万博公園周辺の状況と中学のバリアフリー

◉ガンバサッカー場の南側にある茨木市立西陵中学に福祉体験授業
の講師を頼まれ、視覚障害者2・電動車いす2名で話しに行きました。
校舎は4階建て耐震改修済み、教室にはクーラー設置、通路段差はスロープ改修されて、
13人乗りエレベーターがありましたが、2年生の教室のある4階部分にはエレベーター
がなく、3階からの連絡通路は階段で行けないとのこと。
また、図書室や特別教室などの入口段差解消はなし!
少し中途半端なバリアフリー改善校でした。
支援教室は2学級で、今は身体障害の生徒はいない。
通学の最寄り駅は大阪モノレール万博東口で、ガンバサッカー場の南にある学校には
大きく迂回しなくては行けないが、急な坂続きで電動車いすでも登校困難、
この道路事情では車いすの生徒は通学できないのでは?
茨木市や吹田市の障害者団体の方たちから聞いていたが、歩道や路面の通り難さは予想以上で、
車道を通らなくて通れないというより、歩道はは危ない!という状況でした。
茨木市のバリアフリー道路整備は中心部でもあまり良くなく、
70年万博で整備されて以来、あまり改修されていない印象を受けます。

c0167961_17514018.jpgc0167961_17515367.jpgc0167961_1752563.jpgc0167961_17522341.jpgc0167961_17523817.jpgc0167961_17525280.jpgc0167961_1753578.jpgc0167961_17532158.jpgc0167961_1753364.jpgc0167961_17535079.jpg
by yamana-4 | 2013-09-08 17:56 | バリアフリー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/20711173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 国際福祉機器展で注目した車イス ハンドル形電動車いすで東北新幹... >>