HONDA"UNU-CUB"試乗会で

◎HONDA"UNU-CUB"試乗会が、うめきたグランフロント北
で行われ、担当者といろんな話をしました。
このロボット系移動機器は基本的にセグウエィと同じ原理で、
ジャイロを使う姿勢制御を使い、体を傾けるだけで自由に動く
乗り物です。次世代のパーソナルモビリティとして、成功体験の
あるホンダ"カブ"のネーミングを受け継いでいることからも、
期待の大きさが感じられます。
(詳細は下記をご覧ください)
http://www.honda.co.jp/UNI-CUB/specification/
試乗したかったのですが、電源を切ると自立しなくなり、電源を
入れて移乗しようとすると「力が加わった方向に動く」という
特性はセグウェイと同じで、座席に力を加えないでシートに座る
ことが出来ない移動制約者の試乗は、今回の試乗会では断られ
ました。

これまでの開発過程でいろんな課題に取り組まれているようです
が、製品化までにクリアーすべき問題は残っているようです。
しかし、新しい概念のパーソナルモビリティの可能性は大きく
今後どのように製品化するかが一番の問題のように感じました。
現行の道路交通法の規制で"新しい概念の移動機器は公道を走れな
い"ので、屋内ユースしかないのでは移動機器として商品性が少な
く、若者の趣味のオモチャとなっては意味がありません。
パーソナルモビリティとして商品性を持つためには「屋外で道路
も走れる」必要があります。

法改正を待たず合法的に道路を通れる方法は「電動車いす仕様
にして、車いすの型式認定を取る」ことです。
2011プロトタイプ試作機ではそのような試みをしているのでは?
とも見えます。とにかく外でも使える移動機器として製品化する
には「電動車いす」にしてしまうのが一番現実的です。
簡易的でとても機能的な移動制約者の移動機器として製品化を
進めて欲しいとかねがね考えています。同じような製品開発を
しているトヨタはi-REALなどの製品化をあきらめて、
二人乗り電動バイクに転身したようです?


c0167961_046262.jpg
by yamana-4 | 2014-03-22 00:28 | 車いす・移動機器 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/21867712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 綾波 怜生 at 2014-03-30 01:38 x
所詮、セグウエイとコンセプトは同じ!若者のおもちゃですよね~昨今の若者の自動車離れに、メーカーは危機感を持っておりますので、あくまでも若者受けするものつくりを前提に、開発されていると言う事です。
今の日本のメーカーは儲からないことには、手を出しませんしメーカーがもしこれを肢体障害者の移動補助具と考えるのは、あまりにも障害者を馬鹿にしてると思います。
Commented by yamana-4 at 2014-03-31 02:00
綾波さん、ホンダの担当者は「若者のおもちゃにしてはダメ」という認識は持っているのですが、どうすれば商品に仕上げられるか方向性を見いだせずにいるようです。もっとニーズを伝えて「製品化する価値があり、商品として有望」と理解してもらうことが必要です。ヤマハの電動アシスト自転車は、最初高齢者をターゲットに開発したのですが、若者にも使ってもらえるように製品化したら、女子高生から火がついてヒット商品になりました。若者向けで開発してもユニバーサルデザイン化されていれば、高齢者や障害者も使えるので、商品開発の対象はどちらでも良いのですが、どちら側にも使えることがこれからの超高齢者社会の商品開発には必要なことは理解しているはずです。
Commented by m_ayanami00 at 2014-04-04 22:55
山名さん、まさにそうだと思います。どうすればこの技術を商品生かせるかは、に実際に障害のある方や高齢者にモニターしながら、意見を聞くというやる方もあると思います。ホンダのエンジニアもっと理数工学的な理論から入る考え方ではなく、もっと血の通った人間工学的な考えで取り組むと、意外な発想が生まれてくると思います。要は人間が機械に合わせるのではなく、人間が使いやすい機械を作ることが、重要だと思います。
<< 交通科学博物館メモリアル1 広島電鉄の低床車両"... >>