「ハンドル形車いすの乗車拒む」乗客とJR、裁判ざたにー11月24日 東京新聞

◉11月19日、横浜地方裁判所でハンドル形電動車いす使用者のFさんに対する
JR東海が起こした損害賠償訴訟の被告と原告双方への尋問で結審し、判決は11年1月18日の予定。
法廷には支援のため介助者も入れて30人余の車いす使用者が傍聴に駆けつけました。

「ハンドル形電動車いすの鉄道乗車問題」は、
「法で認知された車いすを一部の鉄道事業者が乗車させない」という国際的には考えられない特異なことを、
既成事実として認知し「人権侵害改善勧告で述べられた法務局の要請」を無視して、
問題の多い「ハンドル形電動車いすに対する鉄道乗車制度」を作ってきたことが、問題を複雑にしてきた
ことにつきると言っても過言ではないでしょう。
11月24付「東京新聞」の記事は、このような経緯を明らかにし、何故日本でだけ
乗車拒否されるのか理由がないと、問題を投げかけるものです。
皆さんのご理解をお願いする次第です。

★これまでの経緯については右側のカテゴリー「ハンドル形電動車いす」をクリックしてご覧下さい。

c0167961_091473.jpg
c0167961_094884.jpg
by yamana-4 | 2010-11-30 00:12 | ハンドル形電動車いす | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/15535775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< JR東海の乗車拒否でアメリカ人... 市街地高層住宅の火災ーー火事だ... >>