大阪市営地下鉄の乗換え連絡通路とEV設置2/長堀橋・谷町六丁目駅(緑地線~谷町線・堺筋線)

「長堀鶴見緑地線」から谷町線・堺筋線への乗り換えが、改札内通路へのエレベーター設置で
 出来るようになり、車いすだけがいったん改札を出て迂回通路を通る乗り換えをしなくてすむようになりました。
 谷町六丁目駅の連絡通路は短く水平ですが、長堀橋駅の連絡通路は長いスロープになっています。
 また、大阪市交通局はエレベーターを「15人乗り以上を原則とする」と表明していますが、
 近年は11人乗りがほとんどで、9乗りを設置している例もあります。
 交通局担当者は「原則を変えた訳ではなく、設置場所の狭さの問題で15人乗りが設置できないだけ」と言うが・・。
 なにはともあれ、大阪市営地下鉄は全駅のエレベーター設置を完了し、乗り換え経路や2台目の設置に取り掛かって
 いることを評価したいと思いますが、15人乗り設置原則を安易に下げないで欲しいものです。
 やろうと思えば克服できる設置場所条件を、小さなエレベーター設置で済ませるイージーな姿勢だったのかなと
 思える例もありそうなと、見るのは誤解でしょうか?

★谷町六丁目駅/谷町線ー長堀鶴見緑地線
 緑地線ホームの心斎橋側奥に谷町線へのエレベーターが新設され、谷町線ホームへ直接行けるようになった。
 どちら側の通路も水平で、以前の一旦改札を出ての乗り換え経路より大幅に短縮された。
 (11人乗りスルー型)
・4月から運用開始予定でしたが、東日本大震災で部品供給が滞ったそうで5ヶ月遅れの利用開始になり
 エスカレーターはもう少し遅れるようです。
★長堀橋駅/堺筋線ー長堀鶴見緑地線
 堺筋線ホーム本町よりにエレベーター新設、スロープ通路で既設の緑地線エレベーターと連絡し改札外迂回通路より
 かなり短縮された。堺筋線と緑地線の高さの関係で長いスロープ連絡通路となり、歩行困難者や手動車いすはつらい!
 (11人乗りスルー型)

c0167961_14432049.jpgc0167961_1443343.jpgc0167961_1444488.jpgc0167961_14444890.jpgc0167961_1445327.jpgc0167961_14451742.jpg
by yamana-4 | 2011-09-17 09:59 | バリアフリー | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/16862842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たまちゃん at 2011-09-22 05:09 x
母が車椅子なんで、すごく参考になります(#^.^#)
だいたいタクシーを使いますが、
最近は、電車デビューしました☆
大阪市立美術館に行くので、色々検索してたら、こちらのサイトに
辿り着きましたo(^▽^)o
母が車椅子生活になって、
見えなかったところが見えるようになってきましたf^_^;)
また、ブログ読みに来ますね☆
Commented by yamana-4 at 2011-09-22 08:31
たまちゃん、少しはお役に立てたらうれしいですよ。
大阪は車いすの人が普通に電車に乗っていることが一番多い町です。
車いすマークの付いているバスにも乗れます。
どんどん乗ってくださいね。
京都や神戸へも大丈夫、飛行機だって、
どこにでも出かけて元気になってください。
<< 大阪市営地下鉄の乗換え連絡通路... 大阪市営地下鉄の乗換え連絡通路... >>