改良型ハンドル形による新幹線「N700系のぞみ」乗車(2)

★ハンドル形電動車いすによる新幹線「N700系のぞみ」乗車多目的室と多機能トイレの詳細

多目的室と多機能トイレ
・多目的室
 電動車いす2台くらいの乗車に十分な広さでありるが、2人掛けベンチシートでルクライニング、
 ベッドにもなる。室内には、折りたたみ補助イス1脚、コンセント1あり。
 出入りはボタン式自動ドア、カギを掛けるよう注意書きがあったが、反対側のトイレと同じ仕様なので他の乗客が
 間違って再三ドアを開けるためだった。
 乗車中充電できるので電動車いすには便利、冷房は効きすぎるが風向きしか調整できず、アナウンスは個室でも
 車内と同音量なので大きすぎて喧しい。
 車内販売はドアをしめていると、何時来ているのか分からない。
・多機能トイレ
 JR車両では一番広く、かなり大型の電動車いすも室内で回転できる。
 列車内トイレでオストメイト機能を付けたのは画期的。
 左側へ壁面にベッドなど多くの機能をつけたので、手洗いが使い難く
 水洗と便座上げ下げボタンが右側に付けてあり分かり難い。
 初めて使う人や外国人は戸惑うのではないかと思われる。

c0167961_126387.jpgc0167961_125444.jpgc0167961_1253170.jpgc0167961_1251370.jpgc0167961_1245484.jpgc0167961_1243917.jpgc0167961_1242766.jpgc0167961_1241564.jpg
by yamana-4 | 2011-07-01 12:09 | ハンドル形電動車いす | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/16541524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< バリアフリー無料映画会のお知ら... 改良型ハンドル形認定証交付と新... >>