盛岡レポート3

DPI日本会議全国集会 in岩手 jun.14~15 ’08
◉便利で使い易い市内循環バス「でんでんむし」と
 近郷へのノンステップ路線バスなど

「でんでんむし」は、盛岡駅前から運行され100円均一、10分間隔、右回り、左回り2系統のワンステップバス。
岩手県交通有数の黒字路線とのことで、素晴らしい市内循環バスの成功例だそうだ。スロープは引き出して、上端を折り返す方式。ルートは市内中心部のほぼ全域をカバーし、すごく利便性が高い。
乗客の方々に話を聞いてみると、皆さん便利さに満足されていた。
ただ、車いす利用が少ないせいか、斜め停車が普通であったり、スロープのセットが不慣れだったり、跳ね上げ座席には一顧もしなかったりと、扱いに馴れていない運転手もいた。
盛岡城址前バス停では乗車の合図をしたが、無視されて通過されたりもした。私のちょっと変わったハンドル形電動車いすは、運転手さんには車いすと認識されなかったようだ!
素晴らしいバスを運行されているのだから、車いす利用を増やして、もっと馴れるようにして欲しいと思った。
c0167961_136942.jpg
c0167961_1373990.jpg盛岡駅前東側の
でんでんむしバス





駅西口バス乗場の近郷路線バス
c0167961_13113470.jpg














盛岡の交通バリアフリー活動は「CILもりおか」のホームページ
<おでんせ★CILもりおか>に詳しく掲載されている。
http://cil.55street.net/
地域的には、車が無ければ生活できない「車社会」にならざるを得ないのは仕方のないことだろう。しかし、このようなバスの車いす乗車環境が、東北地方の現実として、聞いていたよりずっと進んでいるのは、地元の皆さんの活動の成果でもあるだろうと感銘を受けた。
最も整備の遅れている歩道が通行し易くなったり、鉄道利用がもっと盛んになるよう整備されることを期待したい。
by yamana-4 | 2008-08-07 13:13 | バス・市電 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/9392312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 副都心線地下鉄13号線の案内サ... 盛岡レポート2 >>