2010年 11月 29日 ( 1 )

市街地高層住宅の火災ーー火事だけは起こさないと注意したい!

◉火災、複合ビルで煙吸い2人治療-大阪・中央区26日午後5時50分ごろ、
大阪市中央区谷町7の複合ビル(9階建て)の6階の一室から出火、同室約40平方メートルと7階の一室の
ベランダを焼き、約40分後に消し止められた。
この火事でこの部屋に住む男性(57)と同居の息子(16)が煙を吸い、病院に搬送されて治療を受けている。
府警南署が出火原因を調べている。同署によると、2人は出火当時、部屋におり、
室内の電気ストーブから突然出火したという。現場は空堀商店街に近く、谷町筋に面したビルが建ち並ぶ地域。
(毎日大阪地方版11/27より)

◉地下鉄のエレベーターを上がったら消防自動車が一杯でビックリ!
火災現場は、全国の地下鉄バリアフリー情報「駅ペディア」を作っているNPO「街の案内推進ネット」の事務所が
あり、代表者のOさんが住んでいる市街地再開発ビルで、3階までが事務所、4階〜9階がマンションになっています。
消防自動車は一杯きていましたが、なかなか放水が始まらず凄い勢いで炎が吹き出していました。
消火栓は近くにあるのですが、3階までの事務所階の上にあるマンション部分がセットバックして建てられていて、
はしご車の放水銃を向けるのに手間取ったのでしょうか? 放水が始まってもベランダ側壁がコンクリートで
中まで届きにくかったせいか、なかなか火は消えず何か爆発する音も数回聞こえました。
一度消えたように見え、上階に放水を移している間に再度火が噴き出したりでしたが、もう一台のシュノーケル車
は放水することなく、はしご車1台だけの放水で鎮火しました。

Oさんの事務所などはビルの反対側だったので、何も被害はなく一安心でしたが、歳末を控えて焼けたお家の方は
本当にお気のどくでした。しかし煙を吸っただけで済んで何よりでした。
この界隈には新しい高層マンションが多く、火災が起きたらどうなるのか心配でしたが、
・6階でも消火に手間取る
・一旦出火したら凄い勢いで燃える
・上階は類焼するが両隣は炎が遮断される など分かりましたが、下の放水による浸水はどうなのでしょう?
ビルの構造や防火設備などによってもかなり違うと思いますが、火事はやはり怖いですね。
火を出さない日頃の注意が大切と改めて思いました。
(このビルは1960年後半の建築で、防火基準などが新しい建築物と違っているとは思いますが)

c0167961_343923.jpgc0167961_3411143.jpgc0167961_3405972.jpgc0167961_3404752.jpgc0167961_3422744.jpgc0167961_3441668.jpg
(このようなことを掲載するのはためらいがありましたが、火災に対して注意してもらいたいと敢えて掲載しました。
 ご理解ください。)
by yamana-4 | 2010-11-29 03:50 | 防災 | Trackback | Comments(0)