仙台市営地下鉄東西線2

◉地下鉄新線だけでなく、国内の鉄道バリアフリーでは
最高レベルの達成度で、基本18人乗エレベーターや車両とホームの段差隙間解消、
全ての改札口が幅広、多機能トイレは対象型で2ヶ所が改札外通路に、
視認性の高いサインなど、多少の問題点もあるが優れた面が多い。
今後の鉄道新線の規範となって欲しいと思いました。


c0167961_22541822.jpgc0167961_22515133.jpgc0167961_22513256.jpgc0167961_22563550.jpgc0167961_22525338.jpgc0167961_22523219.jpgc0167961_22532716.jpgc0167961_22534019.jpgc0167961_22552782.jpgc0167961_2256084.jpg
by yamana-4 | 2016-01-19 22:58 | 鉄道新線・新型車輌点検 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/25202697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フロアーサインはわかり易い! 仙台市営地下鉄東西線1 >>