韓国の新幹線にはすごいフリースペースがある!

◉韓国の新幹線KTXに電動車イスで乗車してみました。
韓国の新幹線はフランスの高速鉄道TGVを導入して作られているので、ヨーロッパスタイル。駅は近代的なバリアフリー施設ですが、乗降口は3段ステップでホームとの隙間も信じられないほど大きい。乗降に使うスロープはまるで船のタラップみたいで、車輪付きの超大型。
しかし、車内にはいって驚いた!9座席分を外した見たこともない広いフリースペースがあった。車両の反対側には1座席分、日本の新幹線式の車イス座席が別に設けられていた。
フリースペースに対する発想がまるで違うのです。ケチな車イススペースなどとは全く異なり、何でも自由に置けるみたいなのです。もちろん大型電動車イスも4〜6台くらいは大丈夫そうです。車イスの種類による乗車制限は一切ないようで、乗務員の巡回も度々あり大変親切です。ただ、車内の通路は狭いし、トイレは電動車イスでは困りそうです。
c0167961_6141435.jpg

by yamana-4 | 2008-08-11 04:50 | 旅行・鉄道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/9421026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< いちいち降りる駅を告げずに乗り... 大阪南港〜釜山、国際フェリー介... >>