2009年 09月 09日 ( 3 )

車いすで行った札幌(5)「モエレ沼公園」イサム・ノグチ

◉イサム・ノグチのモエレ沼公園は展望回廊から眺めるだけだったが

c0167961_2226059.jpgc0167961_22261679.jpgc0167961_22265643.jpgc0167961_22243938.jpgc0167961_22253288.jpgc0167961_22283424.jpgc0167961_22285443.jpgc0167961_22291545.jpgc0167961_22293226.jpgc0167961_22295775.jpgc0167961_22301638.jpgc0167961_22303287.jpgc0167961_2231632.jpgc0167961_22311835.jpg

苦労してバスで行った快晴のモエレ沼公園は素晴らしかった。
広大で高低差がありすぎて、小型電動車いすではバッテリーが
持たなくて園内を廻ることはムリだった。
レンタル自転車に電動三輪バイクとか電動カートがあればと思っても、
公園内では許されませんかね!
でも、ガラスのピラミッドの屋上展望回廊から眺めるだけでも満足だった。
トイレサインが面白かったので、まとめて出しておきます。
最後の写真は、中学美術教科書の掲載ページ
(ボランティア制作している拡大教科書より)

★モエレ沼公園公式サイトには園内の写真がしっかり掲載されています。
http://www.sapporopark.or.jp/moere/index.php/
by yamana-4 | 2009-09-09 22:36 | 建築・美術館・博物館 | Trackback | Comments(0)

車いすで行った札幌(4)

◉札幌在住者には「バスはね、、」と言われたが
「もっと乗らないとモッタイナイ」のでは?

c0167961_14591272.jpgc0167961_14592976.jpgc0167961_14595784.jpgc0167961_1501294.jpgc0167961_1503475.jpgc0167961_1505078.jpgc0167961_1511118.jpgc0167961_1513351.jpg札幌市内のバス路線はかなり充実していて、JRバスも北海道中央バスも市街中心部は100円均一区間を設けている。スロープ付きバスはかなり多く運行されいて、特にJRバスは時刻表表示され80%くらい車いす乗車が出来るようだった。大きなバスターミナルは「JR札幌駅」「大通り」など。
事前に聞いていたのと違って、バス停で来たバスに普通に車いす乗車が出来た。ただ、スロープ板の引出しセットのやり方が分からない運転手が多く、あまり利用されていないような印象を受けた。

モエレ沼公園に行きたかったので、北海道中央バスに「車いすで乗れるバス」を問い合わせると、当日9時過ぎに電話したにも関わらず「12時15分大通りバスセンター発をスロープ付き車体で手するので、地下乗場から乗車してください」と言ってくれた。

行ってみるとエレベータが無く、地上から乗場に行く方法がなかった!
地下鉄大通り駅から行けるので、地下鉄職員に聞いてくれと聞いていたので大通り駅駅務室で聞いたところ「途中に階段があっていけません」!!
事情が良く分からないので、手配したくれたバス会社職員と地下鉄駅員とで相談してもらい、地下からスロープを出た付近の歩道で乗せてもらうことになった。場所が分からないので地下鉄駅員さんに「済みませんが案内して頂けませんか」と頼むと快く引き受けて頂いた。

指定場所まで地下鉄駅員さんに送って頂いたら、バス会社職員も車で駆けつけてくれ無事乗車出来た。
他社のバス乗車で業務外のことなのに少しも嫌がらずに、乗れるまで面倒見て頂いた札幌市営地下鉄駅員さん、本当に有難うございました。
それにしても、バス会社の職員が「車いすで地下乗場に行けないと知らなかった」ことが大騒ぎの原因だったが、当日すぐにスロープ付きバスを手配してくれ、バス停以外で乗車させる融通の利かせ方は、他所では考えられない。
札幌の人達のホスピタリテーには感激だった。
帰りのバス手配もしてもらい、やはりバス停でない所で降ろしてもらった。

函館や帯広でも、事前にスロープ付きバスを予約すると簡単に手配してくれる感じだったが、北海道では「車いすでバスに乗るのは予約する」のが常識なのだろうか?
寒冷期に何時来るか分からないバスを待つことは、出来ないということなのかな?
いずれにしても、北海道の車いす使用者は「日常的にバスに乗る」文化がまだ無いようなのはモッタイナイことではありませんか。
札幌は乗れるバスがすごく多いのに!

市内観光バスは、
JR北海道バスが「ぶらりサッポロ観光バス」というレトロバスを、
北海道中央バスが「さっぽろ散策バス」を運行しているが車いす対応バスでは無いようだった。仙台のようにレトロバスでも車いすが乗れると良いのだが、、。これも頼んだらスロープ付きバスを手配してくれるかも?

北海道中央バスの
幅広ドア2段ステップ車と
引出しスロープ付き1ステップバスの比較、
ワンステップバス車内は
全体が段差の無いノンステップ状態だった。
by yamana-4 | 2009-09-09 16:31 | バス・市電 | Trackback | Comments(0)

車いすで行った札幌(3)

◉何か配慮の感じられる札幌市営地下鉄のサインと多機能トイレ
c0167961_1173367.jpgc0167961_1182296.jpgc0167961_11835100.jpgc0167961_1184990.jpgc0167961_119684.jpgc0167961_1191712.jpgc0167961_1194835.jpgc0167961_120039.jpgc0167961_1201887.jpgc0167961_1203521.jpgc0167961_1205086.jpgc0167961_1214772.jpg札幌市営地下鉄のサインは、床面の誘導サインが具体的で「どちらに行けば良いか」を分かり易く示している点が優れている。壁付け・つり下げサインも改札正面にエレベータ表示があったりして、分かり易い。
ただ、製作年度が古いせいか、文字が小さいのが惜しまれるし、ピクト主体でなく文字情報と言うより文章で伝えようとしていたのは、一考の余地ありと思った。
また、路線色分け表示はもう少し徹底して表示するともっと分かり易くなるのに、誘導ではデザインのレベルアップが必要か。

エレベータ案内図は、デザイン処理されていなくて具体的な方が分かり易いこともあるなと思わされた。

ホームの案内表示も簡潔で分かり易く、車内の行き先表示は大変明快で見やすかった。線路側表示はデザインの一貫性が無く、何を表示すべきかの整理が出来ていない感じがした。

改札外通路にある多機能トイレは、オストメイト対応、カーテン付き、介護者用イスなど一応整っているがベッドは設置してなかった。
一般用トイレは入口段差があり、まだ「車いすは車いすトイレ」の意識段階に作った設備を改善するところまでは至っていないようだった。

札幌はJRのサインも明快で分かり易く、交通サインについては比較的レベルが高い印象を受けた。分かり易く伝えようとする姿勢何となく感じられて、リニュアルするとどうなるか楽しみ。
by yamana-4 | 2009-09-09 02:01 | サイン | Trackback | Comments(0)