バリアフリーチェック/大阪市西区の取り組み

◉大阪市西区では毎年秋の交通安全週間に合わせて、地域のバリアフリーチェックを行っています。
区の障害者団体では他区の障害者にも参加を呼びかけており、久しぶりに参加してきました。
西区役所からスタート、中央図書館周辺を廻ってくるコースの予定でしたが、途中から雨が降り出しショートカットで終了し、
区役所で検証ミーティング。
参加者は障害当事者(車いす、視覚障害者など)と介助ボランティア、西区長と健康福祉課長やスタッフ、
西警察交通課、大阪市建設局西公営所などの関係者。
何時もよりもミーティングの時間が多く取れたので、参加者から多くの改善ヶ所の指摘があり有意義な催しでした。

<指摘されたこと>
・歩道の横断勾配がとても危険な箇所がある
・歩行困難者にとっては、歩道境界のわずかな段差もつまずく
(大阪市の基準は段差2センチが生きているが、以前の施行で段差ゼロがかなり多い)
・視覚障害者の音声信号が短すぎる
・放置自転車の解消を区はもっと真剣に、整理された路上駐輪対策を
・バイクの駐車違反を取り締まっているのか?
(車の駐車違反摘発が専門員の仕事になったので、警察官がバイクの違反取り締まりをできるようになり積極的に行っている)
・路上に陳列をしている商店で、ひどい店は取り締まって欲しい
(店に改善指導をし、チェーン店は本部に善処要請する。改善されなければ摘発する)
・地下鉄駅のエレベーター位置が分からないので、主要な地点に路上案内標識を
(東京都のように主要施設までの距離と方向を示すサインを西区で設置できないか)
・パトロールの警官は、点字ブロックの上に目に余る不法駐輪があっても動かしたのを見たことが無い
(今後積極的に片付けるよう指導する)
 など
区長や警察担当者から「日頃気付かないことを指摘」され、改善点がよく分かった。
出来ることはすぐやりたいし、権限害のことは関係部署に伝える。
このような機会を度々設けたいとの発言がありました。
西区では区長自ら参加し、車いす体験もする熱心な取り組みで、今後に期待が持てました。
大阪市西区の皆さんにエールを送りたいと思いました!


c0167961_4122877.jpgc0167961_412880.jpgc0167961_4115397.jpgc0167961_4112196.jpg
by yamana-4 | 2010-09-28 04:15 | バリアフリー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kurumaisyu.exblog.jp/tb/15197418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 搭乗マニュアルの変更で困っています。 仙台メディアテークの視覚障害者... >>