台北交通事情レポート18 <台北市の歩道状況1>

◉日本より進んでいる台北市の交通環境整備で、残念ながら
最も遅れているのは歩道整備であり、交通局が一体的に整備すると聞きましたが、
これだけは日本の整備状況の方が格段に進んでいます。
台北市の歩道はいつかのタイプに分類され
1、大きな道路で良く整備された歩道 2、歩道整備されているが古くて問題がある歩道
3、下町や商業地区で民地のアーケードと並列に作られている歩道 
などの3種類に大きく分けられます。
問題はいろいろありますが、歩道境界部の整備と横断歩道、アーケードの境界段差とバイク駐輪
などが目につきましたが、歩道整備に一体性がなく場所毎に色んな整備がされていることが
一番の問題のように感じました。
兵庫県方式などの進んだ歩道整備を取り入れて、歩道整備でも追い越して欲しいものです。

c0167961_1756232.jpgc0167961_1757530.jpgc0167961_1757415.jpgc0167961_17575720.jpgc0167961_1758352.jpgc0167961_17591171.jpgc0167961_17595155.jpgc0167961_1802929.jpg
by yamana-4 | 2013-11-29 18:00 | 台北交通事情 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/21021278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 台北交通事情レポート19 <台... 台北交通事情レポート17 <猫... >>