綾部レポート1 あやバス乗車体験

◉久しぶりに一泊で訪れた綾部のレポートです。
4月15日午前中、ワンステップバス運行がある一番長い上林路線で、念願のあやバス乗車をしました。
終点までは小型マイクロバスに乗換える必要があり、乗車可能な21km先の「大町橋ターミナル」まで
往復。行きは綾部駅前から終点まで誰も乗車せず、貸切状態の完全一人旅でした。
復路は高齢女性2、男性2人で合計5人。
この路線は京都府道1号線で若狭本郷に抜ける近道で、若狭舞鶴自動車道と違って無料なので積雪期
以外は交通量が多く、ツーリングの有名スポットにもなっているとのことでした。
昔は砂利道で2時間位掛かっていた路線が30分くらいに短縮、その結果過疎がよけい進んで幼稚園や
小学校まで統合、商店もなくなり何でも町まで出なくてはならなくなった!
しかし、全てのバス路線が市民病院を経由、通勤や通学利用も多く平日は利用客がそこそこあり、
なんとか維持できているようなのも皮肉なことです。


・綾部市民バス・あやバス
 地域交通を担っていた「中丹バス」が撤退し、その後京都交通や綾部市が運営する有償バスなどが
 運行を試みたが成功せず、08年よりTARO'Sグループが運行を引き受け、今は関西のグループ会社
 関西丸和ロジスティクスが運行事業者となってほぼ全市域8路線を運行している。
 綾部市の「あやバスhp」
http://www.city.ayabe.lg.jp/ayabus/index.html

c0167961_23503090.jpg
by yamana-4 | 2012-04-26 23:51 | バス・市電 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/17881385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 綾部レポート2 駅前にアンネ・... 橋下教育改革「学校選択制と中学... >>