路線バスから垣間見た沖縄1 沖縄レポート(8)

◉「車いすで乗れた路線バス」の車窓から沖縄観光?
那覇バスターミナルで沖縄バスに「直ぐに乗れる出来るだけ遠くに行く路線バス」を聞いて乗車。
観音開きドア、跳ね上げベンチシートの車いすスペース、3点ベルト固定の「ワンステップバス」
横浜市営交通のシールがそのまま残っている中古購入車でした。(前ページ写真)

那覇バスセンターを出発して浦添市・宜野湾市・沖縄市を通り、本島中央部西側の最も狭くなった所
「うるま市与那城町の屋慶名(やけな)バスターミナル」へ、往復乗車時間4時間のロング乗車となりました。
うるま(珊瑚の島)という意味を持つ「うるま市」は、金武湾に面し海中道路パーク、勝連城跡など観光資源が
ありますが、終点のバスセンターには対面に運動公園があるだけで何もなく、観光らしいことも町を見ることも
出来ませんでした。
35分後の折り返しで帰るしか仕方ないので、本島にバスの窓から沖縄を見るだけでしたが、
車窓からでも沖縄らしい風景を少しは感じることが出来ました。
特に基地の多さと広さは目につき、地図で確認するとうるま市には「海兵隊キャンプコートニー、
陸軍施設、キャンプマクトリアス、貯油施設、ホワイトビーチ、陸上自衛隊勝連分屯地」などが、
また沖縄市には「嘉手納空軍基地」宜野湾市に「普天間飛行場」など、
日頃あまり考えたこともない「沖縄の現実」を突き付けられる思いでした。

c0167961_323992.jpgc0167961_331911.jpgc0167961_333922.jpgc0167961_341983.jpgc0167961_34049.jpgc0167961_343761.jpgc0167961_35234.jpgc0167961_351963.jpgc0167961_355649.jpgc0167961_362763.jpg
by yamana-4 | 2011-07-16 03:07 | 沖縄レポート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/16604178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-01-03 23:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yamana-4 at 2013-01-05 08:35
ご指摘の通りバスターミナルですね。
<< 路線バスから垣間見た沖縄2 沖... 那覇のバス1 沖縄レポート(7) >>