 そういった点をもっとツメて改訂していくべきだし、それは義務だと思います。(理学部2回生男子)
・日本で、しかも公共交通機関でそのような配慮の無い扱いを受けることが信じられません。
 ”しようと思えば出来るのに、やらないのは差別”その通りだと思います。(経済学部2回生女子)

・乗車拒否は明らかに人権を侵害しているのでは無いだろうか。なぜJRはこれほど対応が悪いのかと疑問に思う。
 国が指導したり、法律を作っていく必要があるが、大切なのは私たちが、もっと強い関心を示し手助けできる
 ことは、行っていくことだと思う。(医学部2回生男子) 

c0167961_12503682.jpg★大阪市立大学大学院教授の村田先生は、
 次のようにコメントを寄せられました。

「常識的にみて理解できないことは、
 国際的にみても理解できません。
 現在のように一人も許さないというのは
 道理が通りません。
 これは基本的人権を保障した憲法にも
 抵触する恥ずべき行為です。」

★12/20ツイッターtetsuko583さん:
「ハンドル型車椅子乗車拒否」「来日女性旅行を断念」
「州知事らに問題を知らせる手紙を出すと話している」
 東京新聞今朝の記事から。
 JR東海の拒否、技術と収益しか考えていない会社って
 言われても仕方ないよ。
by yamana-4 | 2010-12-20 12:58 | ハンドル形電動車いす | Trackback | Comments(0)