ホテルのバリアフリールーム不足の一つの解消方

◉オリンピック・パラリンピックパラリンピックを控え、
ホテルのバリアフリールーム不足が問題になります。
先日泊まったビジネスホテルで、普通ルームを改造して
"簡易的バリアフリールーム"にしていて、
とても使い勝手が良かったので紹介します。

・バスルームの浴槽を取り払ってシャワーだけにし、
 シャワー室の床を低くして水回りを処理
・床全体が滑り止め加工し、入り口段差を無くする
・ドアは車いすが通れ、通路は回転できる寸法に広げる
これだけの改造なら普通ルームを少し改造するだけで、
あまり費用をかけずにできます。

フルスペックのバリアフリールームも必要ですが、
シャワーだけのルームを数部屋作れば、高齢者や障害者も使える人は多く、
このような部屋を全体の1割くらい作ると、
UDルーム不足はかなり改善されるでしょう。
洗面器に湯を張り、足湯にしながらシャワーを使うと快適です。


・R&Bホテルチェーン東日本橋店(1室だけ、普通シングル料金)
 ネットではシャワーだけのシャワーだけの部屋の情報は見つからず、一部の店だけのよう。
(海外のホテルはシャワーだけのルームが普通にあり、下の写真は香港のホテルの例)
・R&Bホテルチェーン金沢店はバスタブのあるタイプのバリアフリールームでした。

c0167961_14311299.jpgc0167961_14312525.jpgc0167961_14315429.jpgc0167961_14322362.jpgc0167961_14323392.jpgc0167961_1432445.jpgc0167961_14325391.jpgc0167961_17221269.jpgc0167961_17223053.jpg
by yamana-4 | 2015-10-26 14:35 | バリアフリー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/24859019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 富山と高岡のLRT乗車1「富山... 思い切った天王寺公園リニュアル... >>