"上六〜あべのハルカス"100円均一循環バスは、利用し易く便利!

◉6月13日のあべのハルカス百貨店部分オープンと同時に運行開始された
「近鉄上六〜あべのハルカス循環バス」は、20分おき・毎時同じ時刻ダイヤで、
両バス停間を運行しています。
このバスは、近鉄電車の二つのターミナル"上本町"と"阿倍野橋"を結ぶシャトルバスで、
閑散時間でも10人程度の乗客はあり、14:35分上六発の便は満席で予想していたより
乗客は多いように思いました。
運転手さんも、のりば係員も車いす乗客への接遇は良かったものの、
スロープの設置は馴れていなくて、やり方を教えなくてはなりませんでした。
車いす固定は搭載の車輪止めを使用するようで、ベルト固定はしないよう?
(無理強いするバスもあるのですが、、、)
上六バス停では縁石に対して斜めに停止線が引かれ、バス停への正着の意識は会社にないようで、
あべのバス停でも縁石から離れてやや斜め停車され、ノンステップバスなのに
「一旦道路上に降りて乗る」という、わざわざ段差をつける乗降をしていました。
ノンステッブバスは縁石に平行に、隙間無く停止しないと意味がないことを近鉄バスは
理解していないのか、運転手への「バス停正着研修」は行っていないのでは?と思われました。
しかしとても便利で、まだあまり知られていないにも関わらず利用者が多く、
乗客数はもっと増えるように思われ、営業的には継続できるように感じました。
近鉄バスは、上六から2系統小型バスで運行している"病院バス"もニーズを的確に捉えて
継続運行に成功していて、このようなニーズに的確に応えるバス運行は得意なようです。
一種のコミュニティバスとでも言えるような性格もあり、
大阪の赤バスも近鉄バスに任せば良かったかも??


★のりば・運行ルート:<上六近鉄リムジンバスのりば>〜谷町九丁目〜あべの交差点〜天王寺都ホテル〜
 <あべの橋近鉄高速バスのりば>(あべのハルカス前)〜あべの交差点〜谷町九丁目〜上本町都ホテル〜
 <上六近鉄リムジンバスのりば>/
 ダイヤ:上本町発 始発7:15~終発20:55(42便)あべの橋発 始発7:35~終発21:10(42便)
 20分おき1時間に3本、どちらからも毎時15.35.55分の固定ダイヤ、
 20時から後の高速バス発着時間帯以後は"あべののバス発着は天王寺都ホテル前"に/
 料金:100円均一(子供も、定期・割引など一切なし)/
 投入車両:HINO移動円滑化基準適合車4両・車いすスペース2台分(撥ね上げ座席4)/
 乗降:後ろ乗り・前降り(運賃後払い)/所用時間:15分程度/

c0167961_23233495.jpgc0167961_23234576.jpgc0167961_23265429.jpgc0167961_23243332.jpgc0167961_23271854.jpgc0167961_2327371.jpgc0167961_23275314.jpgc0167961_23281169.jpg
by yamana-4 | 2013-06-27 23:29 | バス・市電 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/20426561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 綾波 怜生 at 2014-03-30 02:29 x
近鉄バス(株)の意識の低さ
そもそも近鉄バスと言う会社は、車椅子の乗車に対して割と消極的なんだと思います。ハルカスのシャトルバスに関わらずJR茨城BTに乗り入れてる近鉄路線バスにしても状況は似たり寄ったりです。JR茨木駅前BTの構造的な欠陥もありますけどね??乗り入れてる阪急バスと比べると対応に差が感じられます。阪急バスは定期的に乗務員自身が車椅子に乗っての乗車研修が行われています。それに、近鉄バスのHPを観たらよくわかります。阪急バスはHPにも車椅子乗車の案内が明記されていますが、近鉄バスのHPには障害者割引運賃やベビーカーでの利用案内は書かれていますが、車椅子での乗車は何処にも書かれていません(-_-;)
Commented by 綾波 怜生 at 2014-03-30 02:39 x
タイトル:車椅子ユーザーはもっと高速バスを利用すべき

先日、夜行高速バスの車いすの利用に関して、私単独で八尾営業所にて「予約で何度も断られる状況が続いている。何故断るのか?その理由と近鉄バスはなぜ載せる努力をしないのかと」八尾営業所副所長と面談してきました。高速バス路線で使われている二階建てバス(三菱ふそうエアロキング)とハイデッカーバス(日野セレガ)を並べてあれこれ実証した結果、結論としては折り畳めない電動車椅子や介助用車椅子の場合は二階建てバスの車内の階段部分を外して(二階に上がる寒暖の椅段目が邪魔になるので、外れるようになっている=この機能は近鉄の方々は全く知らなかった??)出入り口にスローパを渡してそのまま乗り込み、一階にある車椅子スペースに車椅子を置いて、一段高くなっている座席に乗務員の移乗介助で乗車。ハイデッカーバスの場合は、折り畳みのできる簡易型電動車椅子や軽い普通型車椅子に限っては、折り畳んで床下トランクに収納座席には乗務員の介助で座席に乗り移る
※ハイデッカーバスでの座席への移乗介助に対しては、非常に難色を示し「おんぶは出来ないもし何かあれば、こちらの責任になる」とのことでした。
Commented by 綾波 怜生 at 2014-03-30 02:43 x
タイトル:車椅子ユーザーはもっと高速バスを利用すべき②
→前文の続き
それなら階段を這って乗る事で解決??
後記 普段から高速バスにもっと乗って行かないといと、高速バスには車椅子は乗れないというような悪い習慣がバス事業者に蔓延するような気がしてなりません??皆さん!もっと高速バスに乗りましょう!(^^)!もし断られたり困った事が御座いましたら、交渉のお手伝いさせて頂きます。
Commented by yamana-4 at 2014-03-31 02:10
綾波さん、近鉄バスは車いす利用者の接遇体験が少ないようで、他のバシ会社に比べトラブルが多いようです。おっしゃるように利用可能な人(車いすをトランクルームに乗せて、自分は這ってでも座席に移ることができる)は、どんどん高速バスや空港リムジンバスを利用して欲しいですね。お互いに対応が慣れれば、乗車拒否は無くなるでしょう。地方空港などで、鉄道も路線バスも入っていない所は、リムジンバスに無理にでも乗らないと移動出来ません。
<< 行き届いた支援を行っている京都... グランフロント大阪への車いすア... >>