阪急大宮駅のバリアフリー化の実態

◎阪急大宮駅はエレベーター設置が難しく階段昇降機使用駅でしたが、
バリアフリー化されたと聞いて行ってみると、無人改札であり、
梅田行きは早朝深夜は利用できず、不完全なバリアフリー化と分かりました。
改札無人化は全国の鉄道で増えていて、都会の大きな駅でも"時間帯無人化"は進んでいて、
乗降介助の必要な人には深刻な問題です。
また、昨年のバリアフリー推進大臣表彰にテレビ付きインターフォンが選ばれましたが、
これは無人化対応機器であり、極めて反バリアフリー的なものであるとも言えるでしょう。
このような機器はJRでも採用され、JR西日本では京阪神全域の管理センターが
尼崎駅一カ所に集約されていると分かりました。
段差隙間解消により、車いすでの自力乗降が出来るようにしないと乗れない駅が全国で
拡大してきています。

c0167961_11462198.jpgc0167961_11463992.jpgc0167961_1147043.jpgc0167961_11473525.jpgc0167961_11481680.jpgc0167961_11485846.jpgc0167961_11493516.jpgc0167961_1152522.jpgc0167961_11523551.jpgc0167961_1152509.jpg
by yamana-4 | 2014-07-15 11:54 | バリアフリー | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/22365098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まぐろ at 2014-07-27 22:21 x
亀レス、すみません。
我が家の娘、視覚支援学校に通ってますが、
最寄駅と 途中の乗り換え駅が殆どの時間帯が無人駅となっており、
行事などで行く際にとても困ります。
帰りはインターフォンで近くの駅員と話をするのですが、
その受話器?がちょっと高いところに…
私は体幹の障害での電動車椅子なので良いですが、
腕が上がらないなどの場合 一人では無理です。
で、インターフォンで話をしてから早くて20分は待つことに。

それと。
歩道ですが。
住んでいる自治体でも、段差の少ない歩道が増えてきて助かってます。
が、歩道工事をしたあと、一旦撤去した点字ブロックの設置が遅すぎます。
娘としたら『いつもここにあった』と思って歩いているので(弱視ですが)
歩道と道路の境界がわからず、何度か道路まで歩いてしまったことも。
また設置されても ゴムみたいなペイントのが多く、
視覚障害者にはわかりづらいです。
車椅子使用者には段差が少なくて助かりますが…
障害にかかわらず、『共存』出来るような バリアフリーにして欲しいですね。
あっそれと呼び出しのためのインターフォンって聞き取り難くありませんか?
Commented by yamana-4 at 2014-08-01 07:20
まぐろさん、日本中無人駅が増えて来て、支援の必要な人はとても困っています。バリアフリー法で環境が整備されてきたのは良いのですが、支援が駅員や運転手の仕事になってしまって、周りの人が手伝わなくなったのが問題です。こんな国は日本だけでしょう。でも困った時、手伝いを頼めば断る人は居ないでしょうから、気軽に頼むこともやれば良いのではないでしょうか?言わないと手伝わないのは、どうすれば良いか分からないこともあるでしょう。
また、インターフォンで改善して欲しいことは、遠慮せずに言いましょう。歩道は自治体の仕事ですから、市の道路課に電話しましょう。
<< もりおか啄木・賢治青春館 / ... 歩道境界の仕様について >>