新都心「おもろまち」2 沖縄レポート(12)

◎那覇は、沖縄本島では特別に整備された大都市のようでしたが
「おもろまち」は格別で基地返還による大規模再開発によって、
集中投資されたまちづくりが行なわれた成果なのでしょうか。

★面積214ha(内、元米軍基地192ha)の土地を、県と市の要請を受けて地域振興整備公団(現都市再生機構)が
土地区画整理事業を施行し、総事業費約1,110億円(土地区画整理事業費約508億円)をかけて造成。
2004年度全建賞都市部門受賞。
国の出先機関、那覇市役所・消防本部・水道局、日銀那覇支店,NHK沖縄放送局・沖縄タイムス・FM琉球、
県立博物館・美術館、シネコン、ホテルなどが集中している。
那覇市中心部のほとんどが那覇空港の制限表面区域内にあるため超高層ビルを建てられないのに対し、
ここは同空港の制限表面の区域外となっており高層建築の建設が可能。
那覇市はこの辺りからか高台になり、終点「首里駅」にかけて「ゆいレール」は上昇していく。

c0167961_244121.jpgc0167961_251095.jpgc0167961_252561.jpgc0167961_255616.jpgc0167961_261537.jpgc0167961_263220.jpgc0167961_254371.jpgc0167961_28504.jpg
by yamana-4 | 2011-07-20 02:10 | 沖縄レポート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/16621083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ゆいレール県庁前駅近辺 沖縄レ... 新都心「おもろまち」1 沖縄... >>