JR東日本山手線E235系電車

◉掲載が遅れましたが2015年11月30日、話題の山手線新型車両の営業運転始発に大崎駅〜東京駅間乗車しました。
この車両のウリは"全車両にフリースペース"という、他の鉄道ではとっくに行われていることが、JR車両で初めて実現したこと。期待していた段差隙間解消は全く改善されておらず、がっかりでした。車両的には新しい技術が採用されているようで、加速などはスムースで静かな感じでした。
ところがこの列車は目黒駅でオーバーラン!先頭車両のドアはホーム開閉柵から外れるトラブル。東京駅で下車したので、その先のトラブルは免れましたが、いろんなトラブルが起こり大塚駅で運転打ち切りになったとか。3ヶ月以上試運転を重ねていたはずなのに、何をチェックしていたのでしょう?

c0167961_16155183.jpgc0167961_16163612.jpgc0167961_16172064.jpgc0167961_1618114.jpgc0167961_16173356.jpgc0167961_16182616.jpgc0167961_16184118.jpg
by yamana-4 | 2016-01-15 16:21 | 鉄道新線・新型車輌点検 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/25185860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 仙台市営地下鉄東西線1 新年のご挨拶 >>