全国アクセス・マニア集会 in 東京(3)国立西洋美術館

◉二日目オフ会、例年は「公共交通乗りまくり」を行うのですが、
今年は趣向を変えて、上野公園の美術館と科学館のバリアフリー状況のチェック。
最初はフェルメールの《真珠の首飾りの少女》が展示されて大盛況の国立西洋美術館に。
松方コレクション返還の条件としてフランス政府との約束で作られた、ル・コルビジェ設計
1959年開館の美術館は地階〜2階まで全ての所に車いすアクセスでき、サインも明快で
分り易く、美術館スタッフの声掛け配慮も適切で、新しくなくエレベーターの位置が遠くても
車いすユーザーが国内で、最も気持ちよく鑑賞できる美術館の一つとしてお薦めです。
また、国内では唯一と言って良いと思われるヨーロッパと同じ、撮影自由の美術館です。
当然のことですが、ストロボはダメ、携帯はマナーモードに!


c0167961_18313242.jpgc0167961_18314939.jpgc0167961_18322011.jpgc0167961_18324151.jpgc0167961_18331653.jpgc0167961_18334617.jpgc0167961_18325572.jpgc0167961_1834723.jpg
by yamana-4 | 2012-07-19 18:36 | 建築・美術館・博物館 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/18244935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 全国アクセス・マニア集会 in... 全国アクセス・マニア集会 in... >>