15年標準仕様ノンステップバス

◎ノンステップバスについては、従来、バス事業者及びバスメーカーごとに異なっていた仕様の
標準化の促進による製造コストの低減及び高齢者、身体障害者、健常者がともに利用できる
ユニバーサルデザインの一層の導入等が課題となっていました。
このため国交省は、平成15年12月に「標準仕様ノンステップバス認定要領」を定め、
平成16年1月より、当該標準仕様を満たすノンステップバスについて認定を行っています。


○ノンステップバスの主な標準仕様の変更項目
http://www.mlit.go.jp/common/001096794.pdf
[1]反転式スロープの採用による車いす乗降用のスロープ設置の簡易化
[2]車いす固定の簡易化のための巻き取り式ベルト採用
[3]高齢者等の乗車性に配慮した優先席の前向き配置
[4]フリースペース(ベビーカーを折りたたまず乗車できるスペース)の設定等

仕様を変更し、一層の室内移動性、乗降利便性の向上を図ることとしました。
(詳細は別紙pdfファイルのとおり。)

○写真は阪急バスが導入した15年認定車

阪急茨木営業所車庫で撮影、フロントにベービーカーマークが付けられ、
跳ね上げ座席のスペースにも車いすマークと並んで付けられています。

c0167961_1830942.jpgc0167961_18302836.jpgc0167961_18311281.jpgc0167961_18322987.jpgc0167961_18312774.jpgc0167961_18314429.jpgc0167961_1832459.jpgc0167961_18325033.jpg
by yamana-4 | 2017-05-16 18:35 | バス・市電 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/26665332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
大阪市交通局の案内サイン&q... >>