路線バスから垣間見た沖縄3 沖縄レポート(10)

◉屋慶名バスターミナルとその周辺
バスターミナルは美しい白浜と海岸線で知られる「勝連半島」の中ほどにあり、
屋慶名地区と平安座島を結ぶ「海中道路」が直ぐ近くにあるが、バスターミナルからは全く見えず、
広い公園と陸上競技場や野球場が隣接しているだけでした。
ターミナルには車いすで使えるトイレはなく公園に車いすトイレがありましたが、付近には「ハブ注意」の警告
があり、沖縄バスの人に聞くと「2〜3mくらいのやつは、この辺りに普通にいますよ。動いている熱線を関知して
飛びかかる」と。

★後で調べると<半島の先端部「ホワイト・ビーチ地区」は米軍桟橋で、アメリカ軍向けの補給物資の
揚陸全般、アメリカ海軍艦船への補給、寄港する第7艦隊艦船や原子力潜水艦などの受け入れを行っている。
有事の際は、空母や強襲揚陸艦へのアメリカ海兵隊員の搭乗にも使用され、
隣接地に海上自衛隊沖縄基地隊があり、事実上一体化運用されている>
うるま市周辺には他に
<キャンプ・コートニー、キャンプ・マクトリアス、嘉手納弾薬庫地区、陸軍貯油施設(金武湾タンクファーム)
などがあり、海中道路は石油備蓄基地の見返りにガルフ石油が建設し無償譲渡され、
後に県道として4車線整備されたとあり>やはり「沖縄の現実」の渦中にあった。
(海中道路写真はウェキペディアより)

c0167961_21152027.jpgc0167961_21153533.jpgc0167961_21145742.jpgc0167961_21163266.jpgc0167961_21172337.jpgc0167961_2116940.jpgc0167961_2116491.jpgc0167961_2117545.jpgc0167961_2118325.jpgc0167961_21193631.jpg
by yamana-4 | 2011-07-19 21:29 | 沖縄レポート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/16619873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-01-03 23:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yamana-4 at 2013-01-05 08:28
ご指摘ありがとうございました。その通り「沖縄バス」ですね。
<< 新都心「おもろまち」1 沖縄... 路線バスから垣間見た沖縄2 沖... >>