ホテルのバリアフリールーム

◉最近集中的にホテルのバリアフリールームに宿泊し、良い例やカン違いの例などいろいろありましたので、紹介しておきます。

・ダイワロイネット(富山):ツインルーム1室だけで、シングルからの変更に差額料金2千円を取られました。
・ジャルシティ(那覇):シングルからの変更は無料で、とんでもなく広いツインルームでしが、バスルームとトイレがこれ以上ないと思われるような勘違い仕様でした。
・R&B(金沢、東日本橋):シングルルームのバリアフリールームで、シャワーのみ、バスタブありの2タイプ。空いていれば無料チェンジ。部屋のドアは90cm、バスルームのドアは80cm、シャワーだけの改造ルームはバスタブを取って段差なしシャワー室にした簡易的バリアフリールームでシングルルームの改造バリアフリールームでは、模範的なやり方をしているホテルだと分かりました。
(写真は順に掲載)

c0167961_17514012.jpgc0167961_17521310.jpg
c0167961_16535711.jpgc0167961_16541792.jpgc0167961_16543079.jpgc0167961_1730588.jpgc0167961_16545548.jpgc0167961_16553561.jpgc0167961_1658480.jpgc0167961_16595820.jpg
by yamana-4 | 2015-11-18 17:31 | バス・トイレ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/24954185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 専用ターミナルでとても不便にな... 富山と高岡のLRT乗車4「万葉... >>