東京国立近代美術館工芸館

◉東京国立近代美術館工芸館は、明治43(1910)年
近衛師団司令部庁舎として建築された、2階建煉瓦造りの重要文化財指定の建築で
車いすの入館は階段昇降機を使います。
和室も含め展示室は、東京国立近代美術館本館の設計者である谷口吉郎によって
設計されたということですが、ここまで来る入館者は少なく、落ち着いた雰囲気の
感じの良い美術館です。
展示室は2階ですが、一般用エレベーターは無いので、事務室から搬入用を使います。
多機能トイレもありますが、狭いので大型の電動車いすの人は使い難いでしょう。

・工芸館案内
http://www.momat.go.jp/CG/cg.html
c0167961_17374910.jpgc0167961_1738379.jpgc0167961_17381419.jpgc0167961_1739622.jpgc0167961_17391942.jpgc0167961_17393670.jpgc0167961_17394952.jpgc0167961_17405569.jpgc0167961_17421430.jpgc0167961_1740390.jpgc0167961_17401439.jpgc0167961_17432454.jpgc0167961_1743379.jpgc0167961_17435420.jpgc0167961_17441984.jpgc0167961_17443793.jpgc0167961_17472312.jpgc0167961_0313980.jpg
by yamana-4 | 2015-04-11 17:48 | 建築・美術館・博物館 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/23894214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< JR西日本神戸線 六甲道駅で本... 東京国立近代美術館 >>