横断歩道をつけるのが最善策、大阪駅北側通路問題

◉大阪駅北側のヨドバシカメラ側から大阪駅への横断歩道設置について
 問題を把握するため関係行政機関に聞き取り調査と、横断歩道設置の必要性の説明、設置要請をした顛末。

(訪問先の話を順を追って)
1、近畿運輸局交通環境部 消費者行政・情報課
 当該道路は国道ではなく府道か市道か分からない。大阪府に聞いて欲しい。
2、大阪府警察本部 交通規制課
 歩行者の安全のため横断歩道を設置しなかった。横断歩道設置の要請は理解したが現在の状況を早急に改めるのは
 難しい。
 大阪市、JRなど関係者との合意も時間が掛かり北区や住民からの強い要請が先ず必要ではないか。
3、大阪市建設局 路政課
 その道路の現在の所管は、独立行政法人「都市再生機構」で将来的には大阪市に移管されることになっている。
(関係者がかなり複雑なので、問題の道路がどこの所管なのか調べるため電話)
 <梅田北ヤード:国鉄からJRに移行する時、大阪駅北側の広大な所有地が国鉄清算事業団により売却され、
 都市基盤整備公団を経て現在の所管になっている>
4、大阪市北区役所 総務部総合企画グループ
 問題自体を知らなかったし、把握していない。
 大阪駅北ヤードについては北区役所は関与していないので、大阪市計画調整局の「うめきた担当」に聞いて欲しい。
 大規模開発は全て大阪市本局で行っているので、区では分からない。
5、大阪市計画調整局 企画振興部 うめきた整備担当
 横断歩道が必要なことはかねてから主張しており、交通量の多い周辺部と比べバスしか進入しない所に設置しない
 ことの理由がない事は、その通りと考えている。
 警察の反対で断念したが、エレベーターを使う通路だけでなく地上の横断経路は必要と考えているので、
 設置すること強力に働きかけていくつもり。

★この件の経緯は本ブログ内「大阪駅へ車いすや歩行困難者が行けなくなった」
<仮設エレベーター設置は解決にならない!大阪駅北側通路問題>をご覧ください。
 http://kurumaisyu.exblog.jp/16709510/
★成長戦略拠点特区「うめきたプロジェクト」(大阪駅北側大規模再開発)
 http://www.city.osaka.lg.jp/keikakuchosei/page/0000005308.html

 かなり回り道して、どの役所も問題解決の助けにならないと失望していたが、最後にたどりついた
 大阪市計画調整局の担当者は同じ理解でやる気が感じられ、大阪市の職員にも希望の持てる人物が存在した! 
 なお、JR杉本町駅バリアフリー化の担当でもある、まちづくり支援担当課長と同課バリアフリー担当係長に
 も会えたので、バスターミナルのマウントアップ問題についても説明、善処を要請した。
 現場を見に行き何が出来るか考えてみるとのこと。
 JR西日本バスに「長いスロープ板を常備させる申し入れ」しかできないかも分からないが、
 新設のバスターミナルが反バリアフリー法的な作りになっていて、放置してはいけないことは理解されたと信じている。


c0167961_2132621.jpgc0167961_214697.jpgc0167961_2144195.jpgc0167961_2145884.jpg









































































★うめきたプロジェクト2期工事には貨物駅完全移転と
 JR東海道支線地下化・大阪新駅開設が計画され
 新梅田シティへの障害や地域の東西分断が解消される。
 また「関空特急はるか」が新駅に停車し、
 現在の関空快速で70分が45分に短縮さる。
by yamana-4 | 2011-10-19 02:32 | バリアフリー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/16989911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< いざという時の備え「私の願いノ... ウソみたいですが、ほとんどのバ... >>