関西から見たオリ・パラアクセス問題

◉<第3回「バリアフリー推進ワークショップin関西」
2020年に向けてバリアフリー対策の現状と関西におけるこれからの課題
4月25日>のパネルディスカッションでパネラー報告した問題点です。
開催までに解決しなくてはならない最大の問題は、
・新幹線に車いす使用者が利用しにくく、輸送のキャパがない
(在来線特急も同じ)
・ハンドル形電動車いすの乗車拒否の解決
の二つです。
キャパの問題に対しては、11合車の座席を6座席程度取り外して
自由席扱いのスペースにすることを提案します。
これはオリ・パラ開催期間中だけでも実施するよう、必要なら鉄道事業者への補助を
行ってでも、行わなくては関西への輸送は難しいでしょう。
ハンドル形の乗車については、国際的に当然のことであり、差別解消法の観点からも
他の車いすと同じ扱いをしなくては、どのような言い訳も通用しないでしょう。

c0167961_10312751.jpgc0167961_10314567.jpgc0167961_1032670.jpgc0167961_10321852.jpgc0167961_10323335.jpgc0167961_1034778.jpgc0167961_10343637.jpgc0167961_10345182.jpg
by yamana-4 | 2016-04-27 10:35 | 鉄道新線・新型車輌点検 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/25551287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ホテルのバリアフリールームの勘... 京阪神でのバリアフリーの取り組... >>