台北交通事情レポート19 <台北市の歩道状況2バス停と問題歩道>

◉台北市の歩道バス停は、ほぼ問題ないようでした。
代表的な道路環境のバス停を挙げておきます。
歩道整備は境界部、横断歩道、点字ブロックの敷設、舗装材など
いろいろ問題が見受けられました。
また、アーケードは屋根があり、滑らかな路面など良い面の方が多いのですが
敷地境界部に段差ができるのをスロープにしてある所が多くても、
長いスロープは作り難いので、急傾斜で通れない所もありました。
アーケードに付随して作られている歩道は、変電施設が据え付けられていたり
狭くて通り難かったり、補助的な役割しか果たしていないようでした。

c0167961_18232043.jpgc0167961_18233399.jpgc0167961_18234825.jpgc0167961_1824328.jpgc0167961_18251852.jpgc0167961_18253978.jpgc0167961_18255145.jpgc0167961_1826411.jpg
by yamana-4 | 2013-11-29 18:27 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/21021460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 台北交通事情レポート 20<番... 台北交通事情レポート18 <台... >>